mixiユーザー(id:65260562)

2017年06月27日09:12

266 view

手伝えることありますか?

その一言で済む話なんですよね。
上司が、部下に振らずに残業までしてする仕事ですよ。
仕事に対する興味よりも、自分の予定が優先ですか。
まぁ、仕事に対しての興味が無いのであれば、それはそれでのお話ですが、先に帰る事で罪悪感を抱くのであれば、

手伝えることありますか?

と一言言えば、免罪符になるんですけどね。
恐らく大概の場合は、

無いよ、先にあがって、お疲れさん。

で終わると思いますよ。
それで終わらない時は、本当に忙しいわけですから、声を掛けてくれた人への評価は上がりますよね。
計算づくで声を掛けられても、あざといだけなのですが、コミュニケーションの一貫でしょ?

2:6:2

よく言われる働きアリの法則で、どんな組織にも、牽引役の2割の人材と、怠け者の2割の人材と、その他大勢の6割の人材で構成されていると言うお話。
怠け者の2割を切ったところで、また新たな2割の人材が生まれてきて、逆もまた真だとか。
元々は、「だから、人を切るより6割の人材を生かす事を考えた方が得策」という経営の話なのですが、まぁ、何と言うか昨今のこの手のコラム等々を見ていると、下位8割のその他大勢+怠け者に焦点を当てているような感じが。
上位2割に焦点を当ててきた結果が、社畜大国日本を作ってしまったとの反省点からなのでしょうかね。

ただ、一声かける事すら躊躇う環境って、どうなんでしょうね。
声を掛けられない側が悪いのか、声をかけ辛くしている環境が悪いのかって話なのでしょうかね。



■「上司が残業でも帰る」急増
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4639822

 日本生産性本部などは26日、今年度の新入社員を対象にした意識調査の結果を発表した。「職場の同僚、上司、部下と勤務時間以外は付き合いたくない」との回答が前年度比10.1ポイント増の30.8%、「上司、同僚が残業していても、自分の仕事が終わったら帰る」も同9.9ポイント増の48.7%といずれも急増し、過去最高となった。

 同本部は「電通の女性新入社員の過労自殺事件が影響した」と分析している。

 同本部主催の新入社員研修の参加者を対象に1969年度から毎年調査しており、今春は1882人から回答を得た。

 「デートの約束より残業を優先」は前年度より5.9ポイント減って71%。「残業よりデートを優先」は逆に6.1ポイント増えて28.7%になった。東日本大震災直後に調査した11年度以降「デート派」の増加傾向が続いている。

 働く目的については「楽しい生活をしたい」が最も多く、0.9ポイント増の42.6%で過去最高。続いて「経済的に豊かな生活を送りたい」が0.3ポイント減の26.7%。「自分の能力を試す」は1.5ポイント減の10.9%で過去最低だった。【早川健人】
毎日新聞
中部電力:「パワハラ自殺」提訴 新入社員母、労災求め
厚労省:延命への薬支払額、市民に意識調査
東日本大震災:福島第1原発事故 3号機、調査ロボット公開 水中移動可能、来月投入
つぶやきを見る ( 35 )
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年06月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930