mixiユーザー(id:65260562)

2017年06月20日07:27

360 view

スマホが問題なのではないですよね。

スマホを使用する事で生じる

体力低下
睡眠不足
視力低下
コミュニケーション能力低下
学力低下
思考力低下

これが問題だと言っているわけですが、これらは何もスマホを触る事だけで生じる話ではないですよね?

家に引きこもって体力低下
夜遅くまで起きていて睡眠不足
光を発する画面を長時間見る事で、視力の低下
通信によるコミュニケーションを行う事で自分のペースで展開させてしまう。
 ー分が気に入らなければ遮断ができる。
 ∩蠎蠅力辰鯤垢ず、自分の意見のみを伝えられる。
 G齢・性別不詳の人を相手にする事で、年齢・性別を考慮する話し方が出来なくなる。
検索により安易に答えを得てしまうため、考える習慣が付かなくなる。また、安易に答えを得てしまうため、記憶の定着が少ない。その結果、学力低下・思考力低下に繋がる。

確かにスマホ1台でこれらの事が全て生じてしまうので、=原因 と言ってしまっていますが、間違いじゃないけど、正解ではないのでは?
単体の要件だけを見ていけば、それぞれ様々な要因があるわけですよね。

こういう結果につながると、こういう害悪がありますよ。

こういう展開にもっていかないと、そりゃ反論もでますって。
問題は、スマホじゃなく使う側の問題なんですから。
スマホって所詮は筐体にしか過ぎないんですよ。

携帯ゲーム機、タブレット端末、携帯電話、本、それぞれがそれぞれに揚げられた問題点の原因と成り得る話ですよね。

問題は?

って結局、親でしょ?
子供が自ら制限しなければ、解決できる話では無いですよね。
親とは言いながらも、四六時中付き切りでいられるわけもなく。
だからと言って、便利端末を悪というのって違うと思うんですよね。
代わりの別の何かが出てくるだけだと思うんですよ。

自制心
思考力
コミュニケーション能力

これって、躾の範疇なのでは?
それが出来ていれば、「程」って事を知るわけで、それをわきまえていれば、極端な話にならないですよね。

人と話をするのは楽しい。
外で体を動かすのは楽しい。
考えるのは楽しい。
自ら答えを導き出すのは楽しい。

こういう事を学んだり実感する前に、買い与えた挙句、放置なわけでしょ?
そりゃ、変になりますって。


■日本医師会「スマホ使用で学力低下」が波紋…ドコモが反論「逆に向上もあり得る」
(Business Journal - 06月19日 06:03)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=175&from=diary&id=4627087「スマホを使うほど、学力が下がります」――。

 これは、日本医師会と日本小児科医会が今年2月に発表した啓発ポスターに出てくるフレーズだ。ポスターには、子どもがスマートフォン(スマホ)を使用することによる悪影響が列挙されている。

 医師たちが会員である2団体が「スマホは危険だ」とでも言わんばかりの表現を行ったため、インターネット上には疑問の声が相次ぐなど、大きく注目された。はたして、「スマホを使うと学力が下がる」は本当なのか。

●日本医師会自らが医学的根拠を否定…

「体力──体を動かさないと、骨も筋肉も育ちません」

「睡眠不足──夜使うと睡眠不足になり、体内時計が狂います」

「視力──視力が落ちます」

 これは、件の啓発ポスターに書かれている文章だ。メインコピーは「スマホの時間 わたしは何を失うか」。公益社団法人の日本医師会と日本小児科医会が連名で作成したもので、スマホ使用によって「失われる」ものが、イラストやグラフ入りで6項目も提示されている。ほかの3項目は、以下の通りだ。

「コミュニケーション能力──人と直接話す時間が減ります」

「学力──スマホを使うほど、学力が下がります」

「脳機能──長時間使うと、記憶や判断を司る部分の脳の発達に遅れが出ます」

 なかでも気になるのは、やはり「スマホを使うほど、学力が下がります」と言い切っていることだろう。この項目には2つのグラフが添えられており、小学校6年生と中学校3年生が、スマホ使用時間が増えるほど各教科の平均正答率が下がっていることが示されている。

 この悪影響の数々は、事実なのか。日本小児科医会に問い合わせを行った。

 まず、「『スマホを使うほど学力が下がる』という医学的根拠はあるのか?」という質問には、「スマホとの接触時間と学力低下の相関関係は、文部科学省が行っている全国学力調査結果公表時に同時に実施しているアンケート調査と合わせ、文部科学省が同様の指摘を行っております」との返答だった。

 文部科学省のアンケート調査を根拠としているようだが、有用なデータには違いないものの、これは「医学的根拠」とはいえないのではないだろうか。

 続いて、「『スマホを長時間使うと、脳機能に悪影響がある』という医学的根拠はあるのか?」と聞くと、「東北大学で行われている研究報告を基に今回のポスター内容を企画しております」と説明。さらに、「東北大学の川島隆太教授、瀧靖之教授の著作等を参考にしてください」と勧められた。

 川島教授といえば、「音読や単純計算が脳を鍛える」という学習療法を提唱し、「脳トレ」ブームのときに盛んに取り上げられた人物である。

 最後に、「それなら、子どものスマホ利用はどのくらいの時間が好ましいのか?」と質問。すると、「『スマホ』に限定した利用時間ではなく、メディア(テレビ、DVD、電子ゲーム、携帯、スマートフォン、タブレット端末等電子映像メディア機器を指します)へ接触する総時間を制限することが重要と考えており」と前置きした上で、「1日2時間を目安とすることをお勧めしております」と回答した。

 その昔、「ゲームは1日1時間」といわれたものだが、現代では「スマホは1日2時間」ということなのだろうか。日本医師会にも同様の質問をしたところ、「ポスターに書かれているのは医学的なことではなく、使いすぎると危ないという注意喚起」との回答だった。

●3大キャリアを直撃…ドコモが反論「逆に向上」

「スマホを使うと学力が低下する」というのであれば、そのスマホを製造しているメーカーが、その点についてどう認識しているかも気になるところだ。

 そこで、iPhoneを製造・販売するアップルジャパンに聞くと「脳機能へのダメージなどを考慮してつくっていない」とシンプルな回答。

 Xperiaなどを製造・販売するソニーモバイルコミュニケーションズにも同じ質問をすると、「スマホを使いすぎたために学力や視力が下がる、脳機能にダメージがある、といったことについて情報は持っていない」とのことだ。

 ちなみに、対応した担当者は個人的な意見として「ものを調べたり考えたりする能力を学力とするなら、スマホやパソコンではすぐに答えが出てしまうため、場合によっては学力が低下してしまうこともあり得るのでは」という。つまり、スマホそのものが悪いのではなく、スマホで何をするのかが大事という意見だ。

 携帯電話の大手キャリア3社にも同様の質問をした。ソフトバンクとKDDIは「今回のポスターに書かれている内容については情報がないので回答を持ち合わせていない」と回答。

 NTTドコモは「そのポスターの存在を初めて知った」としつつも「スマホに限らず、使用方法によって学力やコミュニケーション能力は逆に向上することもあり得るのでは」という正反対の見解を示した。さらに、「ドコモ側ではスマホの適正な使用時間は提示していない」とのことだ。

 スマホと学力の因果関係については、今後も医療、通信、教育といった業界を巻き込んで、さまざまな議論が交わされることになりそうだ。
(文=ソマリキヨシロウ/清談社)

Business Journal
スマホやPCのブルーライトは超危険!目の細胞死滅で失明の恐れも すぐできる予防法
スマホ見ながら寝落ち、はこんなに危険!ブルーライトで眼病・睡眠障害・うつの恐れ
低所得の親の子、低学力&非正規社員になる傾向強まる…経済力が教育格差に直結


2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年06月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930