mixiユーザー(id:64166589)

2021年08月18日15:51

17 view

症例紹介 『マッサージ治療から見た、介護や看護の疲労と対策』

看護や介護は、中腰や前かがみの姿勢になって、腕や手を使って支える事が多いので、腰だけでなく、腕・肩・背中などにも大きな負荷がかかって、身体のいろいろな所に痛みや不快感が起き、悩まされるようになります。

しかも、1日のうち介護にかける時間が長くなると、身体に疲労やストレスが溜まって、血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなってくるので、身体の回復力が弱まり、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」、といった状態になります。

このような、看護や介護による疲労や緊張などで、慢性化した筋肉由来の痛みは、昔から“筋肉疲労”や“血行悪化”の改善を得意としている、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を利用すると、体調を回復に効果的です。

続きは、『マッサージ治療から見た、介護や看護の疲労と対策( https://family-tiryouin.com/191228 )』を、クリックしてご覧下さい。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する