mixiユーザー(id:644479)

2020年10月30日11:33

19 view

中共は殻に閉じこもる^^;

中国、2035年「先進国並みに」 米覇権の揺らぎ示唆
2020/10/29 21:40 (2020/10/30 5:20更新)

【北京=川手伊織】中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)は29日に閉幕した。2021〜25年の「第14次5カ年計画」の骨格などを固めた。35年に「1人当たり国内総生産(GDP)を中等先進国並みにする」との目標を掲げた。対米摩擦の長期化に備え、消費など内需を拡大し自力での安定成長をめざすが、道のりは険しい。

会議は26日から北京市内で開いた。中国は5カ年計画で中期の経済運営方針を示す。今回は35年までの長期目標もまとめ、国営新華社が29日コミュニケを公表した。

中国の1人当たりGDPは19年に1万ドル(約100万円)を超えた。中等先進国は3万ドル前後のイタリアやスペインが念頭にあるとされる。4億人とされる中間所得層も「目に見えて拡大する」とした。米国のハイテク封鎖を念頭に「コア技術で重大なブレークスルーを実現」とも表明した。

長期目標の実現に向けて、新たな5カ年計画は「2つの循環」を柱に据えた。貿易を軸とする「外」と、消費を柱とする「内」の2つの経済循環で成長を実現する考えだが、重点は「内」にある。新計画も「国内の大循環が主体」と明記した。

小平氏の改革開放の重点は「外」にあった。外資を取り込み「世界の工場」として輸出主導で高速成長した。改革開放の前提は安定した米中関係だったが、貿易戦争や覇権争いで見直しを迫られた。「2つの循環」は改革開放からの大きな路線転換といえる。

コミュニケは「国際的なパワーバランスは深刻な調整がある」とし、いまの米覇権の揺らぎも示唆した。「機会と試練に新たな変化がある」と指摘し、国際秩序が流動化しても自力で安定成長できる経済をめざす。

まず内需の拡大を急ぐ。計画は「消費を全面的に促進し、投資の余地を切り開く」とした。中国の個人消費はGDPに占める比率が39%と5〜7割の日米独を下回り、伸ばす余地が大きい。次期計画は「質の高い成長を推進する」と記した。21〜25年の経済成長は年5%台をめざす案がある。

供給面では「科学技術を自力で強化する」とうたい、先端技術の内製化を進める。米国の禁輸も意識し「サプライチェーン(供給網)の水準を明らかに高める」とした。

中国の生産年齢人口は13年をピークに減り、19年の出生数は58年ぶりの低水準だ。5中全会で産児制限の緩和観測もあったが、具体策は見送った。少子高齢化が深刻さを増せば、構想とは逆に内需は縮小しかねない。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65619960Z21C20A0MM8000/
>対米摩擦の長期化に備え、消費など内需を拡大し自力での安定成長をめざす

中共の国内総生産(GDP)に占める個人消費の割合は、日本や米国に比べて低く、成長の余地があります。

しかし、貧富の格差が天文学的に開き、ジニ係数が0.62という体質です。
0,5を超えたら革命が起こると言われてます。
農村では1ヶ月2万円以下で暮らしている人々が数億人いるのです。
貧困に喘いでいる少数民族の弾圧は絶対止めないでしょう^^;

反習近平派が巻き返して、大きな人事異変が起きるかとも思いましたが、無風状態でした。
どうやら、習近平の終身皇帝は決定的です^^;

習近平氏、長期政権へ着々 党幹部人事なく5中全会閉幕
2020/10/29 21:43
【北京=羽田野主】29日に閉幕した中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)では党指導部の人事はなかった。党トップの習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)が後継者を決めず、2022年の党大会以降も続投して3期目を務める意思の表れとの受け止めが広がる。(以下略)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65617450Z21C20A0FF1000/

>「2つの循環」は改革開放からの大きな路線転換といえる。

米国と正面からぶつかる事はやめたみたいです。
賢明ですが、沿岸部の生活水準が上がり、食料が慢性的に不足している今の中共では、食料を輸入するための外貨が必要です。

米国の矛先を交わしながらの外交政策は、名人芸を必要とします。
習近平のアキレス腱になりそうですw

さらに、2027年の建軍百周年までに人民解放軍を「完全に近代化」達成することを目標にしている習近平です。

軍が周辺国と勝手に交戦しないか心配です。

中国の軍隊はどこまで強くなるのか
習近平主席の強気の背景にある人民解放軍改革
2020.10.28(水)
渡部 悦和
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62679

習近平は金正恩以上に危険な独裁者となりそうです。
中共包囲網を強固にしないと食い破ってきます。
正にフランケンシュタイン^^;
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年10月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031