ホーム > mixiユーザー(id:63969955) > mixiユーザーの日記一覧 > アイカツスターズ!26話から30話

mixiユーザー(id:63969955)

2019年11月14日06:52

38 view

アイカツスターズ!26話から30話

26話

リリィちゃんが復学するのが楽しみなゆずちゃん。



ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:『ゾクゾクする…』
真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】:『これは…』
ローラちゃん【CV:朝井彩加さん】:『何この迫力!?』
小春ちゃんが寒さで寝てしまいそうなので寝ないように促す三人。ゆずちゃん【CV:田所あずささん】:『リリエンヌー!お帰りー!』
リリィちゃん【CV:上田麗奈さん】:『ゆずからタックルを受けるとまた休学になりますわ。』

リリィちゃんに挨拶したゆめちゃん。
ゆめちゃんもリリィちゃんも互いにS4を目指してる歌組のライバル同士。
リリィちゃん:『ゆず、行きましょう。』
倒れるリリィちゃんの気配をいち早く察した幼なじみのゆずちゃんが保健室へ連れていく。

ゆずちゃんいわくリリィちゃんは病弱だが、昔と比べたら元気。
リリィちゃんは歌組幹部で前年のS4決定戦の決勝まで勝ち進むも、病気で欠場した。
リリィちゃんが気がかりでよそ見して足を捻挫してしまったゆめちゃん。
捻挫が治るまで1週間安静。

リリィちゃんが復学した記念ステージが決定!!
リリィちゃん:『無論。私はそのために…!』
ローラちゃん:『ゆめ!リリィ先輩のライブが生で見られる!楽しみだね!』
ゆめちゃん:『うん!【リリィちゃんを見つめる】』

各組の幹部が勢揃いでリリィちゃんの復学ライブをバックアップ。
リリィちゃんはそのくらい人望が有るって証。
保健室によく来てるから何がどこにおいて有るか詳しいリリィちゃん。
ゆめちゃん:『リリィ先輩は不安じゃないですか!?久しぶりのライブ。』

リリィちゃん:『皆と同じじゃないといけないんですか!?慣性や記憶力や運動能力や顔立ちやスタイル、声の質も声量も様々で…それが個性なのです。今あなたにできることをやる。それがセルフプロデュースです。心無い人に『アイドルは向いてない』と言われた事も…』
ゆめちゃん:『そんな…!痛っ!』
リリィちゃん:『それも1つの意見です。』
ゆめちゃん:『辛くないんですか!?』
リリィちゃん:『そういう時は自分に言い聞かせるんです。『ここは極寒の地。でもいつか冬が終わり春が来る!!』』
リリィちゃん:『その時まで私は歌い続ける!いかなる困難が降りかかろうと…誰も私の夢を奪うことはできないのだから!…少しわかりずらいでしょうか!?』
ゆめちゃん:『いえ!すごく分かります!私もひめ先輩みたいになりたいって思ってます!』

リリィちゃん:『想像で終わらせないために、明日のステージ必ず成功させます…!では、お大事に!!』

ライブ当日。
ゆずちゃん:『大丈夫大丈夫!練習してたんでしょ!?リリエンヌなら絶対に大丈夫!』
リリィちゃん:『ゆずがそう言うなら大丈夫ですね!』

リリィちゃん:『ドリームシャドウコーデ。この衣装で参ります!白銀リリィ、この一時に魂を込めて!!』

才能だけじゃなく帰りを待ち続けてくれた皆に歌を届けたいって思いを一曲に込めたリリィちゃん。
ライバルとして握手したゆめちゃんとリリィちゃん。

次回:『小さなドレスの物語』

27話
オータムコレクションのこと話したらドレスメイクしたくなったゆめちゃん【CV:富田美憂さん】。
プレミアムレアドレスの制作過程の見学をゆめちゃんとリリィちゃんに許可したひめさん。
コンセプトは『忘れられない記憶』
マイリトルハートってブランドを作ったのがひめさん。

マイリトルハートの経緯を聞いて益々マイリトルハートってブランドが好きになったゆめちゃん。
無限の可能性が秘められてるドレスのデザインで迷うひめさん。
ひめさん【CV:津田美波さん】:『誰からも愛されるドレスを作れたらって!』
オリジナルブランド目標なリリィちゃん。

真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】:『私の目標はただ1つ!お姉ちゃんを越える!!お姉ちゃんとは別のトップアイドルを目指してるの!押忍!!』
ゆめちゃん:『押忍!!』
あこちゃんの目標はすばるくんとの共演。
小春ちゃんの目標は自分らしさを見つけたい。

ひめさんを呼び止めたすばるくん。
すばるくん:『アイツ【ゆめちゃんの事を指してる】想像してた以上の凄いステージするだろ!確か…お前も1年の時そういうこと有っただろ!?』
ひめさん:『あっ、着いたみたい!』
学園長がすばるくんに頼み事。

ひめさんみたいなS4になりたいってのは前代未聞な例なゆめちゃん。
歴代S4をパソコンで調べるゆめちゃんとローラちゃん。
雪乃ほたるさん【はかない流れ星と言われた歌声】、アンナ先生【ロック界の新星と言われた】

リリィちゃんの部屋をゆめちゃんが訪れる。
ゆめちゃん:『どうしてオリジナルブランドを立ち上げたいと思ったんですか!?』
リリィちゃん:『聞いてどうするのですか!?』
ゆずちゃんから貰った本のドレスを見て身体全体に稲妻が走った感覚になったそう。

リリィちゃん:『自らが愛するドレスでステージに立ちたい。今でも思います。あれは紛れもなく運命!抗うも引き寄せるもあなた次第!!』
ひめさんが仕上げたプレミアムレアドレスのシークレットダイアリコーデでいざステージへ!!
ひめさん:『行きます!』
ひめさんのライブパフォーマンス美しすぎる…。
ゆめちゃん:『ひめ先輩はひめ先輩、私は私ですよね!』

学園長:【これ以上かぎまわらないでくれないか。全ては虹野のためなんだ。頼む。】
すばるくんがゆめちゃんと距離感を置くように。
28話
ハロウィンプリンセスという称号のためにお菓子集めすることに。
小春ちゃんの衣装はフェアリー、ゆめちゃんの衣装は見習い魔女。
ローラちゃんは幸花堂のたい焼きの着ぐるみ。
あこちゃんは猫さんの衣装。

謎の美少女軍団が立ちはだかる。
ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:『食べ物を粗末にしちゃいけないんですよ!』
フェイクのお菓子を投げつけてた。
ローラちゃん【CV:朝井彩加さん】がバランス感覚でお菓子を弾き飛ばしながら階段を登っていき各組幹部からお菓子をゲット!!

先生方が待ち受けてるショー劇場に到着したゆめちゃん達。
動く床をものともしないムーンウォークの応用技で前進する真昼ちゃん。
真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】:『アイカツ!アイカツフォウ!!』
真昼ちゃんが特大チョコをゲット!!
真昼ちゃんが空手で割り持ち運ぶ。
学園長室は怖いから避けたゆめちゃん、ローラちゃん、小春ちゃん。
学園長【猫さんの着ぐるみ姿】:『いかんな。このままではお菓子が残ってしまう』
あこちゃん達がリリィちゃんのもとに向かった。
寒すぎて凍結した真昼ちゃん。
リリィちゃんの部屋に向かった事が間違いだった。
ゆめちゃん達の前に魔女として立ちはだかるS4。
ローラちゃん:『今日は優しくなさそうだね…』
小春ちゃん【CV:山口愛さん】:『うん…』
ゆめちゃん:『あの…先輩、トリックオアトリート…』

夜空さん【CV:大橋彩香さん】:『お菓子が欲しかったら…』
ツバサさん【CV:諸星すみれさん】:『この魔法を…』
ゆずちゃん【CV:田所あずささん】:『全部避けるんだぞ!』
ひめさん【CV:津田美波さん】:『マジマジマジカル!皆カボチャ頭になっちゃえ!』

カボチャに無力化するローラちゃんと小春ちゃん。
レシーブ、スパイク、トス、アタックでS4に勝利したゆめちゃん。
S4の教え:【人生の中で無駄な経験は何一つ無い】
ゆめちゃん:『はい!ご指導ありがとうございます!』
ジャックオーランタン気に入ったから被っとく状態を続けた小春ちゃん。
M4が立ちはだかる。
すばるくん:『虹野は茹でタコの衣装じゃないのか!?』
ゆめちゃん:『【イラつく】私帰る!!』
ローラちゃん:『待って!小春の分のお菓子貰えないじゃない!!』

微妙って表現されてショックで倒れたあこちゃん。
ゆめちゃんへチョコ一個あげたすばるくん。
あこちゃん:『微妙…すばるきゅんが私のこと微妙って…アハハハ…アハハハ…!!』
好きな対象にそんなこと言われたらショックですよね。
朝陽くん:『カボチャ頭は小春ちゃん!?』
小春ちゃん:『は、はい!』
朝陽くん:『無い方が良いんじゃないかな。フェアリーの衣装もかわいいし外してみたら。』
ヒゲメガネを仕込んでた。
朝陽くん:『ヒゲのフェアリー…』
真昼ちゃん:『はぁ…兄さん…』

M4が小春ちゃんへ大量にお菓子を進呈!!
ハロウィンプリンセスは小春ちゃんに決定!! 
夜空さん:『おめでとう!小春ちゃん!やっぱり私が見込んだだけ有るわね!』
小春ちゃん:『ありがとうございます!』

最後に皆で記念写真撮ったゆめちゃん達。

小春ちゃん:【この素敵な一夜をずっとずっと忘れないと思います。】【それは思い出という名の小さな輝き!】
29話
サッカーのワールドトーナメントのハーフタイムショーを四ツ星学園1年が担当。
ゆめちゃん【CV:富田美憂さん】:『ハーフタイムショーかぁ…!!』
小春ちゃんは家族でイタリアに引っ越すことを言い出せなかった。

S4や幹部の人々は全員ワールドトーナメントのハーフタイムショーに選抜されていて四ツ星学園トップへの登竜門。
全盛期の頃のテイルズシリーズに出演する事が人気声優さんの登竜門的な感じ。
そもそも登竜門とはなんたるか分からないゆめちゃん。

登竜門に関してゆめちゃんに解説した小春ちゃん【CV:山口愛さん】。
先に会場に着いてたローラちゃん【CV:朝井彩加さん】、真昼ちゃん【CV:宮本侑芽さん】、あこちゃん【CV:村上奈津実さん】。
歌組のセンター争いはゆめちゃんとローラちゃん。
小春ちゃん:『私は真昼ちゃんと勝負だね!最後くらいはビシッと決めたいなぁ!』
真昼ちゃん:『えっ!?最後!?』
小春ちゃん:『あっ、何でもない!!』

小春ちゃん:『あのね、ゆめちゃん。お父さんの仕事の都合でイタリアに行くことになってて今回は長くなりそうなの。イタリアならファッションの勉強なんかもできるかなって…ゆめちゃん!?寝てる!?【微笑む】』

今度こそゆめちゃんに勝とうと練習するローラちゃん。
イタリアに引っ越すタイミングを逃しまくる小春ちゃん。
ゆめちゃんいわくスイーツは女の子のエネルギー源。
あこちゃんが脳内ベースをカタカタして美味しいシュークリームを食べに行く事にしたゆめちゃんと小春ちゃん。
ローラちゃんと真昼ちゃんは行かず。
ゆめちゃんと一緒に居たら勝てない気がするローラちゃんへ『付き合おうか、レッスン』と告げた真昼ちゃん。

アンナ先生:『練習のしすぎは逆効果だぞ!…もう負けたくない…か。』
ローラちゃん:【やるべきことは全部やる!もう負けたくない!】

ゆめちゃんと距離を起きソロで活動する事にしたローラちゃん。

ローラちゃん:【ゆめ!今回は負けたくない!】
ゆめちゃん:【何か変!?】

ローラちゃん:『ゆめ!負けないよ!ここからは私の時間!!』
ゆめちゃん:【ローラ…本気だ!】『虹野ゆめ、行きます!』
ローラちゃんがゆめちゃんに負けたくないと思ったステージにてゆめちゃんがあの力を発揮。
ローラちゃん:【そんな!?ゆめ!?】

ゆめちゃんが歌組のセンターに決定!!
ローラちゃん:【どうして!?なんで勝てなかったの!?】

アンナ先生:『それで勝てると思ったのか。個性が大事だと。個性は人それぞれ。虹野には虹野、桜庭には桜庭の個性が有る。お前は、お前のやり方で輝けば良い。』
ローラちゃん:【私自身のやり方で輝く…】
あこちゃんが劇組のセンターに決定!!

ローラちゃん:『ゆめ!今日から私達は本当のライバルだからね!』
ゆめちゃん:『今までもライバルだったでしょ!?』
ローラちゃん:『今までとは違うの!私は私のやり方で輝く!』

次回は美組のセンター争い。そして、小春ちゃんが…
30話
喉の調子に限界が来つつあるゆめちゃん。
ゆめちゃん:【知らない内に負担がかかってるのかな】『もっと腹筋鍛えなきゃ。』

ローラちゃんはしばらく一人で練習する事に。
小春ちゃん【CV:山口愛さん】:『あのね、ゆめちゃん。私…海外に引っ越すんだ。』

小春ちゃん:『ごめんね、言うのが遅くなっちゃって…泣かないで、ゆめちゃん!私達にはアイカツが有る!!遠く離れても一緒に頑張れるって信じてるから!』
笑顔でお別れすることを誓ったゆめちゃん【CV:富田美憂さん】と小春ちゃん。

サプライズでお別れパーティーを提案したゆめちゃんに賛同したローラちゃん、真昼ちゃん、あこちゃん。
小春ちゃんはいつもゆめちゃんの話をしていて誰よりもゆめちゃんを応援していた。

パーティーの最後はゆめちゃんが小春ちゃんのために歌うって決まる。
荷造り終えた小春ちゃんをサプライズでお別れパーティーの会場に案内したゆめちゃん。
小春ちゃんの名場面スライドショー。
S4の方々や先生方も駆けつける。

ゆめちゃんが小春ちゃんへのはなむけのステージを披露しようとするも喉に限界が来てステージの最中に咳き込んでしまい倒れてしまう…。
ひめさん・学園長:【!!】
ゆめちゃん:【小春…ちゃん…【気を失う】】

親友の小春ちゃんと笑顔でお別れするって決めたのにお別れの場に立ち会うことすらできなかったゆめちゃん。これは辛すぎる…。 
小春ちゃん:『ゆめちゃん…大丈夫かな!?』
朝陽くんがファン代表として花を渡す。
夜空さんも小春ちゃんへ餞別を渡す。
【未来へはばたけ七倉小春】という横断幕と声援に気付いた小春ちゃん。
ゆめちゃん:『小春ちゃんにきちんとお別れしなきゃ…』
ひめさん【CV:津田美波さん】:『ゆめちゃん、小春ちゃんはもう…出発したわ。出発の直前まで枕元に付きっきりだったわ』

ゆめちゃん:『そんな…私…小春ちゃんに喜んでもらいたかったのに…【涙を流す】』
ひめさん:『ゆめちゃん、話が有るの。私達は運命に選ばれたの。まるで、アイカツシステムに選ばれたみたいに。始めの内はステージが思ってる以上にできていたけど…』

ひめさん:『何度か続ける内に声が出なくなっていた。』
学園長:『甘えるな、白鳥!お前には才能が有る!!研いて乗り越えろ!ステージから与えられた試練だと思え!』
ゆめちゃん:『今は小春ちゃんの事で頭がいっぱいで』
ひめさん:『良いの。負けないで。』

ゆめちゃんが部屋に戻った際に小春ちゃんが出発する直前に書き置きした手紙を見つける。

小春ちゃんがゆめちゃんに宛てた手紙:【ゆめちゃん、もうすぐ出発の時間です。最後に二人で話せなかったから、お手紙を書くね。今まで、ありがとう。ずっとずっと楽しかったね。アイドルに憧れて、S4ファンになって、二人で四ツ星学園に入れたなんて…】【今も信じられない。毎日がキラキラしてて本当に夢みたいだったよ!私がイタリアに行こうって思えたのは、ゆめちゃんのおかげなんだ!ゆめちゃんの凄いステージを見れて私も成長したいって思った。】【その為には今の私じゃダメだって気がするの。私達はまだ未来の途中。新しい場所で新しい未来を探してきます。私の…新しいアイカツのスタートラインです!!】【これからも一生ゆめちゃんのファンです!!】

ゆめちゃんの決心:【ごめんね、小春ちゃん!きちんとお別れできなくて…もう二度とあんな失敗ステージ見せたくない!絶対に!私もここが新しいスタートライン!!ゆめの夢はS4になること!!】

お別れ回で挫折演出は初めて見た気がする。
小春ちゃんは長期退場するけど、戻ってきたら最後まで四ツ星学園に居るから帰ってきたらゆめちゃんと小春ちゃんで『お帰り!』『ただいま!!』的な台詞のやり取りが聞きたい!
小春ちゃん、またね!
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930