ホーム > mixiユーザー(id:63969955) > mixiユーザーの日記一覧 > アイカツスターズ! 91話から95話

mixiユーザー(id:63969955)

2019年11月14日07:45

17 view

アイカツスターズ! 91話から95話

91話
決勝トーナメントに出場するラストチャンスのハッスルアイドルフェスに出場することにした真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】。

一方、アリアちゃん【CV:前田佳織里さん】は結果度外視の楽しいアイカツ至上主義。

海王星コーデを輝かせたくて自分磨きに専念する真昼ちゃんへ「かわいそう。今の真昼でも充分魅力的なのに」とフランスから助言した夜空さん【CV:大橋彩香さん】。

ひめさん目当てで四ツ星学園に来訪した際に真昼ちゃんと特訓するアリアちゃん。

アイカツランキング一位を狙う真昼ちゃんに刺激を受けたアリアちゃん。

本気になるとはどういうことか知りたいアリアちゃんへ真昼ちゃんの山籠りアイカツに同行するのを提案したひめさん。

真昼ちゃん:「覚悟は良い!?」

アリアちゃん:「はい!」

五感を全て使い岩の鼓動を感じた真昼ちゃんが大きな岩を空手チョップで割る。

アリアちゃんは上手くいかない。

アリアちゃん:「無理、とても無理です!」

アリアちゃんが大事な何かを会得しようと励んでるためアイカツに励むゆめちゃん、ローラちゃん。

五感を鍛える最終鍛練は滝行。

アリアちゃん:「ごめんなさい!私、ダメです!」

真昼ちゃん:「そんなこと言ったら今まで頑張ってきたアリアちゃんがかわいそうじゃない!【夜空さんの「かわいそう」って台詞の真意を理解する】」

本気で挑んだからこそダメだった時に涙を流したアリアちゃん。

ハッスルアイドルフェスにて優勝した方がアイカツランキング決勝トーナメント進出。

真昼ちゃんとアリアちゃんが文字通り真剣勝負!

ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:「アリアちゃん、見つけたみたいですね!」

ひめさん【CV:津田美波さん】:「ええ!本気にならなきゃ分からない、新しい楽しさを!」

ハッスルアイドルフェス優勝者:【香澄真昼ちゃん】

アリアちゃん:【さすがです!お師匠様!】

遂にアイカツランキング決勝トーナメント進出者四人発表。

次回:「私たちのエピソード ソロ」

ゆめちゃん:「掴め!アイドル一番星!」
92話

決勝トーナメント出場者:【エルザフォルテさん】【虹野ゆめちゃん】【騎咲レイさん】【香澄真昼ちゃん】

ゆめちゃんと真昼ちゃんの決勝トーナメント進出を祝うあこちゃん、ゆずちゃん。

真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】:「やるからには、必ず勝つ!押忍!」

アイカツランキング決勝トーナメント前にS4がアイカツ武道館でライブをすることに。

悔しさを圧し殺すローラちゃん。

ひめさん、ツバサさん、夜空さんが緊急で四ツ星学園に来訪。

要件:【アイカツ豆まき大会】

豆まきは邪気を取り払うそう

ツバサさん【CV:諸星すみれさん】:「桜庭!圧し殺してる感情を叫べ!」

ローラちゃん【CV:朝井彩加さん】:「負けて悔しい!めちゃくちゃ悔しい!決勝トーナメント残りたかった!」

ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:「ローラ!」

ゆずちゃん【CV:田所あずささん】:「さ!アリスちゃんもどうぞ!」

アリスちゃん【CV:田中貴子さん】:「はい!」「私も悔しいです!泣き虫な私、鬼は外!」

小春ちゃん【CV:山口愛さん】:「デザインで悩むとすぐに才能無いかもって思っちゃう!弱気な私、鬼は外!」

真昼ちゃん:「頑固すぎる私、鬼は外!」

リリィちゃん【CV:上田麗奈さん】:「無病息災」

ゆずちゃん:「良いぞ!リリエンヌ!」

あこちゃん【CV:村上奈津実さん】:「すばるきゅん一筋なのに…吉良かなたのあほー!」

夜空さん【CV:大橋彩香さん】:「フフっ!外れ!」

あこちゃん:「えぇ…」

ゆめちゃん:「ひめ先輩!S4のアイカツ武道館ライブでエピソードソロを歌いたいです!」

ひめさん【CV:津田美波さん】:「どうして!?【この上なく優しい言い方の設問】」

ゆめちゃん:「アイドルにはそれぞれ一人一つずつエピソードが有るんです!皆が居たから今の私が有る!」

ゆめちゃん:「皆の気持ちを抱きしめて歌いたい!そう思ったんです!」

エピソードソロはS4が歌い継いできた楽曲だった。

レイさん:「アリア、惜しかったね。」

アリアちゃん【CV:前田佳織里さん】:「はい。でも、悔しいって思えるのは本気で臨んだ証です。もっともっと頑張ります!」

きららちゃんは意気消沈。

きららちゃん:「負けちゃった…」

エルザさん【CV:日笠陽子さん】:「きらら。開けなさい。キャロライン!」

キャロライン:「メー!」

エルザさん:「美味しいステーキの食べ方。熱々な内に食べないと台無しよ。いらっしゃい。ステーキが冷める前に。これから這い上がるのなら尚更。」

きららちゃん:「這い上がります!ステーキいっぱい食べて這い上がります!」

レイさん:【ありがとう。エルザ!】

【アイカツ武道館ライブ】

アイカツ武道館にて始まった虹野ゆめちゃんのアイドル物語。

ゆめちゃん:「私達は星!」

あこちゃん:「アイカツ界を照らす四つの星!」

ゆずちゃん:「絶えず、空に煌めく道しるべ!」

真昼ちゃん:「S4の輝きは…」

四人:「永遠【とわ】に!」


【決勝トーナメントへの意気込み】

エルザさん:「私はパーフェクト!優勝、それ以外有り得ません!」

レイさん:「全力で戦い必ず勝ちます!全てはエルザのために!」

真昼ちゃん:「私は、自分のために!応援してくれる皆さんのために優勝を目指します!」

ゆめちゃん:「私の夢は、世界一のアイドルになることです!見てくれる皆さん。そして、出場するエルザさんと一緒に輝けるようなステージを目指します!」

エルザさん:「甘いわね。ユメ・ニジノ!勝たなければ意味が無い。一緒になんて有り得ないわ!」

ゆめちゃん:「私はできると思います!ですから、お互い全力で輝きましょう!」

エルザさん:「お手並み拝見ね。」

レイさん:「正々堂々闘おう!」

真昼ちゃん:「望むところです!」

次回:「光の剣」

アイカツランキング決勝トーナメント一戦目はゆめちゃん対レイさん


93話
ヴィーナスアークの生徒達が船を降りようとする。

エルザさんのやり方が気に入らないから。

レイさん:「誰一人欠けてもダメなんだ!」

生徒達:「今さら信じられないです。」

真昼ちゃんがレイさんへヴィーナスアークの生徒の光になって導くように提案。

少しでも良いからヴィーナスアークの生徒からの信頼を取り戻したいレイさん。

ローラちゃんが後輩さんからゆめちゃん宛の千羽鶴を受け取っていた。

ローラちゃん:「勝つんだよ。ゆめ!負けて気づくことも有るしエルザさんも同じだと思う。ゆめにはその使命が有る!」

ゆめちゃん:「うん!私、勝つよ!絶対に優勝する!」

レイさんを決勝トーナメントに出場する資格無しと表現したエルザさん。

真昼ちゃん:「取り消してください!今の!」

ゆめちゃんと真昼ちゃんが懇願したことで決勝トーナメントに出場できることになったレイさん。

ゆめちゃん:「ありがとうございます!」

レイさん:「決勝トーナメントで皆の光になってみせる!」

第一戦は虹野ゆめちゃん対騎咲レイさん。

レイさん:「闘おう!正々堂々と!」

ゆめちゃん:「はい!」「皆の思い!皆を輝かせるために…虹野ゆめ!行きまーす!!」

レイさん:【こんなにも輝けるのか!だが、負けるわけにはいかない!】「騎咲レイ、全てはエルザのために!」「さぁ!行くよ!もっと華やかに!」

きららちゃん:「レイちゃんカッコいい!」

アリアちゃん:「感動!とても感動です!」

アイカツランキング第一戦の勝者:【虹野ゆめちゃん】

レイさん:【拍手】【ゆめちゃんと握手】「悔いは無いと言ったら嘘になる。きらら、アリア…すまない…皆の光にはなれなかった」

涙ぐんできた。

きららちゃん:「そんなこと…!【涙ぐむ】」

ヴィーナスアークの生徒一同:「そんなことありません!レイさんは、私たちの光です!」「とても輝いてました!」「だから、ヴィーナスアークに残ります!」

真昼ちゃん:「レイさんは光です!」

ゆめちゃん:「レイさんらしいです!」

レイさん:「そうか…【嬉し泣き】」

真昼ちゃん:【次は、私の番!】

次回:「真昼の輝き」


94話

真昼ちゃん対エルザさん。

控え室にて準備する真昼ちゃん。

真昼ちゃん:【次は私の本気を見せる番!】【でも…】

ドーナツとカフェオレでティータイム中のひめさんと夜空さん。

エルザさん:【もう少しよ…エルザ…もう少しで…】

気合い入れて瓦割りする真昼ちゃん。

あこちゃん:【カタカタカタカタ】

ゆめちゃん:「久しぶりに見た気がする!」

ステージに立つ理由を今になって考え始めた真昼ちゃん。

真昼ちゃんの弟子:「姉さんは言ってくれました!ステージを楽しめば良い!」

アリアちゃん:「お師匠様は言ってくれました!本気だから楽しいと!」

ゆめちゃん達も真昼ちゃんを鼓舞した。

ゆめちゃん:「真昼ちゃん。待ってるから!」

真昼ちゃん:「その必要は無いわ!すぐに追い付くから!」

せーので、アイカーツ!

別にエルザさんに恨み有る訳じゃないけど、エルザさんには負けてほしい。

負けることで大事なことに気付く方がより感動的だし。

真昼だって空を輝かせる。

太陽の向こうで輝いてる一番星との決着のためにここでは負けられない真昼ちゃん。

真昼ちゃん:「咲き誇れ!私だけのドレス!」

今までの中でベストなパフォーマンスをした真昼ちゃん。

アイカツランキング第2戦の勝者はエルザさん。

真昼ちゃん:「エルザさん。勉強させていただきました!ありがとうございました!」

負けたけど、ゆめちゃんと競える機会は有る。

小春ちゃんがライバル宣言。

朝陽くん:「香澄真昼の兄に産まれて良かった!小春ちゃんも良く言った!」

夜空さん:「負けて悔しかった!?」

真昼ちゃん:「少し」

夜空さん:「正直に言うとね…去年のS4戦で真昼に負けた時、実は私もちょっとだけ悔しかった!」

互いに悔しさを知ったことで深まった姉妹の絆。

アイカツランキングを優勝した際にアイドルを辞める宣言したエルザさん。

きららちゃん:「絶対めー!」

レイさん:「ゆめ!エルザを止めてくれ!」

次回:「孤独な太陽」

ゆめちゃん:「掴め!アイドル一番星!」


95話
決勝に残ったのはゆめちゃんとエルザさん。

エルザさん【CV:日笠陽子さん】:「ユメ・ニジノがここまで来るなんて。いえ。あのヒメ・シラトリが認めた逸材だから当然というべきかしら。だけど、私には最強の証である太陽のドレスが在る!

エルザさんがアイカツランキングで優勝したら引退する。

ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:「私は、エルザさんにアイドルをやめてほしくない!」

レイさん:「私たちは必死に説得したんだ!でも、聞く耳さえ持ってもらえない!」

レイさん:「ゆめ!キミには違う輝きが在る!決勝ステージで勝って彼女を止めてくれないか」

ゆめちゃん:「全力でぶつかります!」

エルザさんが絶対的に勝つとは限らないひめさん。

エルザさん:「あなたに私の何が分かると言うの!下がりなさい!」

レイさん:「クッ!」

ローラちゃん、真昼ちゃんに押され決勝の曲は「ミュージックオブドリーム」に決めたゆめちゃん。

リリィちゃん【CV:上田麗奈さん】:「このような諺が在ります。「才子才に溺れる」優れた才能を持つ者はかえって失敗する。ゆめさん、あなたが小春さんと作ったドレスは努力の結晶!自信を持って纏うべきです!」

あこちゃん【CV:村上奈津実さん】:「きららをあんなに泣かせるなんて!仲間の大切さをエルザ・フォルテに叩き込んでやるべきですわ!ゆめ!あなたならできますわ!」

絶対にエルザさんに勝ちたいと感じるゆめちゃん。

ひめさん:「眠れないの!?ゆめちゃん。」

ゆめちゃん:「ひめ先輩!」

ひめさん【CV:津田美波さん】:「遂に決勝まで来たのね。凄いわ!」

ゆめちゃん:「皆が私をここまで押し上げてくれたんです!それなのに、まだ勝てる気がしなくて…エルザさんは決勝で勝ったらアイドルをやめるって言い出して。それって違うと思うんです!」

ひめさん:「私も同じ意見かな」

ゆめちゃん:「だから、決勝ステージは負けられないんです!ひめ先輩、どうしたら勝てますか!?」

ひめさん:「ゆめちゃんはゆめちゃんらしくって事かしら。パーフェクトが一番じゃないって事がもうゆめちゃんはわかってると思ったんだけどなぁ!」

太陽のドレスを纏った勇姿を見てほしいとフォルテさんに留守電で伝えたエルザさん。

レイさんの忠言:「まるで既に優勝したようだね!あまり虹野ゆめを甘く見ない方が良い!」

エルザさん:「助言として受け取っておくわ。早くヴィーナスアークを降りなさい!」

レイさん:【エルザ、確かにキミはパーフェクトなアイドルだ。しかし、アイドルに肝心なのはパーフェクトだけじゃないというのをゆめを通じて感じたんだ!ならば、キミも!】「きらら、アリア!二人に手伝ってほしいことが在る!」

きららちゃん:「何!?」

アイカツランキング決勝ステージの幕開け!

レイさん・きららちゃん・アリアちゃんがフォルテさんのもとを訪れる。

レイさん:「話が有ります!」

エルザさん:「恐らくこれが最後のステージ!ファイナルパーフェクトにするわ!」「ドレスが私を強くする!私こそがパーフェクト!」

ゆめちゃん:「凄い…迫力…!」

リリィちゃん:「圧倒的に美しいステージ!」

ゆずちゃん【CV:田所あずささん】:「だぞ!」

小春ちゃん【CV:山口愛さん】:「隙が無さすぎるね…!」

真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】:「まさにパーフェクト…!」

ローラちゃん【CV:朝井彩加さん】:「認めざるを得ない…!」

あこちゃん:「これ以上のステージをしないと勝てない…!」

ゆめちゃん:【結局エルザさんに勝つための何かを見つけることができなかった…後悔しないように!】

ひめさん:【パーフェクトな事が必ず一番じゃないと私は思うわ!】

ゆめちゃん:【そうだ!だったら私は!】

次回:「みんなで輝く!」

ゆめちゃん:「掴め!アイドル一番星!」

いつもより気合い入った「掴め!アイドル一番星」


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930