ホーム > mixiユーザー(id:64827875) > mixiユーザーの日記一覧 > 裏銀座縦走紀−6

mixiユーザー(id:64827875)

2019年10月14日10:03

19 view

裏銀座縦走紀−6

2013年8月16日

11:30 水晶小屋発

鷲羽岳に向かって歩き出したが、ここで事件発生
なぜかワリモ北分岐からルートを間違える
気が付いたのは岩苔乗越、100mぐらい(?)下っていた

そこらへんのおばさま方は
「若いから大丈夫よ。オホホホホ…」
とおっしゃるが、こちらからすれば
「また登んのかよ。トホホホホ…」
である。気を取り直して元のルートに戻る。

昨日の予報では、今日の天気はイマイチらしいことを言っていたが、今のところは晴天。
なんとか持ちそうだ。
休み休みながらも案外楽に登り切り、鷲羽岳登頂は13:30。

展望は素晴らしい。
特に鷲羽岳山頂から、鷲羽池と槍ヶ岳のセットを写真に収めるのが
今回の山旅最大の目的でもあったことから、まさに感無量である。
それにしても槍ヶ岳はまだ遠い。
心のどこかで今日中に双六山荘まで行けたら、
明日家に帰れるかなぁ?なんて考えたりもする。
ルートの間違えがあったことを考えれば、
鷲羽岳への登りは上出来であった。
しかしここからの下りが結構凶悪
特に山頂直下の下りで、足の爪を傷めることとなった
なんと三俣山荘まで1時間半もかかってしまった

15:00 三俣山荘着

この時点で双六山荘行きはアキラメ
山をナメた報いか?
水晶小屋はカワイイ造りであったが、ここはなかなか立派
それでも今日は2つの布団を3人で寝る計画らしい
(↑最後結局1人1枚にはなったが)

ザックを置いて気が付くが、体があちこちボロボロ
足は爪が痛い。膝やふくらはぎは大丈夫
恐る恐る靴下を脱ぐと、少し赤くなっているが、よく分からん
あとは肩がメチャクチャ痛い
しばらくボー然とする

晩御飯は鹿のシチューがおいしかった
体力の消耗で当然に消化器系も消耗しているわけで、
温かい汁物はこの上なく助かる
この日、寝床では、、、何してたか憶えてないくらいすぐに寝入ってしまった。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の日記

もっと見る