mixiユーザー(id:6486105)

日記一覧

新米の季節を迎えた
2020年09月26日19:45

 朝、メールをチェックすると、秋田の米農家から今年初の案内が届いていた。 「新米の発送準備が整いました。新米の相場などわかりましたので、今年産米の価格案内をします。1)米価玄米相場に連動して価格決めています。ご時世で相場若干下がりました。発

続きを読む

突然の電話
2020年09月25日21:00

 今日はもうこの一件だけだな、 13辭40分(あらためて着信履歴を確認)、iPhoneに電話が掛かった。 ディスプレイが示す名前を見て、少しく戸惑い、感激し、安堵するという複雑な心境。2年以上ご無沙汰の老作家だ。確か一昨年、年賀状を出したはずなのに返

続きを読む

 昨夜水曜日の10時半、この秋初めて石油ファンヒーターをつけた。ソファーの上ではなく、ソファーを背もたれにする恰好で本を読んでいた。このまま座り込んでいたら湯冷めをしそうだ、という気温だった。夏が曖昧に溶けて秋の空気が滲むという感じだ。 本日

続きを読む

 9月19日から本日22日まで、世間では4連休=シルバーウィーク。テレビのニュースを見ていると、主要駅と空港はもとより各観光地も大賑わいで、西村とかいう大臣が「そろそろ観光してもいいコロナかな」などとジョークを飛ばしている映像が流れていた。新聞に

続きを読む

 つかねえな、と落ち込んだ3日前、ユニセフから今世紀最大の緊急支援を求める募金要請が届いた。 今日の夕方、なんとか気力を振り絞って郵便局に行く。 同封されていたレターには「あなたの3千円がマスクが215枚になります」と書かれてあったが、いつも通

続きを読む

ここ数日のことなど
2020年09月09日20:59

 そろそろ2カ月を迎える。まるで取り憑かれたように、詩人の原稿と向きあっていた。躍起になっていたなどと書くと生真面目に映るが、かなり違う。特別な才や教養が備わっていない身としては、詩人の字の癖を掴み、それを忘れず、むしろ積み重ねて固有の知識

続きを読む

 今日で1カ月半だ。約200ページの解読と打ち込みが終わった。ざっくりと予想したところ、15パーセント前後くらいか。ということは、あらためて一つ一つ見直しの作業もやるとしてちょうど1年で終わる、というシミュレーション。怠け者のくせに意外と進むもの

続きを読む

 朝7時、暑くて目が覚めた。昨夜寝たのは午前1時半だから睡眠時間は5時間半か。 午前9時から横浜トリエンナーレ特集の「日曜美術館」を観る。先月来、ちょっと気になっている大規模美術展だが、このコロナ下に行くまでもない、それより規模も知名度も劣る「

続きを読む

鎌倉歴史文化交流館
2020年08月28日19:46

 ああ、暑くてダメだ。 午後2時、サウナのようなパソコン部屋に耐えきれなくなって、どこかへ涼みに行きたくなる。でもどこへ行く? 図書館でもあるまい。 オープンしたての頃、一度訪ねてみたかった「鎌倉歴史文化交流館」を思い出し、HPで開館中である

続きを読む

 昨日、日記を書き終えたあとに夕刊を読む。 不定期連載(?)の考証「時代の栞」で、1993年刊の『恐るべきさぬきうどん』が取り上げられていた。香川県のソールフード・讃岐うどんが全国区となった嚆矢的存在だ。 ニフティーサーブはパソコンユーザーにあ

続きを読む

 出遅れた夏だけにここに来て猛烈な追い上げを見せている。午後2時までパソコンの前に陣取っていたのだが、やむなく撤退することに。知人に近況報告がてら長文のメールを書いてからパソコンの電源を落とした。 図書館から予約本入荷のメールが届いていた。

続きを読む

 昨夜24日の午後10時、NHKの特番「戦争童画集〜75年目のショートストーリー〜」を観る。冒頭、長澤まさみの迫真的な演技と語りに、心が突き動かされた。この女優の演技幅の広さ、ただ者じゃない。45分番組で3本の短編。長澤まさみの他、加藤謙一の芝居が小

続きを読む

思い込みと常識を疑え
2020年08月23日19:02

 昨日の日記で、『新字源』で校正ミスを見つけたと書いて、生涯初めての経験などとはしゃいでいたら、これがとんでもない間違いであることがわかった。 気性の激しい男 気象の激しい女 一般的には上の「気性」が使われる(はずだ)。 が、「気象」も正し

続きを読む

 昨日のことだ。 生まれて初めて、辞書で誤字を見つけた。それも漢和辞典としてはこれまでに最も売れ、世評の高い『新字源』である。私が持っているのは2011年12月刊の「改訂版四九版」なのだが、その950ページに問題の校正ミスがあった。 詩人の草稿を朝

続きを読む

 午前中は天気予報が警告するほどには暑くなかった。 ほぼ毎日、午前中に友人からスマホにメールが届く。がんの闘病に加え、腰痛が出たり、歯が駄目になっていったり、胃潰瘍になったりと困難に見舞われている。 昨日は「ぼくはもう疲れたなという感じです

続きを読む

友の自費出版物に感動す
2020年08月18日23:46

 昨日、大学時代の友人からブックレットタイプの自費出版物が届いた。 夜も更けた頃から読み始めて読了。 かつては自費出版本に対して、心のどこかに軽んじるところがあった。が、会社を辞める3年くらい前から、だんだんと軽薄さとショーバイを足して2で割

続きを読む

 昨日は敗戦記念日。 夜9時、NHKスペシャル「忘れられた戦後補償」を見る。本来この時間は毎週欠かさずJリーグ速報を視聴しているのだが、8月15日ゆえにやむを得ず、といったところだ。 冒頭で、「三国同盟を結んでいたドイツとイタリアが、軍人と民間人を

続きを読む

 昨日の日中はクーラーのないパソコン部屋で4時間弱。1時間に1回、1階に下りて水分補給をするもとうとう暑さに耐えられず、途中で手紙を書いた時点でギブ・アップ。自転車で郵便局へ行って手紙を投函し、84円切手の5枚シート(観光名所シリーズの宮古島)と6

続きを読む

詩とはなにか?
2020年08月12日17:40

 正午、友人から自家製野菜と父が勤めていた軍需会社の記録集などが入った小箱が届いた。彼の手紙をまず読み、昨年に優秀賞を取ったエッセイも読み、さらに分厚い記録集にも目を通した。こういう場合、後回しにしてしまうと、どんどんと当方の乗りが悪くなる

続きを読む

 変わり映えしない毎日。 朝イチで昨夜届いた年上の友人のメールに返信。メールは読んだらすぐに返す習慣なのだが、夜の11時を過ぎて硬質な返事を書くだけの気力がなかった。おまけに、広島・長崎の平和祈念式典に於ける安倍の、まるで寝言のような来賓挨拶

続きを読む

 昨夜は放りっぱなしになっていた中村文則の『去年の冬、きみと別れ』を読んだ。登場する人物、人物すべてが正常軸から外れた個性の持ち主で、久々に「純」文学の面白さを堪能。帯にはミステリーと謳っているのだが、幻冬舎の編集者と編集長の見識を疑う。 

続きを読む

「with コロナ」「with 盛夏」暮らし。 一昨日は本の返却日だったので自転車で図書館まで行った。3冊借りて2冊は読了、1冊は手も付けなかったので、今回は借りるのをやめる。が、リサイクル本のなかに『帝都の事件を歩く』(森まゆみx中島岳志、路上対談)

続きを読む

支離滅裂な一日
2020年08月05日23:15

 朝、トイレの照明スイッチを押して入ろうとしたら、電球が切れていた。 すぐに電球を付け替えようと納戸へ行ってこれまで使っていたのと同じ20ワットの電球を探すも、40ワットの電球と40ワット相当のLED電球しかなかった。やむなく40ワットの電球を付けて

続きを読む

 朝10時、近所の病院へ。1カ月半に1度のペースで胃潰瘍の予防薬と入眠剤を処方していただいている、 待合室にいる患者は私を含めてわずか3名だった。中規模の病院で、コロナ前は老人ホームのロビー状態だっただけに、これでは病院経営は成り立たないのでは

続きを読む

 記憶が薄れないうちにメモ。 昨夜の9時、NHKスペシャル「沖縄 出口なき戦場」を見た。沖縄戦について、これまで何十冊もの本を読んでいるので、格段、驚くような新事実はなかった(本来、真の「日本人」なら誰でも学んでおくべき歴史だ)。そして自身、戦

続きを読む

 昨日は朔日。この日、お寺では例大祭という行事がある。檀信徒ではないにもかかわらず参加して読経をする習慣があるのだが、昨日はお布施代を倹約するかと思って、始まって15分くらい経った頃を見計らってお堂に行った。登壇はせず、堂前でしばらく手を合わ

続きを読む

楽しきボランティア
2020年08月01日00:22

 午後イチ(家を出たのは1時ちょうど)、横浜に向かうべく横須賀線に乗る。この時間だと乗客全員が座れる程度の混み方なのだが、3密を避けるためなのだろう、ドアのそばに立っているひともいた。周囲に気を遣う、気をつけるというマナーが向上したことが新型

続きを読む

 今しがた、夕方のテレビニュースでコイケ都知事の緊急会見をしばらくの間、見ていた。 メモ書きは台に用意しているものの、プロンプターはなかった。よく淀みなくぺらぺらと喋られるもんだ。アベより2歳年上なのに頭は耄碌していない。さすが数々の歴戦を

続きを読む

 一昨日の夜11時、タブレットで『娚の一生』を観る。今回で観るのは3回目。疲弊した神経にビタミン補給したいと感じたら、お気に入りの映画や音楽に立ち戻るのがいい。『娚の一生』は、中高年男性にあって見果てぬロマンを疑似体験させてくれる「精力剤的ポ

続きを読む

嗚咽される
2020年07月28日20:15

 昼イチ、友人から暑中見舞いが届く。 ソッコーで返事を書き(手書き)、自転車に乗って(ついでにドーナツでも買うか)などと思いながら郵便局へ。スーパーに寄ってドーナツを買う。 うちに戻って資料を解読しながら打ち込み再開。中勘助に宛てた手紙の下

続きを読む