mixiユーザー(id:64314734)

2019年04月10日10:13

103 view

無知と貧困の関数、公明党

■4票差、6票差… 公明候補「常勝関西」で落選相次ぐ
(朝日新聞デジタル - 04月08日 01:45)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5571663



憲法改正問題でも、集団的自衛権問題でも、
 
そして今回の大阪都構想問題でも、態度を二転三転する公明党は、
 
本質的に確固たる政治哲学も統治能力も持たない、
 
いわば鵺(ヌエ)としての本性を、いよいよ露わにしてきたと思います。
 
 
彼らの票田となる創価学会員は、基本的に知性が低く、
 
自らの信念も定見もないため、上意下達で動くだけの愚民に過ぎません。
 
いわば公明党は、有権者の民度が低いことだけを条件に生き残る
 
「愚民政党」に他ならないのですね。
 
これは、人々の無知と憎悪を養分にして生きる共産党と全く同じ構造です。
 
 
今後、衆議院・参議院選挙で、維新が対抗馬を立ててきたら、
 
無知な創価学会員だけを頼りにしている「常勝関西」神話は
 
ひとたまりもなく瓦解してしまうでしょう。
 
今我々は、ニーチェの言葉を思い出すべきときではないしょうか。
 
「迷信は無知と貧困の関数である」という言葉を。
 
 

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する