ホーム > mixiユーザー(id:64117870) > mixiユーザーの日記一覧 > 226事件北一輝が書いた決起趣意書

mixiユーザー(id:64117870)

2019年05月06日04:05

90 view

226事件北一輝が書いた決起趣意書

リンク先より一部を抜粋して日記にします複数本

https://blog.goo.ne.jp/tennouheikano/e/39aed6927badba6e63289f5c6c79ef40

226事件とは陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こしたクーデター未遂事件ですが、自分達は天皇の軍隊であり天皇が頂点に政治をすべきであるとの主張です。

一見この時代においては正統な論理ですが、北一輝が関与している時点で皇室否定の共産主義思想を皇室と皇軍を利用した国家転覆であるといえます。

つまり陸軍内部にもっともらしい思想を持ち込み疲弊する青年将校の意識をマインドコントロールし、クーデターへと導いた事件であったと言えます。

日本人は情報戦に弱い、その原因は日本だけが万世一系の皇室をいただく純粋な国民であるという美徳は国外の不安定で極めて緻密な企みや謀略性には弱点と成り得るということでしょう。

それを見抜いておられた昭和天皇がここまで強硬な政治判断をなさったのも今思えば自然であり、まさに自然の猛威の様な国體を守ろうとする底知れぬ力をだされたと考えるのが極めて当然であり、

三島由紀夫が神格であるべき天皇が個人の意志を語ってしまっている事を批判していますが、混沌とした時代であるが故の共産主義にほんの僅か傾倒してしまったといえる批判であるのです。

青年将校に同情的な意見も当時から見られますが明らかに騙され操られていたことを考えますと、憎むべきは共産主義思想であることが殊更に肝に銘じることと、皇室、皇統を利用してはならないと言うことでしょう。

《昭和天皇の御発言》

【本庄武官長に対し】

「朕、自らが近衛師団を率いて、その鎮圧に当たらん」

「比較的早く事件が片付き、さしたる影響もなかった。本当によかった」

事件の翌年、1937年(昭和12年)の夏、昭和天皇は中島鉄蔵侍従武官に提灯を所望したという。中島侍従武官が幾つ、用意したら良いのかと尋ねると、「15個ほど用意するように」と仰せつかったという。そして、15個の提灯は御盆に人目の付かない軒先に吊るされていたと証言している。

東条英機とはどんなひと?子孫の現在は?実は太平洋戦争を回避しようとしていた?! https://uitanlog.com/?p=8245
15 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月06日 08:45
    昭和金融恐慌や安価な朝鮮米の内地市場流入で兵たちの出身地でもある地方の農村も疲弊し、クーデターの温床となりやすい不穏な時代でしたね。
    昭和帝が自ら決断したのは終戦の聖断以外ではこれだけですね。

    そういえば尊皇共産くん、不思議な名前の不思議な思想なので、最初に見かけた時はてっきり「君、北一輝の社会主義革命にでも傾倒してんの?」って聞いたら北一輝を知らなかったようなのでガッカリした記憶があります。あせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月06日 08:51
    その後皇道派は抑えられ統制派が軍の手綱を握って東條も登場するわけですが、皇道派と社会主義思想との親和性はその残党が軍内でコミンテルンのスパイになりかねない危険を孕んでいたことは大変な脅威だったと当時は気付くものは少なかったかもしれませんね。黒幕と言われた真崎甚三郎も処断されなかったし・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月06日 20:21
    北一輝は、頭は良い、たいした著作は読んでいないが、早くから孫文は詐欺師と見抜いた、時代とは悲劇を産むものでしょう
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月06日 20:32
    > mixiユーザー 真崎大将が陰で青年将校達を決起だたせたようですが思想教育は北一輝という国家社会主義者という事でヒトラーそのものじゃないかと…いや〜参りましたね冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月06日 23:19
    おぉ!226事件テーマにした小説書き
    続編で北一輝黒幕として出したり
    昭和天皇や三島も出した俺には
    夢の様な記事ですね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月07日 02:26
    > mixiユーザー 今の右翼街宣カーは在日コリアンに乗っ取られてしまいましたね…これもCIAが背後にあるようです冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月07日 05:57
    > mixiユーザー 孫文が起こした辛亥革命さえも中途半端な革命だったせいか軍閥の台頭を許してしまいましたね冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月07日 06:01
    > mixiユーザー おぉ〜そうでしたか…それは知らなんだあせあせ 書かれている小説のお役に立てばイイですが出来映えが楽しみですね顔(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月07日 06:15
    > mixiユーザー ただ、不敬の輩である事にはかわらず、思想的評価と行動批判は難しい話です
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月07日 07:56
    > mixiユーザー 北一輝のことですねあせあせ やはり皇道派の青年将校達は若すぎて世間知らずな部分があったと思われますが…それに付け込んでアカい思想教育を行なったのでしょうね冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月08日 15:30
    > mixiユーザー 
    これは前に書いて
    https://estar.jp/novels/23756005
    こっちは竹本さんの日記読み
    平成中に書き上げたので
    https://estar.jp/novels/24985224
    蜀漢さんのこの日記とリンクは
    後書き書く参考にさせて頂きます!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年05月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記