ホーム > mixiユーザー(id:6486105) > mixiユーザーの日記一覧 > 青天の霹靂、ホームレス、市役所

mixiユーザー(id:6486105)

2019年11月20日21:13

76 view

青天の霹靂、ホームレス、市役所

 正午、NHKのニュースを見てから、明日訪ねて来てくれる畏友のお土産を買いに、街中へ出かけた。銀行で現金を下ろし、豊島屋で鳩サブレーを買い、さらに隣合ったスーパーでコーヒー豆とお茶菓子を買った。
 昨日と同様の暖かな陽光だったが、木枯らしと呼ぶにふさわしいような旋風が時たま吹いていた。
 早くうちに帰って熱い珈琲を飲みたい。
 スーパー近くのベンチに鎌倉ではあまり見かけないホームレスが座っていた。
 なにげなくホームレスの顔を見た。
 まさか、と思ったが、声が出てしまった。
「〇〇〇さん?」
 大きな声だったのだろう。彼女は私を見て、「あらまあ……」と素っ頓狂な声を出したあと、なんだか私を小馬鹿にするような笑顔になった。
 私の友だちの奥さんだった。
 全身が垢じみているのか、顔は真っ黒に日焼けしたような色で、二重三重に襤褸をまとっている。呆気にとられているのはこの私で、彼女は平然とした表情だった。
「どうしてまた……」と言葉を探しながら狼狽えた。
「XXさんは元気だよね?」と友人の名前を挙げて尋ねたら、「死んだ」と言う。
 さらに頭の中が混乱した。
 死んだ? 死んだって? 俺の聞き間違い?
「死んだっていつ?」
「うーん、今年の6月頃かな」
 意味がよく掴めない。亭主の死に「頃」って付けないはずだ。
 私は言葉を失ってうつむいた。
「鳩サブレー、ちょうだい? でも函入りだったら1枚だけはもらえないか」と彼女は言って、初めて笑った。
 しばらくの間、彼女にあらためてXXさんの死について、ホームレスになったことについて尋ね、彼女の返答をじっくりと聞いた。が、架空の話を聞いているような頼りなさがあって、20分くらいが経った頃、辛抱たまらず「じゃあ、いったん失礼する。今日はこの場にまだいるの?」と言って、帰宅した。

 うちに帰って超簡単なランチをささっと済ませ、今日買ったばかりのコーヒー豆をミルで挽いて淹れ、それをタンブラーに入れて、ふたたび街中へ戻った。
 まずスーパーに行って、おにぎり弁当とサンドイッチを買った。右手にタンブラー、左手にレジ袋。
 彼女はそこにいた。
 それから1時間半ほどあらためて話をした。XXさんの死について、ふたりの関係について、ホームレスになった経緯について、生活支援を受ける意志について。
 質問は最小限にして彼女が語る話を黙って聞いていた。普段どおり、相手の目を見て話を聞く。
 話がよく見えない。精神的なショックが引き金になって、頭の中がとっちらかっているのだろうか? もともと妄想的な女性であったことを踏まえると、難解な本を丁寧に読むような根気強さが必要だった。
 タンブラーのコーヒーを何度にも分けて彼女は飲んだ。量的には1.5杯分くらい入るタンブラーなのだが、もっと大きな「水筒」で用意したほうがよかったのか。
 うちに来てもらうことをずっと考えていた。
 が、不潔さとよく理解出来ない会話に耐えられるだろうか?
 冷酷な自分にメゲそうになりながら、午後3時半頃、彼女から離れた。
 その足で社会福祉協議会に行った。
 2時間半前、私はネットで調べて、社会福祉協議会に電話をしていたのだった。その際、電話口に出た女性は「生活保護なら市役所に行かれたほうが早い」と答えられたのだが、ホームレスの〇〇〇さんは既に市役所の人から数回、コンタクトを受けていて、あまりいい印象ではなかったようだ。
 福祉協議会の女性は私がいきなり来たものだから、緊張しただろうと思う。
「今日は寒風が吹きすさんでいます。どうしても彼女が心配で」と切り出したら、あらためて話を聞いてくれて、これから市役所へ一緒に行きましょう、と言った。
 5分後、市役所で私はあらためて、事情を話した。担当してくれた人は既に3回ほど、彼女に公的援助もあります、ということを伝えているという。
 話しながらずっと私は後ろめたかった。予報では冷え込む夜だ。せめてうちに泊まってもらうのが人間としての務めだ、と。
 市役所としては、本人の意志しだいだという。そうだろう。
「でも、これから寒くなる一方です。東京のように地下街があるわけでもないこんな田舎でだと、夜を越すのはとてつもなくしんどいです」
 私はただただ阿呆な訴えを繰り返すだけだった。
 身体が限界になっていた。
 庁内を出て、うちに戻った。
 XXさんが死んだ。
 〇〇〇さんがホームレスになった。
 帰宅してすぐに、共通の友人である男に電話をした。
 哀しみよりも不条理に襲われて、鬱になりそうだ。
0 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 00:09
    昨日電話をもらってから、呆然としています。まるで「現実感」のない話に戸惑うばかりです。X Xさんが亡くなったという話だけでも驚くのに、◯◯◯さんがホームレスに…。言葉を失うとはこのことです。不条理? そう、不条理そのものです。彼女は、大丈夫なんでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 00:28
    今日、一回の電話で繋がることが出来ただけで、私は一瞬、救われたような気がした。
    夕刻、家に戻ってぼくがどういう気持ちでいたのか、ふぬけさんには分かるはずだ。
    あいつが死んだ、あいつが死んだ、そして今回XXさんがあずかり知らぬところで死んでいた。
    俺は仲間だ、とずっと思ってきた。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 08:04
    衝撃を受けました。

    続けざまのショックで、心を病んでしまう。
    と言うか、そうなることで自分をなんとか防衛する。
    ということなのでしょうか。

    この人を助ける手立てを、日本の社会は用意していない…。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 11:19
    papapapapaさん、コメントありがとうございます。
    私は3つの点で衝撃を受けました。
    ひとつは言うまでもなく友人の死です。
    次に、彼女がホームレスになった、ということ。
    3番目は……、自分と友人夫妻の差は、一見まったく違うものの、紙一重ではないだろうかと。
    昨晩の午後10時頃、ラズリのおしっこをさせに外へ出ました。昼間と違って絶え間なく寒風が吹いていました。
    自分の非情さと無力さ。どうしたらいいのだろう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 11:59
    この件は、軽々に書き込めませんでした。とても大事な方が、亡くなっていた。そして、大事な方の奥さんがホームレスになっていた……。僕自身、紙一重だと思っています。いや、あと一押しでそうなる寸前です。
    恐ろしい話だし、自分の無力さを感じます。
    その一方で、こんな世の中、頑張って長生きすることもない……とも考えてしまいます。
    しかし……神様も、ずいぶんと残酷だと思います……。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 14:38
    > mixiユーザー 

    そうです。
    紙一重なんです。
    自分を助けることにも、人を助けることにも無力。
    そのことに震えてしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 16:01
    安達さん、papapapapaさん、今回のような日記を読ませてしまって、恐縮しています。本来、公開するような内容ではないことは承知しております。
    自分は今、身体に不安を覚えていることが将来不安に繋がっていて、昨日の一件を自分の側に引き寄せています。そして我田引水になりますが、これらのこと、破産やホームレス問題などは、北欧型福祉国家でもない限り、みんなが潜在的に共有している不安だと思ってます。
    今日、駅に行きました。彼女がどこかにいないか、ずっと目で追ってました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月22日 10:52
    ホームレスになったご婦人が心配です。無事、保護されたのならいいのですが……個人が保護するのにはどうしたって無理があります。そのための行政だと思いますし……。
    世の中が急速にまずい方向に進み始めていて……出版不況は本当に猛烈なしピードで悪化しています……生存が危ぶまれる実感があります。この調子が続けば……好転する材料がないので、悪化するしかないのですが、家賃が払えなくなったらぼくもホームレスです。本当に、他人事ではありません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する