mixiユーザー(id:64314734)

2020年10月20日12:32

45 view

懐かしい名前だねぇ

ファーストサマーウイカ、大叔父きっかけで新たな縁「ニッ
ポン放送の絆が深まって…」
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=6274672



「石津健介」
この名前は団塊世代のわたしたちには、なじみ深いです。
ファッションハウス「VAN JACKET」の創始者として知られているからです。
 
当時「男の服飾(後にメンズクラブ)」という男性用ファッション雑誌があって、
高校生だったわたしは定期購読していました。
そしてまだ珍しかった.ックスフォード地のボタンダウンシャツに、
頭は7:3のクルーカットで少し庇を跳ね上げるヘアスタイル。
当時流行りだった三田明みたいな角刈りなんぞご法度、
あんなもの野暮の典型でした。
B元はリーガルのコインローファーズ、
ぅ愁奪スは綿の無地(親父は「なんだ軍足じゃないか」と言いました)。
こんないで立ちで、得意になって学校に通っていたものです。
この服装は校内でちょっと評判になり、
下級生が「先輩、そのシャツ、どこで売ってるんですか?」と訊きに来ました。
 
まだVAN SHOPやリーガルなど大阪には殆どありませんでしたから、
大阪三越(当時はまだあったんですね)にあった
アイビーリーガースのファッションアイテムを扱う専門店に連れて行きました。
ゥ好薀奪スの口幅は18cm、もちろんダブルが基本でした。
Ε魯鵐チは綺麗にたたんで右の尻ポケットから少し覗かせる、
Ш睇曚郎犬凌ポケットに隠れるものが基本でした(長財布など論外)。
下級生には、7つの掟を厳しく守るように伝えました。
卒業後、後輩たちが「○○高校メンズクラブ」を結成したと聞きました。
 
「石津健介」
わたしの青春時代に大きく影響を受けた名前です。
 
 
 
 

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する