ホーム > mixiユーザー(id:64314734) > mixiユーザーの日記一覧 > 涙が出るほどムカついたこと

mixiユーザー(id:64314734)

2019年10月08日11:25

32 view

涙が出るほどムカついたこと

■他人に言われて涙が出るほど悔しかったことってなんですか?
(ママスタジアム - 10月08日 09:01)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=176&from=diary&id=5817796



昭和50年代で、まだ怖いもの知らずだった20代の頃、
 
英語の授業を抜本的に改革して、
 
明治以来の古色蒼然とした「目と手」を使う訓詁学的な英語学習から、
 
「耳と口と自己表現」を駆使した授業に変革しようと、職員会議で提案しました。
 
語学とは「通じてナンボ」「使えてナンボ」の世界だからです。
 
これは体育の「走れてナンボ」音楽の「歌えてナンボ」
 
と全く同じ実技教科なんですよ。
 
現代は、文明開化時代の西洋の進んだ資料を読み解き翻訳するという
 
「座学」が重んじられたような、啓蒙時代ではないのです。
 
 
「耳から口へ」を僕が訴えた理由というのは、
 
大学入試の「四択当てモンクイズ」には長けても、
 
実際には、英語四技能「読む・書く・聴く・話す」
 
にはクソの役にも立たない生徒を量産する英語授業を廃止して、
 
ディベートとスピーチに重点を置いた授業にしなければ
 
日本人の英語力は、永遠に国際水準に追いつかないからです。
 
 
しかしこの提案は、圧倒的多数の猛反対で却下されました。
 
そして僕につけられた評価は「エエ恰好しい」「変人」でした。
 
ある年配の英語教師は「そらキミはエエやろ、英語喋れるんやから…」
 
「それをやりたいんなら、すぐ教師辞めて英会話教室に行け」
 
とまで冷然と言い放ちました。
 
そのプライドの無さと鉄面皮には、
 
はらわたが煮えて、涙が出るほど悔しかったです。
 
教員生活43年間は、こんな鎖国状態の英語教育との闘いでしたね。
 
 

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する