mixiユーザー(id:64314734)

2020年10月14日10:52

30 view

やっとマスコミも…

■中国企業に技術情報を漏えいか=積水化学元社員を書類送検―大阪府警
(時事通信社 - 10月13日 23:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6267372



積水化学の元社員の漏洩事件は、無数にある事件のうちの
ほんの氷山に一角に過ぎません。
調査すれば、日立、三菱、パナソニックに限らず、
霞ヶ関の中にも「第五列」はウジャウジャいるに違いありません。
一日も早く「国家機密保護法」を立法し、米国並みの防衛を図るべきでしょう。
つまり、スパイ罪、国家反逆罪は死刑にするという立法です。
21世紀、戦争の形態はミサイルや大砲がドンパチ飛び交うものではなく、
「情報と先端技術」こそが武器になっているのですから。
 
支那は長期戦略の下に、既に1980年代から知的所有権や技術の窃盗を
国家規模で行ってきたことに、日本は迂闊にも気づいていませんでした。
経済的に裕福になったら、支那も民主化するに違いないという甘い期待で、
「改革開放」を支援した米国も、その尻馬に乗った日本も、
彼らの知性レベルは魯鈍に近く、世界中でとんだ恥晒しを演じました。
 
支那は2000年から「千人計画」「超限戦」を国家の基本戦略に据えて、
世界の先進国から知的財産を窃盗し、特に日本からはリストラ社員に狙いを定め、
高額の年収を餌に基幹技術を運び出させていました。
国家安全保障の哲学が元々ない脳内お花畑の日本の大企業は
「善意」という名で、自ら進んでこれらを売り渡し続けました。
この罪はまこと万死に値するではありませんか。
 
なぜこれがニュースになったかといえば、米国の対中戦略が変わったからです。
米国はあらゆる知的財産を支那から切り離すことを決定したため、
当然同盟国である日本にも安全保障の対策を要求してきました。
 
最先端技術から、軍事に応用可能な技術まで、
こうしてむざむざと仮想敵国に注ぎ込んだ結果が、今の体たらくです。
政治の指導者、経済の指導者は、これら利敵行為の責任を取って腹を切るべきです。
特に、二階敏弘など売国奴は、即刻銃殺しなければなりません。
 
 

0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月14日 14:36
    ニュースより失礼します。
    >>つまり、スパイ罪、国家反逆罪は死刑にするという立法です。 <<
    そうですね。戦後、すぐに立法・成立していたら岸信介は死刑だし、そうすれば安倍晋三という害虫以下のゴミが日本に存在することもなかったのですよね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する