mixiユーザー(id:64314734)

2020年10月14日08:13

45 view

劣等感

東大なんか入らなきゃよかった…表には決して出てこない悲劇的なエピソード集「裏の東大本」
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=140&from=diary&id=6267118



職場に東大出の男がいました。
日頃から周囲を神経質に気にしていて、やたらと警戒心の強い男。
みんなで飲みに誘ってもあまり一緒に来たがりません。
僕はこの男に興味を持ちました。
そして二人だけで飲みに誘ったら来ました。
 
誰とでもあけすけに話をする僕の存在が、彼とは真逆なせいでしょうか、
僕には打ち解けてきました。
家にも呼んで夜通し語り合ったこともありました。
 
「普通に接して欲しいのに、東大出だけの理由で過大な期待をされる。
その期待に応えなければいけないのが無言のプレッシャーになって、
みんなと溶け合えない。失策をすれば『東大出なのに』と言われる。
そんな毎日が憂鬱になっている」と彼は本心を吐露しました。
 
なるほど、言われてみれば十分にあり得るな、と僕は納得しました。
そして質問しました。
「東大生にはどんな性格の奴が多いんや?」と。
暫く考えてから、彼は「劣等感の強い奴が多いな」と答えました。
これは僕には意外な答えでした。
東大といえば、日本の最高学府でエリートと思われているのに、
劣等感の強い奴が多いというのは発見でした。
 
「なんでやねん?」と訊くと、
「小さい頃から勉強ばっかりで、優越感と劣等感のはざまで大きくなった。
そんな自分には、他に何の取り柄もないということは本人がいちばん判ってる。
だから勉強以外で自分を守る尺度がないという点だな。
東大生の本音は、そこに凝縮されてるんだよ」と。
 
なるほどね、ホンマに才能のある奴は、学歴なんて必要ないねんな。
安藤忠雄とか北野武なんか、その典型や。
他に能がないから勉強に縋るしかないねんな、と思いましたよ。
 
 

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する