mixiユーザー(id:6486105)

2020年09月25日21:00

35 view

突然の電話

 今日はもうこの一件だけだな、
 13辭40分(あらためて着信履歴を確認)、iPhoneに電話が掛かった。
 ディスプレイが示す名前を見て、少しく戸惑い、感激し、安堵するという複雑な心境。2年以上ご無沙汰の老作家だ。確か一昨年、年賀状を出したはずなのに返事がなかった。今年は私、彼女に出さなかったはずだ。彼女からも賀状は届かず。
 弾んだ声で本を出した、これが最後の本です、と彼女は語り始めた。
「それでね、この本とは関係ないのですが、あとがきでこれまでお世話になったかたを6名挙げたの、勝手にね。それで〇〇さん(私)の名も入れちゃった」
 ははは、ありがとうございます、と私は笑いながら答え、Amazonで早速注文しますと言った。
「ところで……、ご自宅の最寄り駅まで出向くくらいは可能ですか?」と尋ねた。
 ご本人が自ら、85歳になり、ガンを患っていると言われたので、躊躇する気持ちもありながら、可能であれば会いに行きたいと思ったのだった。
 駅までなら体調しだいでなんとか行けます、と彼女は応えた。
 本を読んで、秋が深まって、コロナがもう一段階感染衰えが出たところで行こう。
「もう少し話をしていいですか。……三浦しおんの『舟を編む』。横浜駅の西口で待ち合わせをしたとき、私が10分前に到着したのに、あなたは既にいらっしゃいました。その時本を読んでいらっしゃったので、タイトルを訊いてみたら『舟を編む』でした。私も読んでみました。映画も観ました。懐かしいです」
 そんなことを話して電話を切った。
 なんとも嬉しい連絡だった。
7 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月25日 21:19
    こんばんは。連絡とれて良かったですね。再会が楽しみですね♪以前、舟を編むのプチエピソードを伺った時に、その凛とした女性はきっと風さんの日記に時折登場されていた方なんだろうだな〜と思っていましたけど、当たってました手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月25日 23:34
    そうです、凛と立って本を読んでいらっしゃった姿がかっこうよく、私は彼女が読んでいる本を真似っこして読もう、と思ったしだいです。映画は加藤剛さんも含めて出演者が生真面目な演技であったので、小説以上に辞書編纂の張り詰めた雰囲気が伝わってきましたね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する