mixiユーザー(id:64314734)

2016年07月26日08:22

209 view

いつも一方的なんだねぇ…

■夫に殺意を抱く最悪のケースも 妻を追い詰める「夫源病」とは
(週刊女性PRIME - 07月25日 16:00)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=235&from=diary&id=4110353




「夫源病」って病気があるのなら、

どうして「婦源病」も取り上げないんだい?

この手の少し知性に問題のある人が書いた記事には

いつも一方的な観点しかないんだよね。
 

 
僕は何度も言ってるけどね、基本的に夫婦はイーブンな関係で、

夫婦げんかにしてもどちらかが一方的に悪いものでもない。

それどころか、家庭内では妻が夫を財政面で支配している場合が多い。

妻の機嫌を損ねたら兵糧攻めに遭う夫も少なくない筈だ。
 

 
大多数の家庭に見られるように、我が家も妻が絶対権力者だ。

ドメスティックな決め事は婦唱夫随がノームになっている。

時には事前に何も知らされないことさえあるのだ。

記憶力もお金も些末なことを根に持つ執拗さもすべて掌握されては、

どこに夫が歯向かう余地が残されているというのか。
 

 
DVもセクハラもパワハラもモラハラも

「男がやることは女でもやる」というのが世の常ではないか。

もう一度言う、男が女に勝っているのは腕力だけなのだ。

あとはすべて女の独壇場、女が圧倒的に強いのだ。

寿命も、神経の太さも、図々しさも、執念深さも、トリビアルな記憶力も、

男には到底太刀打ちできないことを知った上でこれを書いているのか、

聊か理解に苦しむんだけどね。
 
 

この記事を書いた記者みたいな手合いの知性を疑わないではいられないよ。

いつも一方的で偏った意見をしか書かないくせに、

天晴、ひとかどの意見をものにしたと思い込んでいるその知能程度、

情けないとは思わないのかね?

 
 
哲学者ニーチェの言葉、どうせこの上田と言う記者は知らないんだろうな。

「Women are long haired, short brained creature.」

って言ったんだよ。

つまり「女とは髪の長い、脳みその足りない動物である」ってね。

腦タリンの記者クン、何か反論できるなら試みてみたまえ。



3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する