mixiユーザー(id:6486105)

日記一覧

資本論と鎌倉、の巻
2021年01月16日19:53

 今朝、マルクスの『資本論』を本棚から引き出し、ぱらぱらページをめくった日本人が少なくとも5万人はいたのではないだろうか。朝日新聞の読書爛、定例コラムの「売れてる本」欄に『人新世の資本論』が取り上げられ、「資本主義を温存したままでは、どのよ

続きを読む

 西村大臣が記者会見で述べた「ランチタイムの外食や昼間の時間帯の不要不急の外出について、行動を見直してください」というヤフーのニュース記事を読んで、とっさに思ったことは”アホな学校ほど校則が多い”というウワサである。校則で行動指針を示されな

続きを読む

 昨日13日、午後3時過ぎにラズリと散歩に出掛け、銀行でお金を少々下ろし、街の中心街を半周するようなコースで途中、犬友の雑貨店に寄る。 特別給付金の話を振ると、「うちには入らない。でもおかしいと思うんだよね。1日の売上がたった1万円のスナックの

続きを読む

1月11日。 昨日から冷え込みがいっそう強まって、体調不良。 具体的には、まず歯茎が腫れてきて、食事をするのがつらい。熱はないもののぞくぞく感があって、鼻水が溜まっている。 しかし、1が3つ並んでいる見た目がナイスな日だ。午前11時、リハビリ病院

続きを読む

 かねてより菅は「五輪中止はあり得ない。と断言し、二階だか三階だか知らないが自民党の幹事長は「東京オリンピック・パラリンピックを開催して、スポーツ振興を図ることは国民の健康にもつながる。『開催しない』という考えを聞いてみたいくらいだ」(複数

続きを読む

 朝、珈琲を淹れて飲む前にトイレの便器をトイレ用洗剤をたっぷり含ませたブラシで磨く。掃除後、ブラシを洗って庭の隅に干した。 珈琲、朝刊、朝食は明太子スパゲッティ。 パソコンを起ち上げてメールチェックをしたら、楽天やアマゾンなどのDMに混じって

続きを読む

 夕刊を開いたら、社会面に「トランプ氏FBを無期限停止」という記事と、「島田荘司氏が語る 梅田さんは不正選挙だ」という記事の2本が載っていた。後者はテレビニュースで取り上げられていなかったので、興味深く読めた。 名探偵・御手洗潔シリーズで多く

続きを読む

 意外なほど美味しいものだな、カップ麺は。 スーパーの麺売り場でさんざん迷ったあげく選んだ日清の「麺職人(芳醇味噌)」は、結構口にあった。もう一個買っとけばよかったかな、と後悔するくらいの味だった。また買いに行けばいいだけの話だけど、これだ

続きを読む

成人式に寄せて
2021年01月06日20:09

 成人式について、各自治体で開催するかしないかの判断が分かれている。近年(?)は成人式に、美容院や貸衣装屋がからみ、イベント産業になっているようだが、いつから「一生に一度の記念日だから」という理屈が通るようになったのだろうか。 昨夜遅い時間

続きを読む

 昨日4日は原付バイクの初乗り。ブックオフで元日から4日まで本が20パーセント引きなので、大型店の大船へ。 鎌倉街道は大渋滞だった(行きも帰りも)。私のような市民の初乗りと、相変わらず多くの観光客。鎌倉に来るな、という思いがあるものの、山口ナン

続きを読む

 昨夜の23時、2020年に買って読んだ本の中から何冊か手に取ってチラ読みした。中で一冊、木内宏の『旅を慕いて』という紀行文に名を寄せてその実自分語りという随筆を1時間近く再読してしまった。昨年11月に読了した直後、木内宏という朝日の元新聞記者(経

続きを読む

慈悲の心
2021年01月02日19:26

 1月2日、快晴。 朝起きて、まず体温を計った。36度4分。体調も悪くない。 箱根駅伝を見ながら、ペペロンチーノの朝食。例年だと沿道に観客が多いが、今年は3分の1くらいに映った。青山学院が連覇するといいな、と思うのは、駅伝関係者で青山の監督以外は

続きを読む

冴えない年末年始
2021年01月01日16:12

あけましておめでとうございます。 30日の夜半から体調を崩した。 大晦日の朝、熱を計ったら37度5分で、ダイニングテーブルの隅っこに置いておいたメモ、それは年末年始にコロナ感染が疑われる症状が出た時の連絡先とかかりつけ医(病院だが)の電話番号な

続きを読む

ゴミを捨てる人、拾う人
2020年12月30日21:07

 小晦日の30日。今年も残すところあと1日となった。 今年は昨年届いた年賀状を元に絞って書いたのだが、出していないあの人この人が想い浮かんだので、朝、5通ほど新たに書いた。 原付に乗って郵便局へ行って投函。その勢いで隣町の大型スーパーに行く。 

続きを読む

年賀状を投函
2020年12月29日17:46

 午後4時前、年賀状を書き終えて、郵便局へ行って投函。喉のつかえが取れた、という爽やかな気分だ。表書きは手書き、パソコンで作成するものの3行4行くらい直筆で書き添えるので、結構しんどい作業だ。郵便局に行ったら入口脇に、年賀状は売り切れましたの

続きを読む

リニア新幹線を嗤う
2020年12月28日20:09

 自分は底意地が悪い、と思う。 先週末、テレビニュースで繰り返し、調布の住宅地で起こった道路の陥没、一軒家のひび割れを引き起こした東京外環道工事で、ネクスコ東日本が住民説明会を開いて責任を一定認め謝罪、と報じていた。地下40メートで車用のトン

続きを読む

25日金曜日。 ジャズピアニストのコンサートへ行った。 ピアノ1台でかような3色4色5色の音色がホールの客席に広がっていくのか、という驚き。ジュリアーノ音楽院首席という天才の生演奏を聴く歓びを知った。26日土曜日。 朝2時間半、午後から2時間半、車を

続きを読む

クリスマスイブの横浜
2020年12月24日23:47

 本日はクリスマスイブ。が、よりによって市民運動の会合が横浜駅近くであるので、午後3時に家を出る。会合は午後5時だが、その前に珈琲豆を買う、有隣堂に寄りたい。 珈琲豆の店は駅の西口から徒歩8分という微妙に離れている立地でだが、生豆を買って目の

続きを読む

 朝のワイドショーで、本日のてんびん座は12位(最下位)という運勢を目にしたので、地味な一日を送ることに決めた。占いは基本、信じないが、第三者による忠告と捉えてみれば役に立たないこともなかろう。 起きて珈琲を半分ほど飮んだら床を掃き掃除(もし

続きを読む

 国内の新型コロナ感染者数が20万人を超えた。 人口は1億2千6百5十万人だから、国民632人に1人の割合で陽性者が出たという計算になる。 東京都は1千3百99万人で5万2千万人、269人に1人の割合。 神奈川県は9百5万人で1万7千人、532人に1人。 大阪府は8百8

続きを読む

 木曜日、「戦争展」グループの代表者に、1869年蝦夷を北海道と改称し開拓使が置かれたという史実から、1945年9月2日、降伏文書に調印という敗戦までの近代史年表を添付して送った。戦争展で無料配布する資料だ。2時間後、メンバー全員にccメールをされたよ

続きを読む

転校生に質問攻め
2020年12月16日20:05

 午後3時、市役所の敷地の隅っこの隅っこにある粗末な建物に入った。主にNPO団体のミーティングなどで使用される2階建てで、外から見ると戦後すぐのバラックに見える。 10日ほど前、「九条の会」からメールが届き、12月16日午後3時から定例会合があるとのこ

続きを読む

 昨夜の午後11時、MacbookProでメールを起動したら、Gメールが認証せず、警告があった。慌てて仕事部屋のiMacを起ち上げてメールチェックするも、同じく受信できない。やむなくGoogleにアクセスして自分のアカウントを打ち込んだら、そんなアカウントはない

続きを読む

 11日金曜日、黄金トウガラシを収獲する。今年3回目。まだ青いトウガラシが50本ほど残っているので、年末ぎりぎりまで黄金色になるのを待って、摘みたい。物を作る、育てるというのが好きな性分だと思う。人間、何かを生み出してなんぼだという古い考えが心

続きを読む

心をなくした1日半
2020年12月10日19:54

 この時期、大多数の人は年末進行で忙しい。社員編集者の時代、11月中旬から12月20日あたりまで、正月休みを確保するために、ひたすら働いていた。苦にはならなかったが、ある種のプレッシャーは付き物だった。 昨日、ちょっとした「緊急事態」があって、本

続きを読む

 朝のルーティンを終え、今日もまず詩人のノートを解読、打ち込む。 20歳代に5年半住んだ山の中腹にある湖は、詩人が東京に越したのちも、ただただ心の拠り所であった。 今日の翻刻は、彼がその湖を9年ぶりに訪れ、感涙にむせぶの記録。一字一字、私はまる

続きを読む

ようやくひと息つけた
2020年12月07日20:08

 午前7時45分起床。 今日はクルマで陸運局に行って名義変更をする予定だ。未知の体験ゆえに心細い、 一昨日、YouTubeで「クルマの名義変更」と検索してみると、いくつもの「紹介動画」「実践動画」が出てきて、3本見てみた。いずれも12分程度なので40分近

続きを読む

 昨日は普段日記を書く時間に、今月末発売予定の電子書籍の説明文とキャッチコピーを書いていた。その電子書籍は400字換算で900枚というべらぼうな文章量で、これに費やした時間は80時間ほどか。ようやく紹介ネームを書くところまでこぎ着けた。 ささっと書

続きを読む

 今朝、玄関の靴箱上に置いていたアブラ蟬の抜け殻をつまみ、庭の隅に埋めた。むかしの日本語で蟬の抜け殻を空蟬と呼ぶ。7月だったと思う。たまたま家近くの細道で見つけて拾い上げ、じっと見ているうちに精巧な作りだと小さな感動を覚え

続きを読む

 冒険家の星野道夫は「僕らの人生というのはやはり限られた時間しかない」と言った。 大学の友人からは「”いつまでもあると思うな元気と時間”を肝に銘じている」というメールをもらった。 かたや尊敬すべき偉人で、もう片一方の男はただの俗人であるが、

続きを読む