ホーム > mixiユーザー(id:63969955) > mixiユーザーの日記一覧 > アイカツスターズ! 96話から100話【最終回】

mixiユーザー(id:63969955)

2019年11月14日07:49

62 view

アイカツスターズ! 96話から100話【最終回】

96話
遂に始まったアイカツランキング決勝ステージ。

ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:「今日のステージで皆と一緒に輝いて見せる!せーので!」

ゆめちゃんと縁が深い一同:「アイカーツ!」

ゆめちゃん:「とても素敵なステージでした!」

エルザさん【CV:日笠陽子さん】:「えぇ。」

ゆめちゃん:「パーフェクト。それは太陽のドレスを纏ったエルザさんへの表現にぴったりでした。優勝したら本当にアイドルをやめるんですか!?」

エルザさん:「関係ないわ。」

ゆめちゃん:「私、負けません!!」

エルザさん:「何なの!?その自信は!?」

ゆめちゃん:「自信は在りません。でも、今の私にはエルザさんに負けない物が一つだけ在ります!思いです!今まで一緒に頑張ってきた皆と輝きたいって思ってきました!」

エルザさん:「パーフェクトなアイドルは一人だけで輝くもの。」

ゆめちゃん:「私の思いはそれだけじゃありません!アイドル皆で光り輝いて周りの人々も輝かせたいと思ってるんです!いつも導いてくれる先生達!いつも応援してくれているファンの皆!今日のステージはそんなたくさんの仲間が作り上げてくれたんです!」

ゆめちゃん:「だから…私は今日ここに居る全ての人達を輝かせたいと思っています!それが…私の思いです!」

エルザさん:「その輝き、ステージで見せてもらうわ!」

緊張する小春ちゃん、ローラちゃん、真昼ちゃん、あこちゃん。

緊張を解したゆずちゃん。

ゆめちゃん:【大丈夫!自分を信じて、ゆめ!今の私はエルザさんに敵わないかもしれない。でも…】

ローラちゃん【CV:朝井彩加さん】:【私は「ミュージックオブドリームが良いと思うな!」】

真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】:【また、あんなゆめを見てみたいな!】

小春ちゃん【CV:山口愛さん】:【私たちの星のツバサで輝こうよ!】

リリィちゃん【CV:上田麗奈さん】:【自信を持って!それを纏うべきです!】

ゆずちゃん【CV:田所あずささん】:【今から見せるエルザキラーステップをマスターすれば絶対負けないんだぞ!】

あこちゃん【CV:村上奈津実さん】:【ゆめ!あなたならきっとそれができますわ!】

ひめさん【CV:津田美波さん】:【ゆめちゃんがもし勝てるとしたら…】

ゆめちゃん:【私には仲間が居る!】【皆が居れば!私は最強だよ!皆で一緒に輝いてみせる!】「虹野ゆめ!行きまーす!!」

ゆめちゃん:「ドレスが皆を輝かせる!」

太陽のドレスに選ばれたゆめちゃん!

小春ちゃん:「あれって太陽のドレスだよね!?」

真昼ちゃん:「まさか!?」

あこちゃん:「本当ですの!?」

ローラちゃん:「さすがゆめ!面白いじゃないの!」

リリィちゃん:「間違いありません!あれは惑うことなき太陽のドレス!」

ゆずちゃん:「ゆめちゃんは大丈夫って言ったぞ!」

あこちゃんがゆめちゃんへ泣きながら「最高のステージでしたわ!」と伝える。

アイカツランキング決勝ステージ結果発表。

超僅差でゆめちゃんがエルザさんを上回りアイカツランキング優勝!

ゆめちゃん:【嬉し涙】

エルザさん:【ステージを去ろうとする】

ゆめちゃん:「エルザさん!」

エルザさん:「おめでとう。ユメ・ニジノ。素晴らしいステージだったわ。」

ゆめちゃん:「エルザさん!私が心を輝かせたい人の中にはエルザさんも入ってるんですよ!?この会場の皆もアイドルの皆も、そして、エルザさんも。私は皆と一緒に輝きたい!だから!だから!アイドルをやめないでください!」

エルザさん:「なるほど。そういうことね…私はあなたのその思いに負けた。私には無かったから…それほどの想いが…!」

フォルテさんをアイカツランキング決勝ステージの会場に呼んだレイさん、きららちゃん、アリアちゃん。

フォルテさん【CV:三石琴乃さん】:「あなたのステージを見にきたの。ごめんなさいね。遅くなって。」

エルザさん:「いいえ…!そんなこと…!せっかくいらしてくれたのに私、負けてしまいました!お母様の前でみっともないところをお見せしてしまって本当に…!」

フォルテさん:【エルザさんを抱きしめる】「謝るのは私の方よ。エルザ…こんな簡単なことでさえできなかったなんて母親失格ね!」

エルザさん:「私、お母様のようになりたくて!」

フォルテさん:「エルザは、エルザらしく居れば良いの!エルザは私にとってパーフェクトな娘よ!」

エルザさん:「負けてしまいましたが、全力のステージをご覧になってくださり嬉しいです!」

フォルテさん:「そういえば、大変だったのよ、ここに来るまで!」

フォルテさん:【あなた達】

レイさん:【ご無礼をお許しください!きらら!】

きららちゃん:【行け!キャロたん!】

キャロライン:【メー!】【チュドーン!ドカーン!】

キャロライン:【重要書類を食べようとする】

アリアちゃん:【良いんですか!?】

フォルテさん:【ダメです…】

ずっとエルザさんの身を案じていたレイさん、きららちゃん、アリアちゃん。

レイさん:「私が今ここに居れるのは、キミのおかげだ!エルザ!」

きららちゃん:「きららも同じ!エルザ様に会えなかったら私、キャロたんとフワァってしてただけだったよ。」

アリアちゃん【CV:前田佳織里さん】:「エルザさんに出会って無かったら私は新しいアイカツを知れませんでした!私は幸せ!すごく幸せです!」

エルザさん:「レイ…!きらら…!アリア、あなたまで!?全く、結構なことね!【嬉し涙を浮かべる】」

ひめさん:「ゆめちゃんが負けるとでも思ってたんですか!?」

学園長:「そんなこと!思うはずがないだろう!」

ひめさん:「本当ですか!?」

優勝祝い。

ゆめちゃん:「私一人じゃ絶対に勝てなかったよ!皆、ありがとう!」

アイカツランキングが終了しS4戦へ。

エルザさん:「完敗だわ。ユメ・ニジノ…私は、これから…」

レイさん:「エルザ!」

きららちゃん:「やっぱりここに居た!」

アリアちゃん:「こんな所に居たら風邪ひきますよ!」

エルザさん:「ありがとう!」

次回:「Bon Bon Voyage!」

遂にヴィーナスアークが船出。

今回は虹野ゆめちゃんの今までの積み重ね演出とエルザさんへの救済演出が丁寧に描かれた神回でした!

97話
エルザさん:「来てくださってありがとうございました!お母様。これからのことも考えました!それでは。これから…」

アイカツランキングを優勝したゆめちゃんへ取材を所望する記者の方々。

ゆめちゃんが考えたトレーニング:【ゆめアスロン】

あこちゃん:「トップアイドルになったというのに…」

真昼ちゃん:「大物感ゼロね!」

ローラちゃん:「面白いじゃない!」

小春ちゃん:「ゆめちゃんらしい!」

ヴィーナスアークラストライブチケットの招待状を学園長を通じてエルザさんから受け取ったゆめちゃん。

ひめさんがエルザさんのもとを訪ねる。

ひめさん:「アイカツやめちゃうの!?」

エルザさん:「ええ。あの子達にこれ以上迷惑をかけたくないから。」

ひめさん:「その素直な気持ちを伝えてみたら!?」

「ゆめちゃんとの勝負、どうだった!?」

エルザさん:「私は世界で最も輝くのは太陽だと思っていた。でも、一つの星の輝きに照らされて周りの星々が輝き空全体が光に満ちる。あんな輝き方が有るなんて知らなかった!」

ひめさん:「そうね!世界にはまだまだ知らない事がたくさん有るわよ!勝負もアイカツもどうなるかわからない!だから、面白い!そう思わない!?」

エルザさんが解散を取り止めるまで諦めないヴィーナスアークの方々。

エルザさん:「自分の夢のために。太陽のドレスを手に入れるためにあなた達の夢を…。アイカツがしたいなら他に行きなさい」

アリアちゃん:「エルザさん。私、今歌を歌うのが今まで以上に楽しいんです!」

きららちゃん:「今のきららが居るのはエルザ様のおかげだよ!?」

ヴィーナスアーク入学希望者が多数。

レイさん:「エルザ、キミに何と言われようと揺るがない。目的を成し遂げるまで。志を持つこと、チャレンジすること、力を尽くしたその先に夜明けが有ることをキミが教えてくれたから!私達にとってキミこそが太陽なんだ!」

エルザさん:「皆!」

ヴィーナスアークの新たな夜明け。

エルザさん:「爺や、サラダを。様々なスタイルを取り入れるアイカツのように食事もバランス良く、でしょ!?」

爺やさん:「エルザお嬢様!ただいま!【てんこ盛りサラダ】」

エルザさん・レイさん・きららちゃん・アリアちゃんの四人でヴィーナスアークとしてラストライブ。

アリアちゃん:「アイカツの花を咲かせましょう!」

きららちゃん:「きららと見よう!?フワフワな良い夢を!」

レイさん:「全てはヴィーナスアーク、そして、エルザのために!」

エルザさん:「私こそが…いいえ!私達こそがパーフェクト!!」


ヴィーナスアークが生まれ変わりネオヴィーナスアークに。

ゆめちゃん:「エルザさん!」

ローラちゃん:「良いじゃん!良いじゃん!」

真昼ちゃん:「アイカツ続けるのね!良かった!」

あこちゃん:「全くヒヤヒヤしましたわ…」

小春ちゃん:「新しいヴィーナスアークどうなるのかな」


ゆめちゃん:「楽しみだね!ワクワクが止まんないよ!」

ネオヴィーナスアークにユリさんとユーリさんが乗船。

あこちゃん:「別にあなたなんか居なくたって全然寂しくなんて…!」

きららちゃん:「体当たりはキャロたんの愛情表現だよ!あこちゃんのこと好きになったみたい!」

キャロライン:【あこちゃんに愛情表現】

あこちゃん:「本当に愛情表現ですの!?」

きららちゃん:「大好きすぎてくっつきたいってことだよ!【あこちゃんに抱きつく】」

あこちゃん:「全くもう!!」

レイさん:「君たちに会えて良かった!」

真昼ちゃん:「私達もです!四ツ星学園とヴィーナスアークが出会ったからこそお互いに輝き合えたんだと思います!」

レイさん:「また会おう!」

真昼ちゃん:「はい!【握手】」

アリアちゃん:「ひめちゃん。これどうぞ!」

ひめさん:「あら。スイートピー!」

アリアちゃん:「花言葉は門出!私とひめちゃんの新たなアイカツに乾杯です!」

ひめさん:「ありがとう!」

アリスちゃん:「アリス・キャロル!ネオヴィーナスアークへの乗船を希望します!」

エルザさん:「アリス…私はあなたを見捨てたわ。恨んでないの!?」

アリスちゃん:「私の心に在るのはメルシー…感謝の気持ちだけです!四ツ星学園で成長した私を見ていただきたいんです!」

エルザさん:「アリス…!」

アリスちゃん:「乗せていただけますか!?」

エルザさん:「もちろん!大歓迎よ!」

アリスちゃん:「エルザ様!」

エルザさん:「ユメ・ニジノ!これからも輝き続けなさい!いつかあなたを倒す日まで!」

ゆめちゃん:「はい!望むところです!エルザさん。また勝負しましょう!絶対に!」

【船出】

きららちゃん:「きららのこと絶対に忘れちゃ、メーだよ!?」

あこちゃん:「あなたみたいな人忘れるわけないでしょ【涙声】」

ゆめちゃん:「またね!」

エルザさん:「さようなら。ジャパン!さぁ、行きましょう!新たなアイカツへ!」

一同:「はい!!」

次回はゆずちゃん・リリィちゃん回


98話

木の上から降りてきたゆずちゃん。

ゆめちゃん達:【驚き】

リリィちゃん:【付き合いが長いから驚かない】

リリィちゃんは次のS4決定戦がラストチャンス。

ローラちゃん【CV:朝井彩加さん】:「ゆめ、ごめん。私、次のS4決定戦には出ないつもり。」

ゆめちゃん:【!?】

イギリスという新天地にてアイカツすることになったローラちゃんの背を押すゆめちゃん達。

ローラちゃん:「皆、ありがとう!」

S4決定戦の結果。

歌組優勝:【虹野ゆめちゃん【初優勝】】

劇組優勝:【早乙女あこちゃん【初優勝】】

美組優勝:【香澄真昼ちゃん【連覇】】

舞組優勝:【二階堂ゆずちゃん【三連覇】】

ゆずちゃんがハルカちゃんへS4の座を譲る。

卒業後のこと考えて脳がショートしたゆずちゃん。

リリィちゃんは四ツ星学園の高等部に進学。

リリィちゃん【CV:上田麗奈さん】:「お別れです。夢のために旅立たなきゃいけない。ローラさんのように。分かりますね!?」

ゆずちゃん【CV:田所あずささん】:「うん。ありがとう!」

ゆめちゃんと小春ちゃんは今後も一緒にアイカツしていく。

ゆずちゃん:「世界に行くのは楽しそうだけど、何かモヤモヤするんだぞ。」

最も楽しかったことや嬉しかったことにはその場にリリィちゃんがずっと一緒に居た。

ゆずちゃんはリリィちゃんと一緒にアイカツの舞台を歩んでいきたい。

ゆずちゃん:「夢が叶ったらもっともっと楽しい夢を見るんだぞ!」

ゆずちゃんとリリィちゃんがユニット宣言。

ユニット名:【ゆずっとリリィ☆】

リリィちゃん:「私達の思いは一つ!」

ゆずちゃん・リリィちゃん:「もっと二人でアイカツしたい」

小春ちゃん【CV:山口愛さん】:「二階堂先輩、嬉しそう!」

ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:「うん、リリィ先輩も!」

学園長:「ゆずっとリリィ☆これは新たな伝説の始まりかもしれん。」

エルザさんからご祝儀としてエルザビーフトラック一台分が届く。

ゆずちゃん:「ステーキモリモリ食べてアニマるぞー!」

次回:「ふたりの忘れ物」

ゆめちゃんとローラちゃん回になりそうです。



99話
ハルカちゃんがS4入り。

トーテムポールを挨拶代わりにあこちゃんに渡す。

ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:【高速ダッシュ】「ごめん。話してる時間無いんだ!」

ローラちゃん【CV:朝井彩加さん】:「ごめん。忙しいから後で説明する!」

あこちゃん【CV:村上奈津実さん】:「どういうことですの!?」

ローラちゃんがイギリスでも活躍できるように四ツ星学園へバックアップを頼んだゆめちゃん。

ゆめちゃんはローラちゃん、ローラちゃんはゆめちゃんのために動いた。

大事な何かを忘れてる気がしたゆめちゃんとローラちゃん。

ゆめちゃん:【頁を捲れば新しい日々が始まるのにワクワク感が無い】

すばるくん:「何してんだ!?こんな所で!?」

ゆめちゃん:「すばるくん!?いつの間に【男子寮のエリアに】お邪魔しました!」

すばるくん:「相変わらずだな」「アイカツランキング優勝、S4決定戦おめでとう!それと、お別れだ。ちゃんと肩を並べられるアイドルで居たいからそれまではアイカツに集中する。」

ゆめちゃん:「分かった!ライバルだもんね!」

すばるくん:「な…!?ライバル!?【ゆめちゃんをつねる】」「続きは追い付いた時だ。じゃあな、虹野ゆめ!」

ゆめちゃん:「気持ちの問題、かぁ…」

すばるくん:【朝陽くん、かなたくん、望くんから茶化される】

ひめさんに何もお返しできてないゆめちゃん。

ローラちゃん:「大事なのはゆめの気持ちじゃない!?」

ゆめちゃんの心残りの正体:【ひめさんと勝負して今度こそ勝ちたい】

ひめさん【CV:津田美波さん】:「良いわ。ゆめちゃん!お互いの全てをかけて!!」

ゆめちゃん対ひめさんの司会は夜空さんとツバサさん。

ひめさんからゆめちゃんと勝負する旨を聞いたアリアちゃんが会場に駆けつけた。

ゆめちゃん対ひめさん。

ひめさんは月のドレスに選ばれていた。

ひめさん:「ゆめちゃん、準備は良い!?」

ゆめちゃん:「はい!」

ひめさん:「白鳥ひめ!」

ゆめちゃん:「虹野ゆめ!」

ゆめちゃん・ひめさん:「行きます!」

ひめさん:「奇跡の輝きを!あなたに!」

ゆめちゃん:「ドレスが皆を輝かせる!」

ゆめちゃん対ひめさんのエキシビションマッチ。

勝者は虹野ゆめちゃん!

ゆめちゃん:【呆然とする】

ひめさん:「ゆめちゃん!おめでとう!」

ゆめちゃん:「ひめ先輩…【嬉し涙を浮かべる】」

ローラちゃん:「ゆめ…!大事なこと、思い出したよ!【親友の勇姿に号泣する】」

アリアちゃんとの出会いから始まり月のドレスに選ばれるまでに至ったひめさん。

ひめさん:「まだまだ世界には私の知らないアイカツが待っていたわ!続きはまた今度ね!ゆめちゃんには大切な人が待ってるでしょ!?」

アリアちゃん【CV:前田佳織里さん】:「ゆめちゃん!ひめちゃん!ゆめちゃん!ひめちゃん!大好きです!ずっと大好きです!いつか三人でステージを…!」

小春ちゃん:「アリアちゃん、泣かないで!」

ひめさん:「ありがとう!アリアちゃん!」

アリアちゃん:「エルザさんから…」

エルザさん【CV:日笠陽子さん】:「ヒメ・シラトリへ繋ぎなさい。」

ひめさん:「エルザちゃん、元気ぃ!?」

エルザさん:「太陽と月が揃えば最強よ。私と組みなさい!」

ひめさん:「考えておくわ!」

エルザさん:「月のドレス、いつか私が奪ってみせる!」

きららちゃん:「エルザ様嬉しそう!」

レイさん:【微笑む】

ゆめちゃん:「居た。ローラ!」

ローラちゃん:「見つけたよ、忘れ物。伝え忘れてた私の気持ち!「おめでとう!ゆめ!ゆめのステージ最高だった!間違いなく一番星だー!だけど、次は私が勝つ!ゆめは私のライバルだから!未来の私は絶対に負けない!」」

ゆめちゃん:「私だって!」

次にステージに立つ時はより成長してお互いの全てをかけて勝負しようと指切りで約束したゆめちゃんとローラちゃん

次回:「まだ見ぬ未来へ☆」


100話
長い物語の終わり

集合写真、遠近法用いたのなど様々な写真撮影。

ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:「私ね、小春ちゃんの時失敗しちゃったから今度はちゃんと笑顔で送り出したいんだ。」

小春ちゃん【CV:山口愛さん】:「うん!」

真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】:「ピーマンはレモンの2倍のビタミンCが有るって言われてるの!残しちゃダメ!」

ローラちゃん【CV:朝井彩加さん】:「分かりました!食べますったら、真昼ママ!」

アイドルはマーメイドの劇場版の撮影に備えて栄養補給するあこちゃん。

あこちゃんがかなたくんを「かなた先輩」って呼ぶように。

真昼ちゃんは打倒エルザさんのために活躍。

ゆめちゃんと小春ちゃんはひめさん、アリアちゃんとの合同ブランド企画進行中。

小春ちゃんが皆の人形をローラちゃんに渡した。

リリィちゃん【CV:上田麗奈さん】:「ゲーテは言いました。人が旅するのは着くためではなく旅するためだと!」

卒業前に伝えたいこと。

リリィちゃん:「アイカツに真剣に向き合ったからこそ、辛いことも有りましたね…ですが、決して諦めず前だけ向いていた!私にはそれがとても美しく見えた!一緒に頑張ろうと本気で思える仲間と出会えたことではないでしょうか!?」

ゆめちゃん:「リリィ先輩」

ゆずちゃん【CV:田所あずささん】:「次の生徒会長は、小春ちゃんに引き継ぐぞ!頼んだぞ!七倉小春くん!」

小春ちゃん:「そそそ…そんなー!?」

旅立ちなんてめでたいたい号に乗車したゆめちゃん達。

ゆずちゃん:「右手をご覧ください!」

ローラちゃんのファン:「ローラちゃん!ありがとう!」

石見舞菜香さんもローラちゃんのファンとして台詞有った

ローラちゃんのファンだけじゃなくゆめちゃん・小春ちゃん・真昼ちゃん・あこちゃんのファンも駆けつけた!


エルザさん【CV:日笠陽子さん】:「ユメ・ニジノ!」

ゆめちゃん:「エルザさん!?」

エルザさん:「ごきげんよう!あなた達と過ごした時間が私をよりパーフェクトにしてくれた!感謝するわ!」

レイさん:「君たちのこれからのアイカツ、実に興味深い!」

きららちゃん:「きららのこと、忘れちゃ、めーだからね!」

アリアちゃん【CV:前田佳織里さん】:「素敵!一人じゃないってとても素敵です!」

四ツ星学園先生からの言葉:【アイカツを愛しアイカツに愛された生徒達!夢は見るものじゃない!叶える物だよ!ベイビー!ウィーアー!四ツ星!!】

ゆめちゃん達五人の新たな門出を祝った前S4のひめさん達。

ツバサさん【CV:諸星すみれさん】:「サプライズはどうだった!?」

ゆめちゃん達:「ありがとうございました!」

お礼のステージ。

夜空さん【CV:大橋彩香さん】:「五人でやるんでしょ!?」

ひめさん【CV:津田美波さん】:「たくさんのファンが待ってるわよ!」

ゆめちゃん達:「はい!」

ゆめちゃん:「ここがまた私達の新しいスタートライン!」

あこちゃん【CV:村上奈津実さん】:「本気の!」

小春ちゃん:「五人の!」

真昼ちゃん:「最高の!」

ローラちゃん:「忘れられないステージにしよう!」

ゆめちゃん:「せーので!」

五人:「アイカーツ!!」

ローラちゃんを見送りに行ったゆめちゃん・小春ちゃん・真昼ちゃん・あこちゃん。

ローラちゃん:【涙のお別れは必要無い。さよならは寂しいから!】 

ゆめちゃん:「ローラ!」

ローラちゃん:「どうしてここが!?」

ゆめちゃん:「どれだけ一緒に居ると思ってるの!?」

ローラちゃん:「ありがとう、ゆめ!」

ゆめちゃん:【ねぇ、皆!夢を持ってる!?モデルになりたい。パティシエになりたい。アイドルになりたい。たくさんの夢が広がってる!その夢に向かって走り出そう!全速力で!だって…だって!夢は!】

【夢は見るものじゃない♪叶える物だよ♪】

ゆめちゃん:【憧れた瞬間!それがあなたのスタートライン!】

エンディングでの演出:【新S4始動】【ローラちゃんがイギリスにて活躍】【真昼ちゃんが夜空さんとツバサさんと共にステージに】【ゆめちゃんと進歩した小春ちゃん】【きららちゃんと共演するあこちゃん】【佇むレイさん】【アリアちゃんがゆめちゃんとひめさんと共にステージに】

【モナコにてフォルテさんと買い物を楽しげにするエルザさん】【一緒に歩むゆずちゃんとリリィちゃん】【ドラマの撮影の合間に談話するM4をチラ見するあこちゃん】【真昼ちゃん達と共演するネオヴィーナスアーク一同】【四ツ星学園先生達とステージ設営に励む各組の幹部】

【イギリスにてホールを満員にするくらいにアイドルとして更に躍進したローラちゃん】

一年後。

ワールドアイカツカップ開催!

ひめさん:「ゆめちゃん、日本代表しっかりね!」

ゆめちゃん:「はい!でも…そう簡単には行かなそうですね!」

アメリカ代表:【レイさん】

フィンランド代表:【アリアちゃん】

ニュージーランド代表:【あこちゃん・きららちゃん】

モナコ代表:【エルザさん】

フランス代表:【真昼ちゃん・夜空さん】

第1ステージにて日本代表、イギリス代表にて競い合う者同士として再会したゆめちゃんとローラちゃん。

ローラちゃん:「一回戦からゆめと対決なんて!面白いじゃない!」

ゆめちゃん:「うん!私、あの日から成長したよ!ローラ!」

ゆめちゃん・ローラちゃん:「私達のアイカツは…まだまだ続いていく!!」

総括:凄い時間がかかったけど、初めて見たアイカツシリーズが「アイカツスターズ!」で良かったと心の底から思える作品でした。

この作品を通じて夢のために頑張る子達がこんなにも美しく輝いて見えると感じれた。

女の友情の素晴らしさをこの作品を通じて知れました。

お気に入り演出:【ゆめちゃんが小春ちゃんへの餞のステージの際に咳き込んでしまったものの後に帰ってきた際に「お帰り」って言葉は伝えられてレインボーベリーパルフェってブランドを立ち上げる】【真昼ちゃんが一年の頃にS4決定戦にて憧れ追い続けてきた夜空さんを追い越して夜空さんからブランドを引き継いだ際に涙を流す姉妹愛が最も象徴された演出】【アリアちゃんがゆめちゃんとひめさんへ「大好きです!いつか三人でステージに!」と伝え最終回にて実現した演出】

表記しきれないくらいに有りますが、特に印象に残ったのは上記3つ。

今後もアイカツシリーズを応援していきます!

ありがとうございました!


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930