ホーム > mixiユーザー(id:644479) > mixiユーザーの日記一覧 > ソフトバンクがウィーワークに95億ドル支援

mixiユーザー(id:644479)

2019年10月23日13:50

8 view

ソフトバンクがウィーワークに95億ドル支援

ソフトバンクG、WeWorkに95億ドル支援発表
2019/10/23 11:42

ニューヨーク=大島有美子】ソフトバンクグループと経営難に陥っている米シェアオフィス大手ウィーワークを運営するウィーカンパニーは22日、ソフトバンクグループのもとで経営再建を進めると発表した。ソフトバンクグループがウィー株の過半数を握るほか、ウィー創業者のアダム・ニューマン氏は取締役から退く。ソフトバンクグループは総額で95億ドル(約1兆300億円)の資金を投じる。

金融支援では既に約束している15億ドル分の新株引受権を行使してウィーの株を買い取るほか、最大30億ドル分を既存株主から買い取る。合計でソフトバンクグループは45億ドル分の株式を購入することになる。このほか、協調融資(シンジケートローン)や社債発行で50億ドル分を新たに支援する。ただ、議決権ベースでは過半数にはならない見通しで子会社化はしない。

ニューマン氏は9月にウィーの最高経営責任者(CEO)を退き、会長職についていた。ニューマン氏はウィーの取締役から退き、経営から外れる。会長にはソフトバンクグループ幹部で、子会社の米通信大手スプリント会長を務めるマルセロ・クラウレ氏が就く。

ウィーの6月末時点の現金は25億ドルで、赤字が続いていることから資金繰りに対する懸念が強まっていた。ウィーの支援を巡っては米銀大手のJPモルガン・チェースが社債発行を軸とした50億ドル規模の支援策を提案しており、ウィーがどちらの支援策を選ぶかが市場の注目を集めていた。

米投資銀行ウェストウッド・キャピタルのマネージングパートナー、ダン・アルパート氏はソフトバンクグループが経営を主導することによって、「積極的に不動産の負債を整理し、再建に向けて最適化していくだろう」と評価する。一方で、投資を通じて「夢や展望を前面に出してきた孫正義氏にとっては、再建は未知の領域だ」と指摘する。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51282580T21C19A0MM0000/
ウィーワークが潰れたらソフトバンクも終了です。
何がなんでも立て直そうとする根性だけは認めますが、1日に3000万円の赤字を垂れ流している企業の立て直しなんて無謀な気がします^^;

今後米国の景気が上向くなら、不動産価格も上向いて、不良債権化している物件の処理も楽になるでしょう。
トランプが大統領選を前に大型倒産を許すとは思えませんから、孫正義は米政府の経済政策に期待しているのかも知れません。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031