mixiユーザー(id:64329543)

2019年01月22日05:43

83 view

スノードロップ

 公園の目立たない場所に咲いていたのが画像の白い花で、その名前はスノードロップ。スノードロップの別名は「待雪草」、ヒガンバナ科ガランサス属で、「雪のしずく」や「雪の草」とも言われます。マツヨイグサを「宵待草」と呼んだとすれば、スノードロップを「雪待草(ゆきまちぐさ)」と呼ぶのも一興かとにんまりしてしまう。スノードロップの名前の通り、「雪のしずく」や「雪の耳飾り」のような可憐な花姿が印象的である。スノードロップは日が当たると花が開き、夜になると花びらが閉じるが、その理由は2月〜3月頃のまだ寒い時期に花を咲かせるので、昼の間に吸収したあたたかい空気をためこむため。
 スノードロップにとてもよく似ているのがスノーフレークで、昔この花について書いたことがあった。こちらの別名は鈴蘭水仙、大待雪草。スノーフレークは、3月〜5月頃、春本番ともいえる時期に花を咲かせる。スノードロップよりスノーフレークの方がよく見かけられるが、今はまだ咲いていない。

フォト

フォト

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する