ホーム > mixiユーザー(id:6486105) > mixiユーザーの日記一覧 > マリノス優勝、不甲斐ない私

mixiユーザー(id:6486105)

2019年12月07日20:57

27 view

マリノス優勝、不甲斐ない私

 午前11時くらいに郵便で腕時計の電池が届いた。3日前にAmazonで注文したもので、送料を併せて250円だった。
 早速、腕時計に新しい電池を入れて裏蓋を閉めた。4年か5年前、腕時計の交換用工具がダイソーに400円で売っているという情報をネットで知って、以来、自分で電池交換をするようになった。
 今日交換した腕時計は「DKNY」(ダナキャランニューヨーク)で、15年くらい前に東戸塚の西武デパートで買った。1回の電池交換無料という粋なサービスがあったこともあって、正価で買ったんだと思う。
 家の中では腕時計を付けていないが、外出の際は必ず腕に嵌めている。たとえスマホ時代になっても時間をもっとも素早く見られるのは腕時計だ。
 時計はデジタル表示が好きなひともいれば、アナログじゃなきゃという守旧派もいて、私は針の向きを曖昧に受け取って「2時40分頃か」という後者のタイプ。
 電池交換をしたばかりのDKNYを腕に巻いたまま、午後2時を待った。待ちに待った横浜マリノスの優勝! FC東京に4点差負けをしない限り優勝なので、気が楽だ。
 午後2時前、コーヒーを淹れ、かりんとうの袋をテーブルに出してテレビを付けた。
 マリノスが先取点を取ったところで、勝負あり。いくらなんでも5点は取られないだろうから。結果、3対0でマリノスが勝利し、J1リーグ優勝。
 この夏から横浜マリノスにつきまとう不吉なスポンサー劇がある。「メルコリゾーツ」というカジノ運営会社がマリノスのパートナーシップ会社になった。まだ横浜市長がカジノ誘致を表明する前の話である。だから、横浜市がIR誘致に参戦の第一報を知ったときに「やっぱり」と思った。噂では経営不振の日産自動車がマリノスから撤退して、メルコが第一スポンサーになるという話さえある。
 貧すれば鈍す。サッカーはゲームで、カジノも同じゲームだが、ギャンブルは罪深い。そもそも横浜は戦後すぐから不良文化とかロックやジャズの音楽が根付いていて、「ガイジン」もいっぱいいて、巨大な中華街があって、米軍関係者から流れてくるマリファナが手に入る(笑)。そう、旧横浜地区はギャンブルするのと同じくらい面白い街である。わざわざ政府というか菅官房長官肝いりのカジノを作る必然なんてない。
 夜、詩人のご長男から電話をいただいた。
 彼から詩人の全集を編集して欲しいと言われていて、この秋、埼玉のご自宅へうかがう予定になっていた。私はたかだか埼玉まで行って打ち合わせをする体力さえなくて、延び延びにしていた。
 申し訳ない。
 気にしなくてよい。手術が終わって退院したら連絡してくれたらよい。
 不甲斐ない自分が情けない。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する