ホーム > mixiユーザー(id:64329543) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:64329543)

日記一覧

 固有名詞は確定記述(definite description)によって表現されるようなものか、それとも端的に対象を指示するのか。このような問題が20世紀の後半に言語哲学的な問題として盛んに議論された。同じ頃、生物種は実在的なものか否かが問題になっていた。それら

続きを読む

 このところ街中のサザンカが赤い花をつけ始めた。たき火など見ることができなくなった昨今だが、サザンカはあちこちで花をつけている。ツバキの花はまだでも、カンツバキ(寒椿、ツバキとサザンカの交雑種)は花をつけ出している。 タイワンツバキ(Gordon

続きを読む

 「誰が好きですか」という問いについて、それはどんな問いかなどと誰も改めて問いません。疑問の余地のない問いとして通用しています。「Aさんが好き」と答え、「Aさんの何が、どこが好き」と問い返されても淀むことなく答えることができます。「Aさんの律

続きを読む

エリカホワイトデライト
2018年11月29日05:52

 透明感のある淡いピンクの色づきが素敵なエリカホワイトデライト。なぜこんな細長くて透明な花の姿になったのか不思議である。きっと何かに適応しての進化の結果なのだろうが、その理由はわからず、花の多様な容姿にただ驚き、愛でるしかない。 「エリカ」

続きを読む

クオリアと物自体
2018年11月28日04:38

 ヘレン・ケラーは全盲全聾でありながら、言葉の獲得を通じて、人間として見事に生き抜くことができた。ほぼ 動物だったヘレンを人間にしたのがサリバン女史だった。人類が言葉を獲得することによって進化の歴史の中で勝者になれたように、ヘレンも言葉を知

続きを読む

イロハモミジ
2018年11月28日04:08

 子供の頃の田舎の秋はモミジ、その後の東京の秋はイチョウ、それが今でも私の秋の風景の肝心の材料である。今年は台風のためか、例年と比べ、紅葉の色が今一つ冴えない。それでもイチョウと共に、東京のイロハモミジは今が見頃である。 イロハモミジ(いろ

続きを読む

 彼岸でも此岸でも「仮象(Schein)」とは架空のもの、フィクション、創作されたもののことです。偽物であって実在しなくても、美術作品、文学作品の中の仮象は有意味で、必要なものだと思われています。プラトンは「イデア」こそが真の実在で、知覚される

続きを読む

アネモネ
2018年11月27日04:48

 アネモネは南ヨーロッパ地中海沿岸原産で、明治初期に渡来。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)。古くから人との関わりが深く、神話や伝説にも多く登場しているのがアネモネ。語源はギリシャ語で「風」

続きを読む

 カントは『純粋理性批判』という厳めしいタイトルの第一部「超越論的感性論」(このタイトルはさらに厳めしい)で、時間と空間に係る議論を展開している。人が対象を知るのは、知る対象が私たちの意識を刺激することから始まると捉えられ、その刺激に対する

続きを読む

 ほぼ1年中花が見られるのが特徴で、いつも楽しませてもらっている。一般的にノボタンといえばシコンノボタン(紫紺野牡丹)をさすことが多い。秋から初冬にかけて赤〜青紫の大きめな花を咲かせ、夏の初めまで続く。花つきがよく、次々と咲いてくれる。葉は

続きを読む

 哲学的な話から進化の話への移行は、時間や空間、物自体についての不毛な議論への不満の表れでもある。そこで、異なる観点から話し直してみよう。「決める」と「決まる」についてこれまで何度か考えてきた。そして、科学は因果的に決まる現象を説明し、論理

続きを読む

 空間と時間は世界や対象が持つ客観的な性質ではなく、人間の主観的な形式だと主張したのがカント。彼にとって空間と時間とは、事物(感覚の対象、物自体)がもつものではなく、認識主観がもつアプリオリな能力だった。*私たち一人一人がもつ時間や空間は事

続きを読む

 バンクシアはブラシの木と似ているが、ヤマモガシ科バンクシア属で、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の東部に分布する。樹高は4mほど。葉は線形で、長さは15mmほど。秋から冬にかけて、長さ50-60cmの円筒形の花序を出し、橙色の花を咲かせる(画

続きを読む

イソギク
2018年11月24日08:45

 イソギク(磯菊)はキク科キク属の植物で、既にここでも取り上げた。二つの画像を比較すると花が随分違うことにすぐ気づくだろう。実際、全体の印象も異なる。この違いは何かの解明が今回の目的である。 磯の菊ということからイソギク(磯菊)の名があり、

続きを読む

 誰もが知るアサガオは奈良時代に中国から渡来し、薬草として用いられたのが始まりです。アサガオが観賞用として流行するようになったのは江戸時代。「大輪アサガオ」や、葉や花がユニークに変化した「変化咲きアサガオ」がつくられ、白色のアサガオが登場、

続きを読む

 人は、花の命がその形と色にあると思い、様々な形と色の実現に魅了されてきました。私たちが花の形態と色彩を別々に知覚することはまずなく、一方だけを考えること自体とても例外的、人為的なことなのですが、それでもあえてその色に注目してみましょう。私

続きを読む

寒木瓜(かんぼけ)
2018年11月22日04:39

 ボケ(木瓜)はバラ科ボケ属の落葉低木で、花木として植栽されてきたため、多くの園芸品種があります。和名の由来ははっきりしませんが、実が瓜のような形をしているところから「木瓜」の名がついたと言われています。ボケの開花時期は、11月末から 4月中旬

続きを読む

皇帝ダリア(2)
2018年11月21日05:24

 一週間ほど前に皇帝ダリアについて述べた。そのダリアが木場公園で見事に咲いている(画像)。そのキダチダリア(木立ダリア)は高さ5m程もある。10mにもなる高さから、正に「皇帝」という名前に相応しい。花は直径約20僂梁舂悗硫屬茎の頂上につく。晩秋

続きを読む

(少し前に書いたものの修正版) 「本能の学習」とは「丸い三角形」のように論理的に矛盾した概念だというのが世の常識です。筋金入りの経験主義者なら、「生得性」を一切否定し、生まれたときはtabula rasa(白紙)の状態であり、すべては学習して経験的に

続きを読む

 本州から九州の山地に見られるミカン科ミヤマシキミ属の常緑低木。10月頃に成熟する赤い実はマンリョウなどと同じく、庭園に彩を添えることから、庭木として用いられてきた。実は直径1儷瓩でマンリョウよりも大きいため、オクリョウ(億両)という呼び名

続きを読む

 これまで何回か、実在、感覚質、そして、それらの言語表現について考えてきました。ジャングルに踏み入ったままという印象が強いので、ちょっと立ち止まり、主なものをまとめておきましょう。(順不同)(1)かつてアリストテレスやその哲学を引き継いだト

続きを読む

ダリア
2018年11月19日05:57

 メキシコの国花で、キク科ダリア属の植物の総称。和名は、花の形がボタンに似ているため、天竺牡丹。夏から秋にかけて開花し、大きな花輪と色鮮やかな花色と咲き方が特徴。ダリアの故郷はメキシコからグアテマラにかけての高地で、1789年にスペインのマドリ

続きを読む

(1) 色覚とは可視光線(400〜800 nm)の各波長に応じて生じる感覚のこと。網膜には、長波長(565 nm)、中波長(545 nm)、短波長(440 nm)付近の光に感度の高い視物質を持つ三種類の錐体(すいたい)が存在し、それぞれL-錐体(旧:赤錐体)、M-錐体(旧

続きを読む

ヘクソカズラの実
2018年11月18日05:55

 ヘクソカズラの実は光沢のある黄金色をしている。ヘクソカズラは花や葉を揉むと悪臭があるので、「屁糞蔓」と名づけられた。命名者の感覚中心の、なんとも可哀相な名前である。ところが、見ているだけなら嫌な臭いはせず、花の中央が赤く、お灸(やいと)の

続きを読む

水面に揺れるマストたち
2018年11月17日04:50

 「夢の島」とは何とも奇抜な名前で、私などつい「鬼ヶ島」を想い出してしまう。でも、江東区の「夢の島」は実際の地名であり、その大半は夢の島公園。飛行場の建設計画が挫折し、戦後遊園地が計画されたためか「夢の島」と呼ばれることになった。陸上競技場

続きを読む

色のクオリア
2018年11月16日07:36

 早熟な子供なら誰もが空想してしまうような話(思考実験)の一つが、次のような逆転スペクトル(Inverted spectrum)の話です。例えば、私と隣人が同じ紙を見ていても、私には赤く見え、隣人には青く見えている状況が考えられるというのです。この場合、隣

続きを読む

クスノキの実
2018年11月16日05:24

 湾岸にはクスノキが多い。クスノキの名前の由来は、クスシ(薬師)と同じようにクスリノキ(薬木)から、クシキキ(奇木)から、あるいは台湾でラクスと呼ばれていたなど諸説ある。「楠」は和字で、暖地(九州地方)の木の意、樟は中国名。10〜11月に実は画

続きを読む

 だが、ウィルフリッド・セラーズ(Wilfrid Sellers 1912〜1989)が「所与の神話(myth of the given)」論によってそれをあっさり否定してしまった。セラーズは、感覚所与(つまり、センスデータ)の信頼性とは次の二つを混同させることによって、でっち上

続きを読む

 中世の関心は実在と言語表現の間のギャップ、近代の関心は感覚経験と言語表現のギャップ、それらの間の関係の類似性は驚くほどのもので、「もの−性質(言明あるいは知識)−感覚」の間に何があるのかは相変わらず謎と闇だけが広がり、今でも私たちの好奇心

続きを読む

皇帝ダリア
2018年11月15日05:33

 キダチダリア(木立ダリア、Dahlia imperialis)は、高さ10m近くになるダリア属の種で、メキシコ、中米、コロンビアの原産。日本では学名を訳した「皇帝ダリア」の別名でも呼ばれる。その高さから「皇帝」と名付けられた。花はピンク色で直径約20僂梁舂悗

続きを読む