mixiユーザー(id:65260562)

2017年06月30日13:02

429 view

何処からが、エゴなのか

普通の概念により、子を産まなければ、持たなければという強迫観念がある。

と文中では触れていますが、ある意味そういう部分もあるのでしょう。
ただ、それとこれとは問題が別だと思うんですよね。

子供の居ない幸せ

この言葉は、元々慰めの言葉であって、望むべき姿ではないと思うんです。
それを誤った解釈により、子供はいらないと公言して憚らない方々の声が広く取り上げられている現状に問題があるのかと。
情報過多の世の中で、情報の取捨選択ができなくなると生じる悲劇なのかも知れません。

卵子提供

最後の望みと書かれていますが、それを子供に告知する事は、子供に大きなトラウマをああ得る事になるとの記述が。
これが、その通りの話なのであれば、この卵子提供って、生む側のエゴなのではないのでしょうかね?

子供が欲しい、子供を産みたい。

これは、極自然の話だと思うんです。
そういう方が、諸問題で自然に子供を授かることが困難な場合、治療方法があり、体外受精があって、妊娠の流れまでは解ります。
卵子に異常があって、或いは、子宮に問題があって妊娠が出来ない場合に、卵子の提供、代理出産の手段があると言っているわけです。

横道にそれます。

何時から、代理出産が、卵子提供にカテゴライズされるようになったのですか?
確かに卵子の提供を受ける事には違いが無いのでしょうけど、別問題ですよね。

本筋に戻ります。

子供に伝える事が出来ない手段で、子を成す行為は、大人のエゴじゃないのでしょうか。
その手前の段階の努力で、ダメだったら、それこそ

子供の居ない幸せ

これを目指せば良いのでは?
どうしても子供を育てたいのであれば、親を求める不幸な子が沢山いるわけですよね。
そういう子供に何故目がいかないのでしょうか。
不妊治療を始めると、確かに視野狭窄にはなるんですよ。
子供を得るために、何もかもすっ飛ばして、それ以外の考えにシフトするのが難しくなったりします。
相手の排卵日に合わせてするのも、その一つですよね。
その為に、数日前から体調を整えて、さぁ今!!!って・・・
不妊治療以前なら考えられないような発想も、当たり前にように感じるんですよ。
恐らく、卵子提供にまで進む方は、この傾向の方だと思うんですよね。
だから、自分が生む事が優先され、その後起きる事に考えが至らないんだと思うんです。

また、卵子提供の年齢制限があるわけですよね。

21歳〜30歳

何で?

高齢出産は35歳からで、40過ぎても十分いけるわけでしょ?
何故、卵子に年齢制限を掛けるのですかね。
まぁ、私がその立場に居るのであれば、恐らく若い若い卵子を選ぶとは思うのですが、制度そのものが、30歳までと年齢制限を掛けるわけですよね。
と言う事は、そこがリミットの目安という事でしょ?
昨今、30前の結婚なんてwwwという話が横行していますが、早い話が健康と言える卵子の制限が事実上あるという事ですよ。

40過ぎて結婚し、高齢で自然妊娠が困難で、挙句、精子も卵子も残念な状況で、結果、卵子提供という流れであれば、エゴ以外何物でもないですよね。

今一度、子供を持つ意味、意義、子供が居ない人生について、耳を塞ぎ自分自身とじっくり語り合う必要があるのではないのでしょうか。
居ないより、居た方が良いと思いますし、やはり子供を育てて一人前だと思います。
ただ、それだけが人生でもないわけですよ。

出来るのにやらない、出来ないのにやろうとする。

普通の話なら、馬鹿だねwwで終わるのですが、この問題については、その一言が言えません。
命、人生って、やはり重いんだと思うんですよね。
不妊治療中で行き詰まっている方は、一度冷静になって、子供の居ない生き方を考えてみては如何でしょうか。
何やら訳にわからないものに乗せられて、生まない事、或いは、結婚しない事を選択している方は、耳を塞いで考えてみては如何でしょう。

人に言えない行為は、やってはいけない行為だと私は思います。





■<生殖医療の光と影>母になりたい親の思いと、真実を知った子どもの思い
(週刊女性PRIME - 06月30日 08:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=235&from=diary&id=4645158

 病気などのために卵子がない女性に、第三者の卵子を仲介するNPO法人『OD─NET(卵子提供登録支援団体)』(神戸市)が、匿名第三者の提供による卵子で人工授精を行い、今年1月に無事出産したことを3月の記者会見で明らかにした。これまでも、姉妹や知人の卵子提供による出産の報告は少なからずあったが、第三者の卵子提供は国内初である。

ドナーになる条件

 非配偶者間人工授精(AID)、海外での卵子提供プログラム、代理母出産など、生殖医療は確実に進歩を遂げ、不妊で悩む女性にとってはまさに福音といえる時代になった。だが、選択肢が増える一方で法整備との乖離(かいり)、生まれてきた子どもの福祉など、さまざまな問題も抱えている。

 OD─NETの岸本佐智子代表はこう話す。

「今回、出産されたレシピエント(依頼者)は40代の早発閉経の方。2016年に卵子提供を受け体外受精に成功しました。その受精卵を冷凍保存し、半年後にエッグ・ドナー(卵子提供者)の検査をして感染症などになっていないか確認してから、依頼者の子宮に入れて妊娠・出産という流れでした」

 このエッグ・ドナーは無償のボランティアである。肉体的なリスクもあるのだが、4年前にOD─NET設立時には、3日で100人を超える登録希望者があったという。

 その条件とは、「35歳未満、子どもがいること」。

「条件を満たしている方でも、ドナーになるためにはカウンセリングを受けなければならず、倫理委員会などの条件もあるため、かなり数は絞られてきます。そして生まれた子どもが15歳になったときに、本人の希望があれば、ドナーの住所・名前・連絡先を伝えることもあるという条件も了承しないといけないんです」

 また倫理委員会は、依頼者夫婦に対しても、生まれてきた子どもに対して「卵子提供を受けて生まれてきたこと」をちゃんと伝えるという条件を課している。

「厳格なガイドラインを依頼者もドナーも理解したうえでしか登録できないので、最終的にはぐっと少なくなります。ドナーは、これまで249人の応募がありましたが、すべての条件をクリアできたのが30人程度なんです」

 今回出産した依頼者からの手紙にはこう書かれていた。

《妊娠、出産、育児をとおして「生きる希望」ができたと感じています。子どもがほしいと強く感じていながらも、病気のために恵まれず現在も苦しんでいる人が大勢います。そういう人々の希望になれば幸いです。最後に、ドナーとなっていただいた方に深く深く感謝しております……》

 岸本さんが、この活動を始めたのには理由があった。

「実は私の娘が『ターナー症候群』と診断され、そこから家族会を立ち上げた経緯がもとになっているんですよ」

 ターナー症候群とは、低身長、卵巣機能不全を主な症状とする女性の疾患だ。染色体の欠失による先天的な疾患で、二次性徴(月経)が来ない。

「ほとんどの方が妊娠できないため、海外で卵子提供を受けて出産した人もたくさんいます。ただ、高額でなかなか手が届かない。卵子提供が国内でできたら、というたくさんの声があってOD─NETを立ち上げました」

 現在、2組が妊娠中。ともに年内の出産が予定されている。

依頼者の8割が40代の女性

 自民党の野田聖子衆院議員は'10年、アメリカで卵子提供を受けて体外受精を行い、50歳で妊娠・出産している。同様に、卵子を求めて渡米する日本人女性は数多い。

「アメリカの'14年の統計では、全米で16万件あった体外受精のうち、2万件がドナーによる卵子提供でした」

 そう語るのは、アメリカ・サンフランシスコで22年前から、日本人に向けて卵子提供や代理出産をコーディネートしている『IFC』の川田ゆかり代表である。

「最近では年間約100組をコーディネートしています。依頼者の8割が40代の女性ですね。日本で不妊治療を受けてきて、どうにもならずに最後の砦(とりで)として卵子提供を選ばれるようですね。1回の採卵で複数個の受精卵が得られるので、凍結保存をして2人目を希望される方も多いですね」

 卵子を提供するのは、日本国内外在住の満21歳以上、30歳未満の日本人女性である。

 登録されると、依頼者夫婦がドナー情報を閲覧する。そこには、顔写真、身長・体重、一重か二重か、健康状態、血液型をはじめ、詳細なドナーのプロフィールが記されている。この「お見合い」が成立すると、ドナーはアメリカで採卵することになる。

「奥様と身長や体重が似ているドナーを選ぶ傾向がありますね。また、日本人の方は、血液型を気にすることが多いですね。私たちは子どもが小さいうちから何となく、特別な形で生まれてきたことを伝えていくように推奨しています。

 ママのお腹から生まれてきたことをきちんと伝え、マタニティー写真を必ず撮っておいてもらうようにお願いしています。言葉とスキンシップをちゃんとして、愛情表現をしておけば、事実を話しても理解してくれるはずなんです」

 こうした真摯なサービスの一方で、代理母出産、精子提供を謳(うた)う悪質な情報がネットに氾濫しているのも事実だ。

 さらに「先端技術」は、予想しなかった問題も引き起こしている。それは、誕生した子どもの成長とともに露見し始めた。

「臓器移植なら、ドナーと患者1対1の関係ですが、生殖医療の場合、ドナーと受ける依頼者、そして新しく生まれる子どもという存在がある。彼らはまさに当事者にほかならない。なのに、本人の同意が取れないことがさまざまな問題を明るみにしました」

真実を知り、家族のトラブルに発展

 そう指摘するのは、生殖技術の発達が社会に及ぼす影響などに詳しい慶應大学の長沖暁子准教授だ。

「卵子提供で生まれた子どもには遺伝子上の母と産んだ母がいますが、民法上の規定はなく、子どもの法的地位に不安定さが残ります。また、妹からの卵子提供で子どもが生まれた後で姉妹関係が壊れてしまったケースなど、予期しなかったトラブルも起きている。さらに、卵子提供には、ドナー、妊娠者ともに健康上のリスクを伴うことも確かなんです」

 国内で最初の精子提供によるAIDが行われたのは1949年。これまでに1万人から2万人もの出生児が誕生したと言われているが、実数は定かではない。

「人工授精で誕生した子どもが大人になって、自分が父親と血がつながっていないことを知ってしまうケースが起きてきました。家族のトラブルに発展、生まれた子どもたちが自助グループを作って意見を発信するようになった。子どもはなんとなく“うちの家族には何かが隠されている”と感じるのです。

 ある研究者によると、事実を知るきっかけは、ひとつは親の病気か死亡、2つ目が離婚、3つ目が何か変だと思って問いただしたことでした。ただでさえ家族の危機的な状況で、自分が生まれたいきさつを知ってしまう。ダブルのショックで、よけい混乱してしまうんです」

 これまでは、精子提供で人工授精を行う医師でさえも「子どもには告知しなくても大丈夫」と言ってきたという。

「通常、自分がAIDなどで生まれたなんて想像がつかない。だから、すごく傷を抱えてしまう。子どもにとって社会の入り口は親。父と母がいて自分がいるという社会ですね。その根本が崩れる。そこからすべてを作り直していくのは大変なことです。

 最近では、AIDで子どもを持とうとする親の会では、“子どもたちに事実を告げていこう。血のつながりのない家族があってもいいんだ”という人たちも出てきました」

 子どもの出自に関して世界の潮流が変わったのは、1979年の国際児童年に『子どもの権利条約』ができてからだと長沖准教授。

「日本ではAIDで生まれた子どもしか発言していない状況ですが、アメリカでは卵子提供で生まれた子どもも発言し、技術を批判しています」

 生殖医療を選択した女性でも、ドナーでもない「当事者」は何を思うのか。その声は、想像以上に切実だった。

 その人は雑踏の中から喫茶店に入ってくると、こちらを見つけて軽く会釈をした。女性の名前は石塚幸子さん(37)。清楚なスーツに身を包んだ石塚さんは、出版社勤務だ。

 彼女が、自分がAIDでこの世に誕生したことを知ったのは、23歳のときだった。

「きっかけは父の病気でした。父は筋ジストロフィーという重い病気を患っていて、その病気が子どもに遺伝するかどうか悩んだことが、私の出自の秘密を知るきっかけになってしまったのです」

精子ではなく実在する人間がいるか確認したいだけ

 悩む自分に母親が告げたのは、父親とは血がつながっていないということだった。

「変な話、最初は少しホッとしました。病気が遺伝しないとわかったので。同時に他人の精子で子どもをつくるという技術に驚き、さらに大好きだった母が、こんな大事なことを23年間も黙っていたこともショックで……。悲しかったのは母に“なんで悩む必要があるの?”と責められたこと。きっと母としても後ろめたかったのでしょう」

 私は隠したいような技術でこの世に生まれたの─? 当時、大学院で地質学の研究に取り組んでいたが、

「AIDや体外受精という言葉で頭がいっぱいになり、研究どころではなくなりました。環境を変えて1度リセットしたかった。そこで家を出て、大学院もやめたのです」

 彼女は、精子提供者に1度でもいいから会いたいという。

「その人の身長・体重・学歴が知りたいわけではなく、ちゃんと実在していたかどうかを知りたいから。母親と精子というモノではなく、実在した人間がいるということを確認したいだけ。幼いころに知らされていれば、こんなにショックにはならなかったはずです。大切なのは、血はつながっていないけれど私たちは家族で、ここに一緒に暮らしていること、だから信頼して暮らしていこう。そう告げてほしかった。

 私たちがAIDの自助グループを作ってから、養子を育てている人たちとも意見を交わしました。彼らは物心つく前に告げるほうがいい、と言います。楽しいことがあったとき、例えば3歳の誕生日のお祝いのときとかに伝える」

 石塚さんが出生の秘密を知ったのは若い時期だったが、ほとんどのケースではかなり遅くなってからのことだ。つまり、結婚し、子どもが誕生したあとに知った人たちも多い。

 彼女に、結婚と出産をどう考えるか尋ねると、

「結婚はしないと思う。子どもに関しては、まったく欲しいと思わない。自分の遺伝子を残したくない。自分が感じた不明な感覚を自分の子どもに味わわせたくないんです」

 石塚さんは、この問題の根底に「普通」という問題が横たわっているという。

「結婚したら“子どもを産むのが普通”という価値観のために、これらの技術が使われているような気がします。きっと、ガイドラインやルールが誕生したとしても、日本では告知は進まないと思います。だからこそ、私が声を大にして言いたいのは、精子提供、卵子提供という方法を選択する前に、もっともっと考えてほしい、それだけなんです」

 女性特有の乳がんや子宮がんには遺伝性のものも多い。遺伝子が注目される昨今、そこから出自の問題に遭遇する機会もあるだろう。今後、さらに議論を深めなければいけない問題に違いない。

取材・文/小泉カツミ──ノンフィクションライター。医療、芸能など幅広い分野を手がけ、著名人へのインタビューも多数。著書に『産めない母と産みの母〜代理母出産という選択』ほか多数

週刊女性PRIME
卵子凍結保存、若い女性が飛びつく理由は働く環境にあり
『透明なゆりかご』作者が語る、日本の死亡原因“本当”の1位が中絶だという現実
生殖医療に現場医師の本音「持ち込まれた精液が旦那さんのものか確認できない」
1 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月30日 22:37
    またもや古い日記にコメント失礼します。

    >>また、卵子提供の年齢制限があるわけですよね。

    これについては昨年マイミクさんにしていただいた方が産婦人科のお医者様がいらしてですね。
    卵子提供についてのことで書いていたわけではないのですが。。

    「卵子は生まれた時に体内に持っていたもの」なんだそうで、
    肉体の年齢だけ卵子も劣化してくるのだそうです。

    だから卵子が劣化する前のできるだけ良い状態で採取することが受精につながる、ということなのではないでしょうか。

    子宮が成熟するのが二十歳すぎらしく、その頃のものが一番良いらしいのです。

    一方、精子については新しく作られるものなので卵子ほどの劣化にはならないんだとか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月30日 23:30
    > mixiユーザー そうらしいですね。
    ですから、自然な妊娠を望むなら、昔ながらの適齢期と言うことになるのかもしれません。
    精子も残念なことに個体差は勿論あるのでしょうけど、劣化するそうです。
    細胞は分裂するぼどに、遺伝情報に傷が付き、あとは、その情報伝達の限界点が、精子の期限になるそうです。
    私も不妊治療をし、子供を造る事を選択しました。
    読んでいると、何処かで書きましたけど(^_^;)
    結果授からず今に至ります。

    コメントありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月31日 00:17
    > mixiユーザー 
    不妊治療については精神的にも、金銭的にも負担でしょうし、大変だったでしょうね。
    うちは不妊治療も頭をよぎりましたが、私がつらくなってつぶれそうな気がしたので検査どころか
    やってみようかという提案もせずに自然にまかせた結果、できませんでした。
    子供は好きですし、かわいいと思いますが、思うところもあるのでできなくてよかったのだと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月31日 13:26
    > mixiユーザー 金銭的には、凄い事になりましたね。
    精神的な部分は女性に比べればそれほどでもないと思いますよ。
    時流に逆らう言い方になりますけれども、子供はやはり女性に帰属するものですから。
    そういう事があったからこういう考え方になったのかも知れませんけど、男性は、女性にあなたの子供と言われたら、それを信じるしかないわけですからね。
    夫婦の信頼関係の上に、子供が居て、父と子の関係が成り立つと思っています。
    遺伝子検査云々で自分の血筋だと分からないと父親の実感がわかないという人は稀だと思いますけど、その稀なのはなぜ?といえば、女性=奥さんを信じているからなんですよね。
    ただ、不妊治療をすると、紛れもなく、それは自分の分身だとわかるわけですよね。

    気にならない人は、それはそれで幸せだと思いますし、否定する気はありませんが、子供を造っているという思いに至ってしまうと、続けるのは無理でしたね。
    宗教的な話になりますけれども、失敗=流産になるわけですが、それに対して何の感慨もうけなくなるんですよね。

    失敗した、次頑張ろう。

    夫婦揃って普通に言葉にしていましたが、魂が宿らない肉体を造り続けるという事に思い至ってしまい、当時の妻を説得しやめました。

    子どもは授かる物で、授からなかったのであれば、それはそれ相応の理由があるんだと思うんですよね。
    それ故に、子供のいない幸せを求める事が出来るのかと。


mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年06月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930