ホーム > mixiユーザー(id:644479) > mixiユーザーの日記一覧 > 反政府デモに揺れるレバノン

mixiユーザー(id:644479)

2019年10月22日13:18

9 view

反政府デモに揺れるレバノン

デモに揺れるレバノン政府、経済再生計画を緊急発表
2019年10月22日 10:48

【10月22日 AFP】先週始まった反政府デモに揺れるレバノンで21日、サード・ハリリ(Saad Hariri)首相がテレビ演説を行い、政府が承認した経済再生計画を発表した。

 再生計画は2020年の予算案と大幅な改革を含むもので、1週間前には予想もできなかった内容。だが、デモは世襲のエリート層が支配する政界全体の刷新を求めて拡大しており、土壇場の改革案に強い不信感を示している。

 ハリリ首相は、国営企業の民営化や増税の撤回、閣僚給与と議員報酬の半減を決めたことなど、計画の詳細を説明。さらに、政府は今後3週間で、昨年決まった110億ドル(約1兆2000億円)の国際援助を財源とするインフラ事業の第1弾を承認すると述べた。

 だが、自身も元首相を父に持つハリリ首相は、「この決定は交換条件として立案されたものではない。これによって怒りを示すことをやめるよう求めるわけではない。皆さんが判断すべきことだ」と発言。計画が国民の変革への欲求を満たせないことを自覚している様子を見せた。首相はまた、デモの主な要求事項である早期の選挙実施を支持した。

 一方、デモ参加者の間では、発表された再生計画によって腐敗したエリート層が職にしがみつこうとしているとの受け止め方が多く、21日現在、抗議が収束する気配はほとんど見られない。

 デモは17日に始まって以降、政治姿勢や宗派を超えた大衆運動へと発展し、数万人が参加。レバノンでは、30年前に終結した内戦の軍閥指導者が依然として権力層の大勢を占めており、デモの参加者らはそうした派閥的な体制の全面的な刷新を求めている。

 デモの規模の大きさに比べ、付随する事件はこれまで5日間で著しく少ない。街頭では、ボランティアがまとまって清掃に当たっているほか、参加者に水を配ったり、応急救護のためのテントを設営したりしている。(c)AFP/Layal Abou Rahal and Joe Dyke
https://www.afpbb.com/articles/-/3250682
レバノンは実質経済成長率がマイナス5%を記録して、不況が続いています。
中東経済全体が原油価格の低迷で落ち込んでおり、観光業や食品加工業、金融業で成り立っているレバノンは不況の影響をモロに受けます^^;

原油価格が上がらない限り、デモや内戦は収まらないでしょう。
先立つものは金ですw
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031