ホーム > mixiユーザー(id:64329543) > mixiユーザーの日記一覧 > マツバウンラン

mixiユーザー(id:64329543)

2019年05月21日05:01

25 view

マツバウンラン

 マツバウンラン(松葉海蘭)は、ゴマノハグサ科の一年草、あるいは二年草。葉の形が松葉、花がウンランに似ているのがこの名前の由来。北アメリカ原産の帰化植物で、京都の伏見で1940年代に最初に確認され、翌年には初めて採集された。現在では北関東、北陸地方以西に普通に見られるようになった。茎は細く、基部で分岐して高さ50cmほどになる。直径1cmほどの紫色の仮面状花を穂状につける。
 既にマツバウンランについてはこのようなことを紹介したのだが、ちょうど今が花盛りで、昨年できた豊洲ぐるり公園(豊洲新市場の周りの公園)の斜面のあちこちで花をつけている。他の花ならうるさいほどなのだが、うるさいと感じないところがこの花のいいところである。

フォト

フォト

フォト

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する