mixiユーザー(id:64314734)

2016年07月24日08:54

122 view

そんなにしてまで食いたいか?

■近大ナマズ「ぷりぷり、あっさり」 市販品の実力 次は牛丼チェーンに進出? 脂質アップ、ウナギ化進む
(ウィズニュース - 07月24日 07:00)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=220&from=diary&id=4108282




基本グルメではない。

口に入って栄養になればそれで十分と思っている。
 
 
僕の学生時代からの友人は食い意地が張っていて

旨いものを食うためなら少々の苦労は厭わない。

一緒に旅行しても食い物には異常な執念を燃やす。
 

酒飲みというのは実に特異な生き物で、

珍しい食材が手回ると必ずこう考えるらしい。

「これはどんな酒に合うか」って。
 

また何事によらずかこつけて「これはもう飲まなアカンな」という。

別に義務でもないのに、全く面妖な精神構造をしているものだ。
 

我が家で料理をしたりするが、

彼は料理だけ喰らうという行為がどうにも許せないらしい。

「酒がなくてはせっかくの食材に対して申し訳ない」とまで宣う。
 

「ウナギ味のナマズ」を持て囃す風潮にしてもそうだ。

そんなにまでしてウナギを食いたいか?



1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月25日 10:07
    せおはやみさん、

    私の友人にも、空腹でもないのに、やたらご馳走を食べたい人がいます。
    珍しいもの、評判のモノ、かつて食べた美味いものに、目がないのです。
    …つき合うのが苦痛ですが。それ以外はいい人なので。
    どうなんでしょうねえ?

    空腹は最高の調味料と。

    あ、私、東北の出身ですが、子ども時代、普通にナマズのかば焼き、食べてましたよ。
    、たいていは子どもが3角網で掬ってきました。風呂桶に半周ほどの大きいのも採れました!
    ドジョウも、結構大型で、30センチ級はざらであり、太くてうなぎよりはるかにうまいとは、静岡で育った父の弁でした。

    …素材なんですよね、結局?

    美味いかどうかは、その時、体が欲しているか、どうかだと思うんですが。
    体にいい新鮮なもの、あるいはよく熟成されたもので、栄養があり、エネルギーの源になるかどうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月25日 10:12
    かつては、田畑の農薬散布もなく、川も汚染されておらず、今のような化学物質の拡散もなく…

    ま、各種の寄生虫ぐらいはいたでしょうが、比較的野外の食べ物は安全でしたねえ・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月25日 14:19
    > mixiユーザー 

    コメント有難うございます:

    僕は昔からいわゆる「食通」とか「グルメ」の人たちがどうも好きになれません。

    人生の目的が「旨いものを食う」ことだけなのかと思って情けなくなります。

    食材は旬で栄養があれば、よっぽど下手な調理をしない限り美味しく頂けるものです。

    僕たちはもっと自然に対して、あるいはお百姓様が育てて下さった食べ物に対して

    感謝の気持ちを持たなければなりません。

    その意味でいわゆる「グルメ」の人たちは基本的に傲慢なのです。

    これは彼らの精神が退廃していることの証拠です。


    ところで あおいとっとさま は東北出身だそうですが、

    日記を東北弁で書かれてはいかがでしょうか?

    僕は方言の大切さを昔から感じています。

    それは方言こそ文化の宝庫だと信じているからです。



mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する