ホーム > mixiユーザー(id:65260562) > mixiユーザーの日記一覧 > 舌打ち

mixiユーザー(id:65260562)

2017年04月26日18:54

197 view

舌打ち

電車の昇降時に肩が当たり、

すいません^^;

チッ

満員電車に乗り込む際に、押して入るわけですが、中の方から

チッ

さて、これに対して私はどういう対応を取れば良いのでしょうか。

胸ぐらを掴んで物理的に指導を行う。
6秒間我慢をする。

どちらも不正解だと思うんですよね。

肩が当たって、イラッとするのなら、肩を引いて出れば良いだけです。
押されてイラッとするのなら、一歩奥へ入れば良いだけです。

相手に6秒我慢させるような行動を慎めば、もっと生きやすくなると思うんですけどね。


昔に比べて公共の場で感情を露わにする方が増えてきたような気がします。
それじゃ、喧嘩になるだろ?と言うような態度の方もチラホラ見かけます。
何でかな?と考えていたのですが、思い至ったのが、

殴られた事ないの?

と言う事。
喧嘩になって、止が入るまで早くても数分は掛かりますよね。
数分あれば、5〜6発殴る事は容易な事です。
殴られた側は、駅員に取り押さえられて、警察の御厄介になるわけですが、恐らく、殴られた側は、無罪放免なのでしょう。
普通は、面倒をさけるので、舌打ちが聞こえた程度で手を上げはしませんが、それを見越して

チッ

という舌打ちをなさるのでしょうかね。
何というのか、ガキ?
良い年をした大人が、相手の良識をあてにして、感情を露わにして自身の憂さ晴らしですよ。
何とも情けない姿だとは思いませんか?
自分が一寸気遣いをするだけで、自分も相手も嫌な思いをせずに済むのに、相手の気遣いが足りぬとチッと舌打ち。

この手の輩は、理不尽な暴力合わないと分からないのでしょうかね。
売り言葉に買い言葉と言いますが、取りあえず、

売るな。

そして、

二の矢を放つな

6秒間我慢をさせるよりも、6秒間我慢をさせない生き方をしませんか?


■カチンときたとき、怒りを抑える「6秒」の過ごし方
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=253&from=diary&id=4546260

ムッとしました。満員の山手線で足を踏まれ、その足を踏んだ男性は謝りもせずに電車から出ていきました。よくあるケースとは言わないまでも、たまにあるケースといえるでしょう。電車の中といえば、混んでいるにも関わらず大きなバッグを背中にかけて、人に当たっても気にしない人や、出口付近にいて降りようとする人を邪魔するように立っている人など、ムッとすることは多いものです。



駅での怒りで最悪のケースとして、ホームで肩と肩がぶつかっただけで、ホーム下へ突き落として転落死させてしまった例もあります。



こういうケースは大概、「6秒」の中で起こります。売り言葉に買い言葉でカーッとなって殴ってしまった、なども6秒の中で起こります。それは、6秒が「怒りのMAX」だからです。人間の怒りのピークは6秒といわれ、その中で最悪の事態は訪れます。逆に、その6秒が過ぎれば、怒りは収まっていきます。つまり、6秒を何とかやり過ごすことができれば、最悪の事態はまぬがれるのです。



最悪の事態をまぬがれるためのテクニックはいくつかありますが、今回は最も基本的な「ディレイ(怒りを遅らせる)テクニック」を紹介したいと思います。



それは、カウントバックというもの。カウントとは数を数えることで、バックとは逆算の意味ですが、ただ単に「5、4、3、2、1」とやっても怒りをやり過ごすことはできません。たとえば、100から3つずつ引いていきます。100、97、94、91……。厄介ですよね。ここが狙いです。つまり、怒りに向けていた意識を、カウントすることに向けることができれば、「6秒」なんてアッという間にやり過ごすことができるのです。



カウントバックは自由です。90から4つずつ引くとか、80から6つずつ引くとか、厄介であればあるほど効果的です。数字がどうも苦手という人は、贔屓の野球チームのバッティングオーダー(1番〇〇、2番△△、3番□□……)でも構いません。とにかく怒りの矛先を数を数える方へ向けられさえすればいいのですから。



目の前の出来事や言葉にカチンと来たら、何でも使ってください。今や多くのアスリートも使っています。とくにラグビー、アメフト、バスケット、サッカーなどのコンタクトスポーツでは、試合中に足を踏まれた、ヒジをぶつけられたなどは頻繁に起こりますし、その都度、頭に来ていたら、すぐイエローやレッドカードを食らいます。そういうときこそ心の中でカウントバックするのです。最悪の事態をまぬがれるばかりか、気持ちをスイッチして前を向くことが可能になります。



即効性のあるテクニックである「カウントバック」。今日から使うことで、新たな人生が動き出します。

citrus
「やばい」「疲れた」言ってない? 一流アスリートが“マイナス言葉”を使わない理由
ヒマは「何もすることがない」んじゃなくて「何でもできる贅沢な時間」と考える
蜂蜜だけじゃなくてこんな中毒も注意が必要だよ!!
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年04月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の日記