mixiユーザー(id:644479)

2021年01月25日11:37

80 view

TV局の「業績悪化」で「大御所タレント」がリストラ候補♬

日テレ「業績悪化」でリストラ候補に挙がる「大御所タレント」の名前
タレント業界の「緊急事態」
2021.01.25

億単位の制作費の削減

日テレが大規模な「人員整理」に取り組もうとしている。対象は局員ではない。タレントだ。

「コロナ禍でCM出稿が激減したことが大きな原因です。昨年9月期の中間決算において、日テレは売上高が前年同期比16・8%減の1744億円、純損益が56億円の赤字に転落しました。

事態を重く受け止めた上層部は、昨年10月、GP帯(19時〜23時)および帯の情報番組の年間製作費をそれぞれ1億〜2億円削減するように現場に通達したのです」(全国紙経済部デスク)

そこで、高額な出演料を貰うタレントたちがコストカットの対象になったわけだ。

すでに事態は動き出している。3月いっぱいで、『真相報道バンキシャ!』の司会を務めていた福澤朗(57歳)と『スッキリ』でサブ司会を務めていた芸人の近藤春菜(37歳)が降板する。

「福澤には一本あたり約100万円のギャラが支払われていたので、降板すれば年間約5000万円も浮く計算になります。

後任に就任するのは桝太一アナ(39歳)ですが、局員なので人件費はまったくかからない。局アナでも視聴率が稼げるとわかれば、今後、情報番組に芸能人は起用されにくくなるでしょう」(日テレ関係者)

福澤や近藤だけではない。GP帯で放送されているバラエティ番組には、日テレが次の標的としている「大御所タレント」が2人いるという。

「『世界一受けたい授業』の堺正章(74歳)と、『世界まる見え!テレビ特捜部』のビートたけし(73歳)です。どちらも毎週レギュラー出演していて、堺は一本約200万円、たけしは一本約400万円と出演料が破格です。

製作費の削減ができなければ、番組が打ち切られる可能性は非常に高い。いま、水面下では事務所と必死のギャラ交渉が行われています」(同)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/79502
サラリーマンのリストラを他人事みたいに解説していた方々にも、リストラの肩叩きがようやくやって来ました♬
そして、都市銀行の統廃合を他人事のように解説していたTV局も、間も無く統廃合となるでしょうw

報道番組に芸能人を出して、視聴率稼ぐ時代は終わりです。
ネットで検索すれば、情報が溢れています。
素人(芸能人)の解説なんて何が面白いんだよ^^;
4 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月25日 11:57
    「嫌なら見るな」とビートたけしも言ってましたから、見なくなった結果も受け入れる事でしょう(^^;;;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月25日 12:19
    > mixiユーザー 孫と遊ぶ時間が増えてむしろ喜ぶかもw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月25日 16:32
    10年は前からテレビ業界のリストラで放送作家などがうちの業界にも流れてきています。芸能人もミュージシャンも殆どテレビではお金にならず、これからも益々地上波テレビ業界は低コスト化が進み存在意義が薄くなるでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月25日 22:46
    > mixiユーザー ネット配信が主流になるでしょう。
    有名人もネットで料理作ってますw

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31