mixiユーザー(id:65118857)

2017年08月13日21:31

777 view

「知恵ある者の知恵は滅び、悟りある者の悟りは隠される」警告のニュースレター「角笛」85号より

「知恵ある者の知恵は滅び、悟りある者の悟りは隠される」 by エレミヤ
 
本日は「知恵ある者の知恵は滅び、悟りある者の悟りは隠される」という題でメッセー ジしたいと思います。
 
テキストはイザヤ29:9〜14節です。 終末の日の背教の教会においては、「知恵あ る者の知恵は滅び、悟りある者の悟りは隠さ れる」ことを見ていきたいと思うのです。テ キストに沿ってみていきましょう。
 
イザヤ 29:9 のろくなれ。驚け。目を堅くつ ぶって見えなくなれ。彼らは酔うが、ぶどう 酒によるのではない。ふらつくが、強い酒に よるのではない。
 
 29:10 主が、あなたがたの上に深い眠りの霊 を注ぎ、あなたがたの目、預言者たちを閉じ、 あなたがたの頭、先見者たちをおおわれたか ら。
 
終末の日の大きな特徴は、預言者や頭、先見 者の目が覆われ、見えなくなることです。 ここに預言者と書かれています。旧約の預言 者は、今の教会時代では教師に相当します。 以下のことばの通りです。
 
2ペテロ2::1 しかし、イスラエルの中には、 にせ預言者も出ました。同じように、あなた がたの中にも、にせ教師が現われるようにな ります。彼らは、滅びをもたらす異端をひそ かに持ち込み、自分たちを買い取ってくださ った主を否定するようなことさえして、自分 たちの身にすみやかな滅びを招いています。
 
「頭」とは要するに教会のトップの人々の ことであり、教会の指導者、リーダーのこと です。また「先見者」とは、人より先にもの ごとを見通す人々というニュアンスがありま す。すなわち、時代や、教会を見分け、良い 意見を述べる教会のアドバイザー、助言者の 類の人々のことです。終末の日には、そのよ うな人々の目が覆われ、見えなくなることが ここには書かれています。すなわち、教会の 教師も牧師も、リーダーもアドバイザーも皆 その目が見えなくなり、真理が見えなくなる 日が来ることが預言されているのです。
 
  
 さて、何故これらの人々はみな、目が覆わ れてしまったのでしょうか?そのことに関連 して、「彼らは酔うが、ぶどう酒によるので はない。ふらつくが、強い酒によるのではな い。」として酒やぶどう酒に関して書かれて います。聖書では、酒やぶどう酒は、霊的な ことのたとえです。ですから、すなわち、惑 わしの霊に惑わされ、誰も彼も見えなくなっ てしまう日が来ることがここでは書かれてい るのです。
 
参考までに、多くの預言者が、惑わしの霊 に惑わされ、みな、同じ方向に惑わされてし まったことが旧約聖書の中に書かれています。 以下の箇所です。
 
1列22:19 すると、ミカヤは言った。「それ ゆえ主のことばを聞きなさい。私は主が御座 にすわり、天の万軍がその右左に立っている のを見ました。
 
22:20 そのとき、主は仰せられました。『だ れか、アハブを惑わして、攻め上らせ、ラモ テ・ギルアデで倒れさせる者はいないか。』 すると、あれこれと答えがありました。
 
 22:21 それからひとりの霊が進み出て、主の 前に立ち、『この私が彼を惑わします。』と 言いますと、主が彼に『どういうふうにやる のか。』と尋ねられました。
 
 22:22 彼は答えました。『私が出て行き、彼 のすべての預言者の口で偽りを言う霊となり ます。』すると、『あなたはきっと惑わすこ とができよう。出て行って、そのとおりにせ よ。』と仰せられました。
 
 22:23 今、ご覧のとおり、主はここにいるあ なたのすべての預言者の口に偽りを言う霊を 授けられました。主はあなたに下るわざわい を告げられたのです。」
 
この時の多くの預言者、400人もの預言 者が皆、惑わしの霊に覆われ、真実が見えな くなり、王に対して偽りの預言を語りました。
「ラモテ・ギルアデに攻め上って勝利を得な さい。主は王の手にこれを渡されます。」と して、王に対して良い預言を語ったのです。 そして王であるアハブは、これらの預言を頼 りに戦いに出て行くのですが、結果は彼の死 をもって終わりました。彼は、惑わされた預 言者の声を採用して自らの命を失ったのです。
 
このことは主イエスの初降臨の日にも再現 しました。その日、イスラエルの教師や祭司、 律法学者、パリサイ人などの目はみな、惑わ しの霊によって覆われていたのですが、彼ら はそれに気付きませんでした。彼らは自分が 盲目であり、目が曇らされていることに気が つかなかったのです。以下の会話を思い出し てください。
 
ヨハネ9:39 そこで、イエスは言われた。「わ たしはさばきのためにこの世に来ました。そ れは、目の見えない者が見えるようになり、 見える者が盲目となるためです。」
 
 9:40 パリサイ人の中でイエスとともにいた 人々が、このことを聞いて、イエスに言った。 「私たちも盲目なのですか。」
 
 9:41 イエスは彼らに言われた。「もしあな たがたが盲目であったなら、あなたがたに罪 はなかったでしょう。しかし、あなたがたは 今、『私たちは目が見える。』と言っていま す。あなたがたの罪は残るのです。」
 
彼らの目は見えていなかったのですが、彼 らはそれに気付きませんでした。その結果、 彼らは盲目になり、ついには救い主を自らの 手で殺すようになったのです。同じようなこ とがこの終末の背教の時代に起きようとして います。
 
29:11 そこで、あなたがたにとっては、すべ ての幻が、封じられた書物のことばのように なった。これを、読み書きのできる人に渡し て、「どうぞ、これを読んでください。」と 言っても「これは、封じられているから読めない。」 と言い、
 
 29:12 また、その書物を、読み書きのできな い人に渡して、「どうぞ、これを読んでくだ さい。」と言っても、「私は、読み書きがで きない。」と答えよう。
 
主イエスが初降臨した時代は、まさに背教の 時代です。その結果、この時代の人々にとり 聖書の預言のことばは、まさに「封じられた 書物のことばのよう」でした。それは読み書 きのできる人、すなわち聖書や律法の専門家 である律法学者やパリサイ人にとっても封じ られており、封印され読めない書物となって いたのです。
 
彼らは確かに旧約聖書を手に持っていまし た。そこには、メシヤ到来の預言を記すダニ エル書や、また、キリストの来臨に関して語 る詩篇も、イザヤ書も、またマラキ書も全て の書がそろっていたのです。
 
ダニエル書の70週の預言は、油注がれた 者、すなわち、キリストが、いつ到来するか その時を正確に預言しています。そして、キ リストはその預言どおりの時に出現したので すが、彼らはそのキリストを目の前にしても 彼をメシヤであると悟りませんでした。彼ら にとっては、多くの預言書は何の役にも立た ず、彼らの聖書の学びも全く役には立たなか ったのです。
 
このことを一体何と呼ぶべきでしょう?こ れこそ「封印が開かれていない」ということ であり、「預言を悟らない」ということなの です。そうです、彼らにはダニエル書の封印 は開かれなかったのです。”これを、読み書 きのできる人に渡して、「どうぞ、これを読 んでください。」と言っても、「これは、封 じられているから読めない。」と言い”と書 かれている通りです。このこと、封印が封じ られることに関連してダニエル書はこう語り ます。
 
ダニエル12:9 彼は言った。「ダニエルよ。行 け。このことばは、終わりの時まで、秘めら れ、封じられているからだ。
 
12:10 多くの者は、身を清め、白くし、こうして練ら れる。悪者どもは悪を行ない、ひとりも悟る者がい ない。しかし、思慮深い人々は悟る。
 
ここでは、未来に関する預言の言葉は封じ られていること、そしてその封印は誰に対し ても開かれる、というわけではないことが書 かれています。逆に「悪者どもは悪を行ない、 ひとりも悟る者がいない。」とのことばのよ うに、悪者にはその封印が開かれず、彼らの 誰一人悟ることがないことが描かれているの です。
 
このこと、封印が開かれず、悟るものがい ない、ということはキリストの初降臨の日に 成就しました。キリストの生涯においては、 300以上の旧約聖書の予言が成就している とのことです。そのことを目の前で見ながら、 聖書の専門家であるはずの、パリサイ人や、 律法学者は、このイエスがキリストであるこ とを悟りませんでした。
 
 
 彼らこそ神の前に悪者であり、彼らにとり 聖書の預言は封印されたものであり、封じら れた書物の様なものだったのです。
 
ダニエル書の預言の封印は、まるで、試金 石のように、または入学試験のテストの様に 彼ら悪者のよりわけや、区分のために用いら れました。そして、みごとに悪者を排除して しまったのです。すなわち、外側は白く塗ら れた墓の様にきれいに見えても、その内側は あらゆる貪欲や罪にまみれた偽善的なパリサ イ人や、律法学者をよりわけてしまったので す。
 
<キリストの再臨の日にも封印は封 じられたままになる>
 
さて、主の初降臨の日に起きたことは再臨 の日にも再現すると思われます。すなわち、 再び封印が封じられる日が来ると理解できる のです。教会時代の終わり、終末の日を預言 している黙示録もまた封印された書です。以 下の様に書かれています。
 
 
黙示録5:1 また、私は、御座にすわっておら れる方の右の手に巻き物があるのを見た。そ れは内側にも外側にも文字が書きしるされ、 七つの封印で封じられていた。
 
黙示録もまた封印された書であることがこ こでは書かれています。そしてこの書が封印 された書である、その理由もダニエル書と同 じです。すなわち、終末の時代の教会の教師 やリーダー、クリスチャン達を区分、試験す るためにこの封印は用いられるのです。そし て、教会時代の終わりにおいても「悪者ども は悪を行ない、ひとりも悟る者がいない。」 とのことばは成就します。
 
すなわち、それがたとえどれほど学識のあ る神学者であろうとも、はたまた、キリスト 教会で大人気の牧師であろうとなかろうと、
その人が主の前に「悪者」とみなされ、偽善 者とみなされたのなら、彼の前に決して封印 は開かれることがないのです。
 
そして今の時代はまさにそのような時代、 封じられたままの封印の開かれない、時代 であることを知るべきです。たとえば、ある 種のクリスチャンは、艱難の前にクリスチャ ンが携挙される、との聖書にもない妄想話を 語ります。また、ある人々はEUこそ、獣の 国である、などと的外れなことを語ります。 彼らには何一つ封印が開かれていないことは 明白です。
 
29:13 そこで主は仰せられた。「この民は口 先で近づき、くちびるでわたしをあがめるが、 その心はわたしから遠く離れている。彼らが わたしを恐れるのは、人間の命令を教え込ま れてのことにすぎない。
 
29:14 それゆえ、見よ、わたしはこの民に再 び不思議なこと、驚き怪しむべきことをする。 この民の知恵ある者の知恵は滅び、悟りある 者の悟りは隠される。」
 
「わたしはこの民に再び不思議なこと、驚き 怪しむべきことをする。」とのことばを考え てみましょう。このことばは、キリストの初 降臨の日に成就しました。
 
この時のキリストの来臨は驚くべき方法、 人々の意表をつき、想像を絶する方法で行わ れました。何が驚くべきことなのか?すなわ ち、こういうことです。
 
1. 旧約聖書には、キリスト来臨に伴う300 以上の預言が前もって記されている。 2. イエスキリストはその生涯において、その 全ての預言を成就している。 3. 聖書の専門家であるはずの偽善の律法学者 やパリサイ人はそのイエスを目の前にしな がら、誰一人、彼をキリストであると悟ら なかった。
 
  
神は意図的に、彼等偽善者たちを出し抜く ことを意図しており、その通りにものごとは 進んだのです。キリストの初降臨というでき ごとを通して、多くの悪者や偽善者はみな、 より分けられてしまい、彼らは皆一掃されて しまったのです。
 
神の用いたより分けの方法:その一つは、 ナザレのイエスという方法です。「キリスト はベツレヘムで生まれる」との聖書知識を持 っている人々は、その知識が災いとなり、ナ ザレ出身のイエスを正しく悟ることができな かったのです。結果、知恵がある、悟りがあ る、聖書の知識がある、と自称している、し かし、偽善的な歩みをしている人々は残らず、 ふるいわけられ、区分されてしまったのです。 驚くべき神のよりわけの方法であり、区分の 方法です。
 
 
さて、初降臨の日に起きたことはまた、再 臨の日に起きることの予表です。同じことが 再臨の日に再現する可能性が高いのです。再 度、「わたしはこの民に再び不思議なこと、 驚き怪しむべきことをする。この民の知恵あ る者の知恵は滅び、悟りある者の悟りは隠さ れる。」とのことばが成就するようになるで しょう。
 
その日には、今キリスト教会の知恵あるも の、また悟りあるもの、といわれている人々 の思惑や予想はみな覆されるようになるでし ょう。彼らの終末に関する説明やストーリー はみな、的外れなものとなり、思いもかけな い方法で終末の預言は成就するようになるで しょう。
 
何故そうなるのか?その理由は、封印とい うことの意味合いです。書物の封印は家にか けられた鍵に似ています。我々が家のドアに 鍵をかけるその目的は、見知らぬ人が自分の 家に入ることを阻止するためです。自分の身 内の家族だけには、鍵を渡し、そして、それ 以外の他人やら、泥棒やら、悪人やらには鍵 を与えません。他人には自由に家に入らせないため、その区分のために家に鍵をつけるの です。封印の意味合いも同じであり、それは、 悪人と真に主に従っている人々とを区分する ために与えられているのです。同じ意味あい で、神が終末の預言を封印したその理由は 「全ての人に終末の預言を開く」ためでは決 してないことを知るべきです。そうではなく、 主は終末の日に悪者すなわち、罪や偽善的な 歩みをするクリスチャンを一掃することを計 画しており、その目的のためにこの書を封印 されたのです。このことを悟るべきです。
 
終末の日に再び、神は「再び不思議なこと、 驚き怪しむべきことをする」でしょう。罪の 歩みをする偽善的な教師、牧師、神父、クリ スチャンの思惑や予想を超えた方法、思いも かけない方法で終末の預言は成就するように なるでしょう。
 
終末に関する多くのクリスチャンの予想は 覆されるようになるでしょう。すなわち、終 末の獣の国はEUではなく、またキリストは艱 難の前には再臨しません。また、宮の崩壊と 第3神殿とは関係がありません。また1週の 契約とは7年の中東和平条約などではありま せん。私たちは歩みをただし、神を恐れた歩 みに入るべきです。かつての日、神を真に恐 れた歩みをしていた、ペテロを始めとした1 2 弟子たちは、正しく聖書を悟り、目の前 のイエスを来るべきキリストである、と悟り ました。同じように、終末に日においても、 真に主を恐れる人はこの終末の預言を悟り真 理を見ることを知りましょう。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年08月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031