mixiユーザー(id:64314734)

2019年04月12日14:50

66 view

比べてみるのは楽しいことだ…

■日本の歴史に最も貢献した戦国大名ランキング 1位はやっぱり…
(しらべぇ - 04月10日 10:41)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=202&from=diary&id=5574905



織田信長が、なぜ明智光秀に裏切られたのか、
 
歴史の闇は深いですが、
 
大きな理由として、
 
彼が朝廷を蔑ろにしていたというところがキーポイントだと思います。
 
もしもあのまま信長が生き残って、天下布武を達成していたとしたら、
 
皇統が危うくなっていたのではないか、と思います。
 
 
豊臣秀吉の場合はどうか。
 
間違いなく日本の経済は大発展し、世界に打って出たとは思いますが、
 
「早すぎる国際化」に一抹の懸念を持たないではいられません。
 
 
徳川265年の「天下泰平」の間、
 
確かに武力などの点で、南蛮勢力に後れは取りましたが、
 
半面、日本人が日本人としてのアイデンティティを確立できた時期だと思います。 
 
また、江戸期に文化的な均一性と教育が行き届いたという点が、
 
明治維新以来の急速な近代化を保証する基盤になったのではないでしょうか。
 
 
ドイツ人の外交官が
 
「何百年もかかって西欧が成し遂げた発展を、
 
日本はわずか50年余りで盗み取った」
 
と言いますが、とんでもない思い違いという他はなく、
 
「白人・キリスト教優越」という傲慢が背景にあることは疑いありません。
 
 
その証拠に、西洋に先んじて、関孝和が微分・積分を発明したし、
 
イギリスの100年前に、大阪で「商品先物取引」が開始されました。
 
西洋の政治的経済的仕組みを導入するに際して、
 
日本はそれまでの仕組みを「西洋式に」手直しするだけでよかったのです。
 
決して「盗み取った」わけではないのです。
 
従って、日本に最も貢献した戦国大名として、
 
徳川家康の役割は、決定的に大きかったと思いますね。
 
 

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する