ホーム > mixiユーザー(id:64730364) > mixiユーザーの日記一覧 > あの事件3

mixiユーザー(id:64730364)

2020年03月20日20:31

108 view

あの事件3

あの事件が起こり、障がい者福祉に従事しようと思う人が少なくなったかもしれない。

ちょっと前、介護福祉士の専門学校の先生と話す機会があったが、介護福祉士取得した学生が障がい者施設に就職することは皆無だと言う。
長期の実習も皆無だ。

今の若い職員の仕事への熱を見てみると私がこの世界に入った時よりも冷めていると思う。

日々、発達障害者への支援が適切でないとも感じる。
利用者が混乱している。
適切な支援ができていないことで利用者がだんだんと崩れていくようにも感じる。

障がいによっては最初の支援が大切。
そこができていないと取り返すことが困難なこともある。

人が集まってこない中で、でも、人がいないと回らない職場。

採用レベルを落とさないと確保できない福祉現場。

採用した時点で福祉がわからない人たち。
虐待が認められた現場。
施設勤務を基礎とすることで誤った道へと導いた現場。

この人たち、現場で、どのように再発防止をし、、人材育成していくのか、今、問われている。

この法人だけでなく、この業界全体で。
0 19

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月20日 21:27
    コミュニティからお邪魔しました。
    これは難しい問題ですよね…
    私がボランティアで障害者施設に行った時、重度知的障害の成人男性にものすごい力で抱きつかれ、職員さん数人がかりで引き剥がしてもらいました。彼なりの愛情表現だとしてもこちらは恐怖でしかないです。重度知的障害者は会話ができないので訳もわからず癇癪を起こし、職員さんに怪我をさせることもあります。
    重度ではない知的障害や他の発達障害などなら成人でも成長や改善できますが、施設に入りっぱなしになるような重度知的障害者も成長できるような方法はあるのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月20日 23:08
    > mixiユーザー 

    初コメントですね。
    しかも長文に渡るコメント、とてもうれしく思います。
    日記以外のことで私の答えでよろしければ、メッセージください。

    障害者施設に従事する一職員としての考えを伝えます。
    介護福祉士などの実習で障がい者施設に来られた方はみな驚きます。
    言葉のない利用者が何を考えているかわからなかったり、予想もしない行動をするからです。
    突然、頭を叩き始めたり、声なき声を出す方もいるからです。
    ただ、その行動には何か要因があると思います。

    サヤさんは重度知的障害の成人男性に抱きつかれたことがあるのですね。
    確かに恐怖でしかありませんよね。わかります。
    先ほど同様、その行動には意味があると思います。
    推測ではありますが、サヤへの好意が合ったものと思います。
    その方はどのように好意を表現していいかわからず、抱きついてしまっただと思います。
    重度の知的障害ではあれば力加減が出来ない方も多いです。
    その自傷行為では怪我をしてしまったり、腫れたり、赤くなったり出血することもあるかと思います。
    手加減ができないんですよねえ。

    会話ができないのは本当にネックですね。
    会話でなくても何らかの方法で伝えることができれば、ほんとありがたく、支援ができるのにと思います。
    怪我ということでは私も叩かれ、打撲をしたり、抓られたり、噛まれたりしたこともあります。
    ほんと体を張っての仕事です。

    コミュニケーションについては会話が全てではなく、ボディランゲージ、写真、絵、文字を使用することもあります。
    視覚的アプローチです。
    自閉症スペクトラムにはとても有効な手段です。

    福祉に携わりたい、勉強された方の中で障害者支援を選択しなかった方の多くはコミュニケーションを難しいと考える方が多いのではないかと思っています。

    長くなってしまったので一旦、ここでコメントを打ち込みます。
    質問の返答は改めてコメントさせてください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月20日 23:17
    > mixiユーザー 

    【施設に入りっぱなしになるような重度知的障害者も成長できるような方法はあるのでしょうか? 】

    ということですが、個人の考えとしては年齢と障害、障害特性によるため、一概に判断できないと思います。
    私はどちらかのいうと若い人たちではなく、高齢、高齢になりつつある方を支援しています。

    サヤさんにとって成長とは何でしょうか?
    そのことが私とサヤさんで一致していないと応えも変わってきます。

    例えば、力強く抱きしめていた利用者が手加減をして抱きしめることができたり、抱きしめる行為が握手に代わったら成長でしょうか?
    色を塗れない方がクレヨンを持って塗ることができたら、その色が適切でもなくても成長でしょうか?
    手づかみで食べていた利用者がスプーンを活用して食べることができたら成長でしょうか?

    サヤさんが考える成長とは?
    どんなことができたら成長なのか?
    考えられる中で教えてもらえたらありがたいです。

    またのコメントを待っています。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月21日 09:06
    > mixiユーザー 
    ご返信ありがとうございます。
    あすなろさんは大変なお仕事を頑張ってらっしゃるんですね。
    彼が好意を持ってくれたのも、表現方法や力加減がわからなかったのも、わかってはいるのです。
    私の息子は発達障害児なので、幼少期はパニックや癇癪で苦労しました。本当に辛い時期でしたが、今は論理的な話し合いが出来るようになり怒りもすぐに解消できるようになったようでホッとしています。

    そうですね、あすなろさんが仰ることも成長ですね。以前できなかったことが多少なりともできるようになれば、それは成長だと思います。
    「人に暴力を振るってはいけない」ということも、理解し実行できるようになるのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月21日 23:16
    > mixiユーザー 

    まだまだ情報不足なところはありますが・・・
    サヤさんのお子さんはパニックや癇癪を起こすことがあったんですね。
    それが論理的な話ができるようになったのば【成長】だと思います。
    怒りも解消できるようになったと。

    「人に暴力を振るってはいけない」ということも、理解し実行できるようになるのでしょうかとの質問ですが・・・

    私はできるようになると思っています。
    サヤさんのお子さんの障害が何か、また今、何才か、知的レベルがどれくらいかわからない中での返答になりますが、
    【なぜ、暴力を振るってはいけないのか。】ということを理解することは簡単ではないと思います。

    暴力を振う⇒相手は痛い⇒悲しい

    真ん中にある「痛い。」という感情を理解することは難しいのかもしれません。
    それでも悲しいということがわかれば、それは振ってはいけないということにつながるのかもしれません。
    言葉での説明よりもサヤさんが悲しい表情をしたり、悲しい表情をした絵や写真を用いるほうが理解しやすいのかもしれません。
    暴力を奮う絵と悲しい絵が一致するといいですね。

    それとパニック、癇癪、暴力を奮うなどの行動には表面化されていない裏の気持ちが隠れているように思います。
    サヤさんにはそれが何か理解されているのでしょうか?

    それを理解し、そうしないための予防をすることが大切だと私は思います。
    また、暴力を奮わざる得ない時、暴力を奮うのではなく、どうしたらいいのか、それに代わる行動を教える必要があるかと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月22日 00:22
    > mixiユーザー 
    私の説明不足で誤解させてしまい申し訳ありません。
    うちの息子は今10歳で自閉症スペクトラムとADHDですが知的障害はないし、暴力はもともと振るいませんよ。
    息子がパニック(泣きすぎて過呼吸、痙攣)や癇癪(ひたすら「酷い」と泣いて訴える、叫ぶ)を起こした時、息子なりの原因は私もわかっているのでフォローをしてきました。
    今は多少文句を言ってきても、息子と立場を入れ替えて説明したりすればすんなり納得してくれます。

    私は「人に暴力を振るってはいけない」を重度知的障害の成人男性が理解できるようになるのかが知りたかったのです。
    可能なんでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月23日 00:15
    > mixiユーザー 

    文章でのやりとりの難しさを実感します。

    質問への返答ですが、重度知的障がいの成人には理解できるようになるのは難しいものと考えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月23日 00:18
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。
    何が彼を変えたのか、その答えはなかなか出ないですね。
    施設経験なのか?もともと持っている考えなのか?成育歴なのか?・・・
    私も人材不足によりレベルを落としても採用しないといけない事情を察しています。

    最後に書かれていた「資格とかそういう意味で」とはどういうことでしょうか?
    もう少し、考えを知りたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月23日 01:12
    > mixiユーザー 

    無資格でも雇わざるを得ないということですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月23日 07:00
    > mixiユーザー 
    文章だと表情や雰囲気がわかりませんものね。

    ご回答ありがとうございます。
    やはりそうですか…
    だから犯人は「理想と現実の違い」を目の当たりにして、考えを変えてしまったんでしょうね。
    ただ、重度知的障害者とはそういうものだとあらかじめわかっていたらますます人手が足りなくなるから、騙し討ちのようになるのは致し方ないのではないでしょうか。
    とはいえ、他人を殺していいということにはならないので、辞めて近寄らずにいるべきだったと私は思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月23日 23:27
    私の子供も重度知的障がいと自閉です。仕事もそうですが、この事件は本当に悲しいです。
    仕事してて「利用する側の親と、支援する側」になり、色々ベストは尽くしたいと感じながら過ごしています。
    人手が足りないのは福祉全体で言える事ですね。資格あっても歩み寄れない、理解しようとしない人、資格なくても歩み寄って行動した意味を考えての対応をする人、色々な方がいますね。
    日々、現状に慣れずに自分自身が向上して、利用される方が今よりも過ごしやすい生活になればと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月24日 22:55
    > mixiユーザー 

    他人を殺してはいけないということには共感をします。
    辞めて近寄らずにいるべきだったと思っているとのことですが、被告からすると世の中には要らない存在だと認識を今でもしているため、近寄らないという選択肢はなかったんだと思います。
    ほんとはサヤさんのように近寄らないでほしかったと私も思いますが・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月24日 22:58
    > mixiユーザー 

    「重度知的障害者とはそういうものだとあらかじめわかっていたら、ますます人手が足りなくなる」とどうして思うのでしょうか?
    だまし討ちとはどういうことでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月24日 23:04
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。
    「利用する側の親と、支援する側」の両方の立場を知っているということは大変な強みだと思う反面、反対側の考えもわかることでとても苦労されることもあるかと思います。
    家族の立場として、こうしてほしいんだけど、なかなか施設側の人間としては言えないということもあるのでしょうね。
    家族だけの立場なら、利用者本人のためにもっと言いたいことを言えるのでしょうね。

    資格があってもやる気のない職員と資格がなくてもやる気も知識もある職員ではどちらが有望なのか?
    それはわかるかと思います。
    せっかく資格を持っているのであれば、ほんと知識と技術を活かしてがんばってほしいと願っています。

    【日々、現状に慣れずに自分自身が向上して、利用される方が今よりも過ごしやすい生活になればと思っています】という言葉には私も大変共感します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月24日 23:35
    > mixiユーザー 
    「世の中にいらない」なんて、個人が決めて良いことではないですよね。

    重度障害者が「人を傷つけてはいけないということが理解できない」のは、そこに勤めるのはわざわざ痛い思いをしにいくようなものです。リスク回避型の人には恐怖ではないでしょうか。
    だからあえて「重度障害者は理解できない」ということを伝えずに採用しなければならない実態があると思います。
    「重度障害者は何もできない」と思って使命感や正義感で入った人の中には、騙されたような気分になる人もいると思いますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月25日 23:33
    > mixiユーザー 

    私の考えを述べていきます。
    私が支援をする障がいを持つ方の中には「人を傷つけてはいけないということが理解できない」方もいます。
    しかしながら、私はその方々に対して恐怖心を持っていません。
    そして、障害者支援をする支援者はわざわざ痛い想いをしたいと考えている人はいません。それはわかるかと思います。
    なぜ、障がい者が人を傷つける場面を作ることが前提として話を進めているのでしょうか?
    それが私には理解できません。
    リスク回避は私たちの大事な支援です。
    もし、傷つけるという行為に恐怖を感じるのであれば、その前に対応するべきことを検討する必要があります。
    それをしないから恐怖を感じるのです。
    私たちの仕事は障がい者から叩かれたり、抓られたりすることではありません。
    そうならないように支援をし、障がい者が安心して生活できる場を作ることと思います。

    もし、サヤさんが考えるように【「重度障害者は理解できない」ということを伝えずに採用】するのであればそれは間違っていることです。
    私自身、そんな実態はない、もし、そんな実態があるとしたら、それは改善しないといけないと思います。
    そんな嘘をつく、それこそ問題であり、そんな施設があるとしたら、その方は障害を何も理解していないんだと思います。

    【「重度障害者は何もできない」と思って使命感や正義感で入った】方はいるかとは思います。それは障がい者と関わったことがないからです。
    もし、その後、騙されたと感じたとしたら、私は仕事を辞めるべきです。
    そんな先入観で障害者と接し、騙されたとしたら、今後も障害者を恨むことになるでしょう。

    何もできないと思っていたけれど、接するうちにできることがあった。それを喜びと感じられない人にはこの仕事を無理です。

    本当にサヤさんが言うような施設があるとしたら、教えてください。
    それこそ、私自身、その現場を見て見たいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月26日 18:24
    > mixiユーザー 

    あすなろさんは強いですね。
    入居者がパニックを起こさないように職員が先回りすれば暴力は振るわれない ということでしょうか?

    あすなろさんの施設では、ちゃんと説明してから採用しているのですね。
    私が行った施設は、私が短期のボランティアだから(隠そうという意図はなく).説明し忘れただけなのかもしれません。

    そうですね、重度知的障害者と関わる機会はそれまでなかったので、被害に遭ってますますビックリしてトラウマになってしまったのだと思います。
    私が今住んでいる場所は近所に支援施設があり、作業所のパンを買ったり、道で話しかけてくる知的障害の方には普通に対応できるのですが、スーパーや公園で見かける「唸りながら突進してくる人達」は正直まだ怖いです。でも、怖がって泣く我が子には「ああやって唸ってるのは流れてる童謡に合わせて歌ってるつもりで、グルグル回ったりしてるのは踊っているつもりなんだよ。あなたが遊んで楽しんでいるように、あの人も遊んでいるだけだから怖くないよ。」と説明しました。

    本当に、恐怖を感じず喜びを感じられるあすなろさんのような方にしか続けられないお仕事ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月27日 00:43
    > mixiユーザー 

    色々と理解していただきありがとうございます。
    絶対に暴力を振るわないということはありません。
    サヤさんはイライラすることはありませんか?
    暑い時、何かで緊張した時、過度にストレスが掛かったりするとき、イライラすることがあるかと思います。
    利用者も同様です。
    どんなイライラしない環境を作ったとしても、自然現象など、どうしようもないことがあります。
    それは防げません。

    障がい者と初めて接するとき、びっくりすることはあるかと思います。
    もし、ボランティアで関わるとするのなら、職員がボランティアを守ったり説明するべきです。
    ただ、どこまで説明するかは職員や施設により異なります。

    障害のことを知らない人にとって、「唸りながら突進してくる人達」はかなりの恐怖があるかと思います。
    なかなか障害を説明する機会はありませんが、もし、機会があるときには障害のことを説明するのも私たちの役割です。
    障害を住民や学生に理解することは私の施設では計画に入っています。
    ぐるぐる回るのも彼らにとってはとても必要な意味のある行動であることは間違いありません。

    最後に私は強くないことを伝えておきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月27日 07:09
    > mixiユーザー 

    なるほど…. 確かに、どんなに環境を整えてもイライラすることはありますね。ご説明ありがとうございます。

    どこまで説明するかは職員や施設による、本当にそうですね。これはどの業種でも同じだと思います。

    そうですね、彼らにとっては意味がある行動だとは私もわかっています。理解してくれる人が増えたらいいですね。

    そうなんですか。
    私に根気強くレスを返してくださったり、利用者を守ろうとする姿勢から、とても強く見えました。
    あすなろさんも無理しすぎないよう、ご自愛くださいね。

    この度はやり取りしていただきありがとうございました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年03月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031