mixiユーザー(id:64166589)

2021年09月11日15:11

9 view

症例紹介 『夏バテ(冬バテ)? それとも熱中症(冬の熱中症)の前触れ?』

夏が近づき、暑さが厳しい季節になってくると、体温を一定に保とうとする自律神経の働きの乱れから『夏バテ』が起きたり、身体の水分が失われて『熱中症』が起きたりします。

しかし冬も、四季の中で最も寒暖差が大きくなるので、やはり自律神経の乱れから『冬バテ』や、大気の乾燥や水分の摂取が少なくなるので身体の水分が失われて、冬の『熱中症』と言われる『脱水症』が起きたりします。

これらは、発汗や体温を保つ自律神経の過度の負担や過労が原因なので、季節の変わり目に、「何となく疲れ易い」、「身体の不調が続く」などに気付いたら、崩れかかった身体のバランスを整える為に、東洋医療系のマッサージ治療を受けると、効果的な体調管理となって、しかも手軽です。

続きは、『夏バテ(冬バテ)? それとも熱中症(冬の熱中症)の前触れ?( https://family-tiryouin.com/200122 )』を、クリックしてご覧下さい。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する