ホーム > mixiユーザー(id:64314734) > mixiユーザーの日記一覧 > 今こそリアリストに!

mixiユーザー(id:64314734)

2019年07月18日19:52

31 view

今こそリアリストに!

■徴用工、仲裁委実現せず=日本政府、解決策要求を継続
(時事通信社 - 07月18日 19:01)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5711621



これで韓国は、助かる最後の可能性を自ら放棄したことになります。
 
いいじゃないですか、
 
今後日本は、スケジュールに沿って粛々と新たなカードを切るだけです。
 
そのカードとは:
 
 ‘段迷垓の停止及び他の基幹部品の輸出禁止→韓国経済の崩壊
 
◆/用状の裏書停止→海外からドルの調達が不可能に→輸出入不可能
 
 在韓日本企業の総引き揚げ→韓国経済即死
 
 
不思議なのは、なんで韓国がここまでトコトン抵抗するのかです。
 
もともと勝てる見込みのない喧嘩を、どうして吹っ掛けてきたのか。
 
文在寅の気持ちが、どうしても理解できません。
 
彼には本当に自殺願望があるんでしょうか?
 
はたまた、朝鮮人には彼と運命を共にして心中したいのでしょうか?
 
 
しかしどんな事態になっても、我々は決して心を許してはいけないのです。
 
ことここに至っては、例え朝鮮人が泣き喚いて許しを乞うて来ても、
 
絶対に韓国が滅亡するまで手を緩めないことです。
 
 
歴史は我々に貴重な教訓を教えているじゃありませんか。
 
伊藤博文公が暗殺されたとき、激昂した日本の世論に恐れ戦いて、
 
彼らは許しを乞うてきましたね。
 
昔も今も、日本人には致命的な欠陥があります。
 
それは「許しを乞う敵に心を許す」という国民性の甘さです。
 
 
当時「朝鮮撃つべし!」と、朝野の世論が猛り狂ったとき、
 
朝鮮で最大の政治結社「一新会」が土下座して謝り、嘆願書を提出し、
 
「どうか大日本帝国に併合してください」と頼み込んできました。
 
泣いて許しを乞う態度に同情して、粘着質の朝鮮を併合したその結果が、
 
今では国内までスライムのような朝鮮人に侵食され、
 
ありとあらゆる禍を招いている原因なんじゃなないですか?
 
これこそ「日本人の甘さ」だと断言できるんじゃありませんか?
 
我々はこの国民的欠陥を、まっすぐ見つめなければならないのですよ。
 
 
国民的欠陥は、憲法前文の「平和を希求する諸国民の信義に信頼」
 
という一節に、如実に現れているじゃありませんか!
 
朝鮮が、支那が、ロシアが、アメリカが「平和を希求する諸国民」なんですか!
 
今こそ日本人は歴史に学び、リアリストになるべき時ではないのですか?
 
 

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年07月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近の日記

もっと見る