mixiユーザー(id:64166589)

2021年09月04日14:17

29 view

症例紹介 『寝違い(寝違え)を、早く治したい』

『寝違い』を起こしてしまうと、首すじの筋肉が固まって、抑え付けられたような状態になり、しかも、チョッと頭を動かしただけでも、首から背中にかけてビリッ!とした痛みが走るので、正面を見たまま、頭を動かせなくなってしまいます。

この為、早く『寝違い』を治したくなりますが、首の筋肉のコワバリと痛みを効率的に治すには、炎症を起こしている箇所を確認し、状態に合わせながら、〃賣をシッカリと回復させる事と、痛みを伝える神経に「良い刺激」を与えて痛みの感覚を和らげる事、が必要です。

このような対処法として、首周囲の顕在化したツボを確認して、“適切”な刺激を与えると、ツボには神経や血管が集まっているので、刺激による反応から回復作用が活性化し、筋肉内の血流が改善したり、神経の興奮を抑制して痛みや違和感が減少したりして、早期の『寝違い』症状の緩和効果があります。

続きは、『寝違い(寝違え)を、早く治したい( https://family-tiryouin.com/200115-2 )』を、クリックしてご覧下さい。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する