mixiユーザー(id:64314734)

2020年10月10日13:58

61 view

「悪友とは袂を分かつべし」

■少女像の撤去、ベルリンの区が指示 韓国系の市民団体に
(朝日新聞デジタル - 10月09日 19:21)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6262609
 
 
 
 
歴史の事実も、理非曲直も、頭から無視した上で、
自分たちの「恨」の衝動の赴くままに、他者・他国を非難する。
 
これが「情」で動く朝鮮人の伝統的な文化的本質であり国民性なんです。
つまり彼らにとって、「真実」なんてどうでもいいことであって、
「ひたすら憎い日本」の名誉に泥を塗りたい、ただそれだけなんですな。
 
だから口から出まかせ、ありもしない被害をまことしやかに捏造し、
朝鮮人の邪悪な国民性を知らない外国人、メディアに訴える。
日本人でも時々見かけるでしょう、
自分には誇るべきものを何も見いだせない人に限って、
他人を貶め、マウンティングをする事で留飲を下げるという傾向が…。
ただ朝鮮人の場合救いがたいのは、それを国民的規模で熱中していることなのです。
 
この種のキャンペーンに対して、
「人権」に敏感で純粋で知性の足りない人ほど影響されやすいものです。
暫くはこれで騙されてくれるでしょうが、
誰もが朝鮮人の本性を知るに至って、驚き呆れ、やがて憤慨することになる。
 
ここで「朝鮮人の国民性」について説明しましょう:
朝鮮人は
ゝ磴喚き大声で「ウソ」を訴えれば、それが真実になると信じている
国家予算を使ってその「ウソ」を繰り返せば、真実になると信じている
4靄榲に「恥」の概念を持たないから、平気で「ウソ」をつける
 
普通の日本人なら、「なんでそんなことを?」と思うに違いありませんね。
それには、ちゃ〜んとした根拠があるのですよ。
歴史始まって以来、1000年以上も、ただ支那の支配下にあり、
歴史的・文化的に何一つ誇るべきものを持たなかった朝鮮民族。
この事実が、彼らは悔しくって仕方がないのです。
あれだけシャカリキになってノーベル賞を欲しがっているにも拘らず、
未だに独りも(金大中は例外)輩出することができない。
「恨」に凝り固まっている限り、「理」よりも「情」を優先するため、
ノーベル賞など端から無理なことにも気づかない哀れさ。
さらに日本の力がなければ、サムスンもポスコも存在しなかった惨めな国なのにね。
 
外国の学者ですら、朝鮮の歴史を詳しく研究すればするだけ、
彼らの主張には根拠が存在しないことが見えてくるのです。
当然のことながら彼らは「根拠を示せ」と要求するわけですが、
「歴史的科学的根拠」など出せるわけもありません。
ひたすら感情的に泣き叫び、涙を流して訴えるというのが
彼らの民族的伝統芸であり、唯一の戦略なのですから、
だから、ロビー活動で市議会を買収することしかできないんですな。
米グレンデール市では、まんまとそれが成功したじゃありませんか。
 
こうして世界中から、朝鮮人はますます嫌われていくという当然の帰結に
そもそも朝鮮人たちが気づいていないというか、本当に度し難い人たちです。
まこと、福沢諭吉先生が百年以上前に、
「かかる悪友とは断然、袂を分かつべし」と仰ったのは慧眼でしたね。
 
 

3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する