ホーム > mixiユーザー(id:65133463) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:65133463)

日記一覧

風邪やインフルエンザなどの感染症が猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識をお届けします。不特定多数の人がいて、乾燥していて気密性の高い場所は、風邪がうつる可能性が極め

続きを読む

最近の韓国の仮想通貨取引所「アップビット(Upbit)」のハッキング事件は、仮想通貨を取引所に保管する危険性をはっきりと思い出させてくれた。2019年に起きた主要なハッキング事件7件を検討しよう。紹介する順に、手口の大胆さは増していく。教訓? 問題は

続きを読む

 元AKB48のメンバーでタレントの内田眞由美(25)が、あす29日放送のTBS系バラエティー番組『爆報!THE フライデー』(後7:00)に出演。AKBではセンターも務めた経験を持つ内田が現在、5000万円の借金を抱えていると告白する。 「ヘビーローテーション」

続きを読む

11月30日、相模鉄道とJR埼京線の直通運転が始まる。東京圏では珍しくもなくなった直通運転だが、この相鉄・JRはわざわざ本線から連絡線を新設して直通するという珍しい形態をとっている。そこで気になるのは連絡線上の新駅「羽沢横浜国大駅」。直通運転の

続きを読む

8604
2019年11月28日08:30

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8604.T野村HD(8604):中国の合弁法人が証券ビジネスのライセンス取得【業務内容】総合証券で証券最大手。今夏にLINEとの合弁証券がサービス開始。海外はアジアを重視する。【業績面】10月29日に決

続きを読む

自民党の石破茂元幹事長は27日夜、石破派(水月会)の鴨下一郎元環境相が安倍晋三首相の党総裁連続4選を条件付きで支持したことについて「真意は鴨下氏に聞かないと分からない。論評することではない」と述べた。都内で記者団に語った。 その上で、「言い

続きを読む

前回、「日本経済をスカスカにした真犯人、日本発『多国籍企業』の罪と罰」で、「2つの日本経済の分裂」に我が国の空洞化の原因を求めた、米国在住の作家・冷泉彰彦さん。さらに冷泉さんは今回、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、先進国の中

続きを読む

米国株式相場は上昇。ダウ平均は190.85ドル高の28066.47、ナスダックは112.60ポイント高の8632.49で取引を終了した。中国が知的財産権を巡る問題で譲歩したと報じられ、米中協議の進展期待から買いが先行。大型買収も相次ぎ、終日堅調推移となった。セクター

続きを読む

8604
2019年11月26日06:58

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8604.T

続きを読む

私の周りにいる30代前半から40代半ばの高所得の知人は、宝くじをまったく買いません。興味もないですし、話題にのぼることもありません。宝くじ売り場の行列を見て「バカじゃん。ほかにやることねえの?」とまで言う人もいます。その理由を彼らの言動を元に、

続きを読む

主要国の株価は高値圏にはあるが、相変わらず米中通商交渉の「部分合意」の行方を巡って、落ち着きなく上下動している。 筆者は1週間ほど前まで、ニューヨークとワシントンDCを訪れていた。その際、経済専門テレビのある番組で、キャスターが語っていた言葉

続きを読む

今年10月18日、韓国ソウルにあるアメリカ大使公邸に、十数人の暴徒が乱入した。暴徒の正体は、「親北朝鮮・反米」を掲げる学生グループのメンバーだ。彼らは大使とその家族が暮らす建物の玄関先を占拠し、「ハリスは韓国から出て行け!」「在韓米軍は撤退せよ

続きを読む

自民党の世耕弘成参院幹事長=参院和歌山選挙区=の就任祝賀会が24日、和歌山市で開かれた。会合は党県連会長を務める二階俊博幹事長が事実上主催し、出席者は地元から「2人目の幹事長」が誕生したことを祝った。ただ、世耕氏の支援者には、将来首相を目指

続きを読む

 ソフトバンクグループが、主力行のみずほ銀行などに対し63億ドル(約6800億円)の融資を要請したことが20日分かった。ソフトバンクが運営するファンドの投資先で、巨額損失を計上した共有オフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーの再建資金に充て

続きを読む

Forbes JAPANは2019年11月22日に、フォーブス・イスラエル(Forbes Israel)は2018年に、イスラエル国内の「テロ組織」関係への取材をし、「資金の大きさ」で評価する歴史的な記事を掲載した。記事の中では、第1位の組織の資金源には「ある国」と「あるビジネス

続きを読む

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米国のアップルとインテルは20日、ソフトバンクグループ傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループが特許権を買い集め、ハイテク企業を次々に訴えている行為は反トラスト法(独占禁止法)に違反

続きを読む

8602
2019年11月22日14:02

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8604.T

続きを読む

本記事はジャーナリスト、阿部重夫氏(前FACTA発行人)のチーム「ストイカ」によるものです。「ストイカ」は阿部氏が準備中のオピニオン誌。チーム「ストイカ」は臨機応変に記者と組んで取材するチームであり、今回のスクープ記事には伊藤博敏氏、樫原弘志氏ら

続きを読む

タブレット端末としての実力は「iPad」が圧倒的。でも、ユースケースによってはAmazonの激安タブレット「Fire HD 10」(2019年モデル)のほうが優れている面もあります。「Fire HD 10」は、10.1インチ(1920 x 1200ドット)液晶を搭載したタブレット端末です

続きを読む

高齢化についていけない銀行銀行経営陣の社会に対するアンテナも鈍くなっている感があります。メガバンクも含めて、多くの銀行が今の高齢化社会について行けていないように見えます。厚生労働省によると2018年には全世帯の52%が年金受給世帯になったと言いま

続きを読む

ツイッターで拡散した1997年のジェフ・ベゾスの映像で、彼は初期のアマゾンをどのように構築したかについて話している。ベゾスはアマゾンで販売される最初の商品として本を選んだ理由を説明している。 彼はまず、オンラインで販売できる20の商品カテゴリをリ

続きを読む

 どうしたら部下に協力してもらえるリーダーになれるのでしょうか。一言でいえば、尊敬されることです。 問題は、この尊敬は強制できないということです。「私を尊敬しなさい」といってみても、尊敬に値しないと部下に判断された上司は部下から尊敬されるこ

続きを読む

日本経済新聞 電子版は2019年11月20日に、米国議会上院(US Senate)が全会一致(unanimously)で、「香港人権・民主主義法案(Hong Kong Human Rights and Democracy Bill)」を可決した。米国のドナルド・トランプ大統領(President Donald Trump)は米国の農産物の

続きを読む

Googleが2020年に米国にて銀行口座サービスを開始することが明らかになりました。Amazonも銀行業界参入を表明していますが、金融とITとの融合が加速しています。政府も規制緩和を検討するなどフィンテックの広がりは社会をどのように変えようとしているのでし

続きを読む

【AFP=時事】中国外務省は20日、在中国米大使館の外交幹部を呼び出し、米議会が香港の人権や民主主義を後押しする「香港人権・民主主義法案」を成立させれば「強力な」対抗措置を取ると警告した。 中国外務省によると、中国の馬朝旭(Ma Zhaoxu)外務次官が

続きを読む

「地域を活性化するためには、なんとしても新規事業を立ち上げなければならない! それには絶対に『予算』をとってこなくては」――。今日もまた、地方自治体の関係者を中心に全国各地で激しい「予算獲得競争」が繰り広げられています。年1億の売上目標で、3年

続きを読む

ヤフー(10月1日にZホールディングスに商号変更)がLINEとの経営統合を発表した。ヤフーといえば、井上雅博社長時代はどっしりと動かず、安定した広告収益を稼ぎ続けるのが取り柄の会社だった。しかし、宮坂学社長時代を経て、2018年に就任した川邊健太郎社長

続きを読む

朝日新聞デジタルは2019年09月18日に、東京電力は2019年09月18日に、福島第一原発敷地内のタンクにためている処理済み汚染水について、海洋放出などで処分する場合の放射性物質トリチウムの年間処分量の試算値を初めて発表した。処分の開始と終了の時期によっ

続きを読む

(本記事は、谷本真由美氏の著書『世界のニュースを日本人は何も知らない』=ワニブックス、2019年10月25日刊=の中から一部を抜粋・編集しています)■マッキンゼーの犢いビジネス疇本の書店には多くのビジネス書が並んでいますが、人気図書のなかには、ア

続きを読む

相次ぐ閣僚辞任や安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を野党が追及する中で実施した産経新聞社とFNNの合同世論調査で内閣支持率が低下し、与党は危機感を強めている。 自民党の二階俊博幹事長は18日の役員会後の記者会見で、支持率下落について「一喜一憂

続きを読む