ホーム > mixiユーザー(id:63969955) > mixiユーザーの日記一覧 > フルーツバスケット 23話から25話

mixiユーザー(id:63969955)

2019年10月02日06:40

23 view

フルーツバスケット 23話から25話

追試】


追試になった透ちゃん。

うおちゃん【CV:種崎敦美さん】:「透、もしかして取っちゃったのか。赤点。」

由希くんにテスト勉強教えてもらったのに赤点取ったから情けなく感じる透ちゃん。

夾くん【CV:内田雄馬さん】:「お前追試なんだって!?あんま考えすぎると熱とか…早速か!」

透ちゃん【CV:石見舞菜香さん】:「ふぁい…」


【熱】

お買い物とかバイト休む事にした透ちゃん。

紅葉さん【CV:潘めぐみさん】:「えー!?トオル風邪なの!?」

紫呉さん【CV:中村悠一さん】:「もみっち。声大きい。風邪を治すために透くんは休むの。」

紅葉さん:「わかった!任せといて!【透ちゃんの代わりにバイト】」

透ちゃんのためにお粥さん作る夾くん。

紫呉さん:「僕達の晩ごはんは!?」

夾くん:「出前に決まってんだろ!」

紫呉さん:「家壊したら罰金だよ!?」


【透ちゃんの弱音】

夾くん:【涙目の透ちゃんを見て】「なんだよ。弱音。聞くから。言えよ。」

透ちゃん:「お母さんとの約束、守りたいです!なのに赤点取って…由希くんに教えてもらったのに…もっと…もっと、しっかりした人間になりたいです!」

夾くん:「終わりか。」

透ちゃん:「終わりです。」

夾くん:「赤点なんざ追試でいくらでも挽回できんだよ!」「くそ由希なんて死ぬくらいこき使ってやりゃ良いんだよ!つーか、死ね!くたばれ!」「風邪なんてパッと治してヘラヘラ顔しろや!」

透ちゃん:「へ、ヘラヘラ!?」

夾くん:「でないとなんか…調子狂う。」

透ちゃん:【これは、つまり…励ましてくださってるのですね。】【嬉しい!嬉しいです!夾くん!】


【あれはわざと】

紫呉さんに対し故意に注射をミスっていたはとりさん。

はとりさん【CV:興津和幸さん】:「あれはわざとだ。」

紫呉さん:「酷いよ!はーさん!なんとなく気付いてたけどね!」


【はとりおじちゃん】

お見舞いに来た紀紗ちゃん【CV:上田麗奈さん】がはとりさんをおじちゃん呼び。


【誰かのために】

追試対策ノートを透ちゃんに渡した由希くん。

透ちゃん:【自分のためではなく誰かのために元気になりたい。そう思えるのは、なんと幸せなことでしょう!】

透ちゃん:【私の元気の源は、いつも皆さんが与えてくれるのです!】


【師匠】

追試合格できた透ちゃんと花ちゃん。

透ちゃんが好きな季節は夏。

好きな理由:【バイトがたくさんできる】

夾くんは雨が降ると体調を崩す体質。

夾くんが師匠と慕うカズマさんが信号越しに夾くんの笑顔を見て驚いた素振りを見せる。


【突然の来訪】

帰宅。

夾くん:【扉を開ける】

かぐらちゃん【CV:釘宮理恵さん】:「お帰り!愛しの夾くん!」

夾くん:【秒で扉閉める】「これは、一生開かねえな!」

かぐらちゃん:【ガラス張りの扉を割り夾くんの胸ぐらを掴み】「開けろや」

夾くん:「は、はい…」

修理費が増え涙を流す紫呉さん。

紫呉さん:【夾くんとかぐらちゃんの追い出し作戦決行。結果、ガラス扉一枚という最小限の修理費に抑えることに成功】

由希くん:「押しを弱めれば良いのに、かぐらも。」

透ちゃん:「毎日会いたいという気持ちを抑えてるように見えます。」


【ありのままを】

草摩家に関しては分からないことばかりだけど、事情や内情を知ってもありのままを受け止めたいと感じた透ちゃん。


【夾くんにとってのタブー】

夾くんの左腕の数珠は夾くんにとって触れないでほしいタブー。

かぐらちゃんが夾くんに拘る理由:【知らないから】【知らないから、私が…あの時…】【気付いてないのそれ【距離を置くようになったのは】は、夾くんの方からなんだよ。】


【師匠と弟子】

カズマさん【夾くんの師であり養父】【2019年版では森川智之さんがキャラクターボイスを担当】:「夾。元気そうだな。夾。」

夾くん:「し、師匠!?」

次回:「帰りましょう」

24話


【夾くんの過去回想】

籍真さんとの出会い。

夾くん:【俺のせいじゃない!俺のせいじゃない!】

籍真さん【CV:森川智之さん】:【分かっているよ。夾、わたしと暮らさないかい!?】



紫呉さん【CV:中村悠一さん】:「お元気そうで何よりです。籍真殿。」

籍真さん:「紫呉くんも仕事が順調なようで喜ばしい限りですよ。」

紫呉さん:「ぼちぼちですよ!」

透ちゃん:【籍真さんへお茶を淹れる】

籍真さん:「あ、ありがとうございます。」

透ちゃん【CV:石見舞菜香さん】:「い、いえ!」

透ちゃん:【この方が以前夾くんが話してくださった】

楽羅ちゃん【CV:釘宮理恵さん】:「師範!お久しぶりです!」

籍真さん:「ああ!久しぶりだね!楽羅!」

由希くん【CV:島崎信長さん】:「お久しぶり…です…」

籍真さん:「背も伸びて大きくなりましたね!由希。」

紫呉さん:「透くん、この方は草摩籍真殿。」

紫呉さん:「夾くんの師匠であると共に由希や楽羅、はーくん達にも武術を教えたんだよ!」

籍真さん:「透さんとお呼びしてもよろしいですか。」

透ちゃん:「はい!はじめまして!ほ、本田透です!」

籍真さん:「噂はかねがね。十二支のこともご存知だそうで」

透ちゃん:「はい!」

山籠り以来の再会なのに籍真さんを避ける夾くん。

理由:【由希くんの前では素直に喜べない】

籍真さん:【夾くんの自室の場所を透ちゃんから聞く】「それだけ分かれば充分です!」

紫呉さん・楽羅ちゃん:「夾くんらしいね!」


【以前の猫憑き】

夾くんが産まれる以前の猫憑きが籍真さんのお祖父様。

楽羅ちゃん:「だから、夾くんの立場を一番理解できるのは師範かもしれない。だけど、それ以上に師範は夾くんのことをとても大切に思ってるみたいだった。本当のお父さんみたいに。」

透ちゃん:「本当の…お父さん…」


【最良の環境】

夾くん:【師匠と一緒に道場に帰って暮らしたい旨を伝える】

籍真さん:「お前は…ここで暮らしていくんだ。」

夾くん:「約束破るのかよ!?師匠もアキトが怖いのかよ!?」

籍真さん:「違う。お前にとって最良の環境と判断したからだ。」「あの子【透ちゃん】との出会いが偶然とは言え癒しになる。」

夾くん:「俺は、癒される事なんて望んでいない!嫌なんだよ…」

籍真さん:【そうではないだろう。嫌なのではなく…】


【本当の目的】

籍真さんが来訪した本当の目的:【本田透ちゃんに夾くんの本当の姿を見せた時に透ちゃんはどのような反応をするか試すため】

簡潔に言うと透ちゃんと夾くんに与えられた最初の試練。

籍真さん:「先に詫びておきます。」

紫呉さん:「なぜそのようなご決断を!?」

籍真さん:「あの子のあんな顔【夾くんの笑顔】を見て彼女【透ちゃん】ならあの子の心を開くのではと。彼女もまた受け入れるのではと。それを見極めるのに最良の時期は今しか無いのでわと。」

紫呉さん:【彼女に全てを委ねてしまうのか。あなたまで…】

成功する確証は無いが、万一の可能性を透ちゃんに賭けてみたいという旨を紫呉さんに伝えた籍真さん。

紫呉さんと籍真さんの会話をドア越しに聞いていた楽羅ちゃん。


【透ちゃんと夾くんの最初の試練】

籍真さん:「今夜、時間をいただけませんか!?」

透ちゃん:「はい…【!?】」

曇天に夾くんを外に呼び出した籍真さん。

籍真さん:「そろそろ本来の姿を受け止めなければ前に進めない」

夾くん:「受け止めてるよ!俺の人生は…猫憑きで産まれた時点で終わってる代物なんだって!それがネズミの、アイツのせいだってことも!アイツがそもそもの元凶だってことも!」

籍真さん:「変わっていないね。お前はそうしてこれからも生きていくのか!?耳を塞ぎ目を閉じ由希を憎む事で全てを覆い隠し…そうすることでしか自分を保っていけないのか!?そして、たった1人で死んでいくのか!?祖父のように。お前は言ったな。「ここが嫌だと。」だが、違う。お前は逃げてるだけだよ!ぬるま湯を称したのが自分を癒していくのがわかる。だが、本来の姿を知られたくはない。知られて失うのが怖い。

その曖昧な状況から、お前は逃げようとしているだけなんだよ!ならば!ならば、私はその逃げる手を取ろう!失うか失わざるかその結果を導こう!夾、お前の人生は本当に終わっている代物なのか!【左手の数珠を外して本来の姿を解き放つ】」

夾くん:【背後に視線を感じ振り返り透ちゃんの姿を確認する】「見るなぁぁぁ!」


夾くんの本当の姿を見て気持ち悪いと呟いたアキトさん【CV:坂本真綾さん】。

透ちゃん:「夾…くん!?」

夾くん:【見られた!見られた!見られた!終わりだ!終わりだ!全部!もう…ダメだ…】 

籍真さん:「あれが彼が隠していた猫憑きのもう一つの姿です…気味が、悪かったですか!?」

籍真さん:「怖いと思いましたか…」

透ちゃん:【無我夢中で夾くんを追う】

籍真さん:【癒して、くださいますか】

透ちゃん:【嗅いだことの無い匂い…見たこともない姿…あれが…夾くんのもう一つの姿…私はいったいどうしたら…何が起きているのか…本当はどうするべきなのか…分からないです…でも…でも!】

夾くんの数珠はお母様が愛している証として付けたが、その事が夾くんの逆鱗に触れた。

透ちゃん:「夾くん…!」

夾くん:「寄るな!のこのこついて来て何やってんだよ!」

透ちゃん:「夾くん!!」

夾くん:「寄るなっつってんだろ!なんなんだよお前!目見えてんだろ!?鼻効いてんだろ!?薄気味悪いだろ!?気持ち悪いだろ!?なんで!ほっとかねえんだよ!?」同情なんかごめんなんだよ!頼むから…頼むからこれ以上!」

透ちゃん:「夾くん、でも…私…」

夾くん:「触るなぁ!【透ちゃんを吹っ飛ばす】消えろ!ウザいんだよ!目障りなんだよ!今度はぐちゃぐちゃに切り刻むぞ!消えろ!【いっそ失うなら…これ以上無いってくらいに傷つけてやる!もう二度とコイツが気に病まなくて済むくらい。振り向くって気にもならないくらいにダメにしてやる!もう嫌なんだよ!失うのは!】やめろよ!そんな物【愛情】要らないんだ!押し付けんなよ!」

透ちゃん:【夾くんを抱きしめる】「帰りましょう!帰らないとダメです!」

夾くん:「やめろ!はなせ!」

透ちゃん:「嫌です…!」

夾くん:「分かれよ!」

透ちゃん:「分かりません!」

夾くん:「はなせよぉ!」

透ちゃん:「これからは、ちゃんと分かっていきたい!夾くんが私の弱音をちゃんと聞いてくださるように!夾くんの弱音を私にも聞かせてほしい!怖いことも弱いこともちゃんと教えてほしい!一緒に暮らしていきたいから!ご飯食べたり…勉強したり…悩んだり…そんな風に一緒に暮らしたいんです!」

夾くん:「怖がっても良かったんだ。怖がってるのは、俺をちゃんと見てくれてる証拠だ…!でも、母さんは愛情で誤魔化して見ようとしなかった。考えようともしなかった。俺は…ちゃんと一緒に考えて…悩んでほしかったんだ…!一緒に…生きていこう!」

夾くん:【バカみたいだ…そんなこと誰も…口にしてくれないって思ってた…思っていたのに…!】「透…透…!」【そうやって…そうやってお前は…俺の醜い感情を…泥のついた物思いも一つずつ溶かしていってしまうんだ…どうしてお前みたいな奴が俺の側に居てくれるんだ。泣いて…くれるんだろう。どうして願うんだろう。そんな資格在りはしないのに…側に居ることじたい…場違いなのに…なのに…今度こそ大切にしたいって…離れたくないって…願ってしまうのだろう…】

透ちゃんと夾くんが最初の試練を乗り越えたのを見て泣きそうになるくらいの嬉しい表情を浮かべた籍真さん。


次回【1stシーズン最終回】:「もうすぐ夏がやってきます」

2019年版の24話にて透ちゃんと夾くんが初めての試練を乗り越えましたが、この回が以前アニメ化した際の山場。

当時は透ちゃん役が堀江由衣さん、夾くん役が関智一さん。

石見舞菜香さん、内田雄馬さんにとっては相当なプレッシャーになったと思いますが、見事な演技でした!

25話

【夾くんを籍真さんが引き取った理由】

夾くん【CV:内田雄馬さん】:【この人がどうして俺を引き取ったのか。同情なのか優しさなのか分からないけど、俺の手を引いてくれた人。】【師匠が、本当の父さんだったら良かったのに。そう言ったら師匠はどんな顔をするか。】

先生の「いったいどんな育て方をしたんだか」という発言に激昂した夾くん

夾くん:【父親じゃなくて良い。傷付けるくらいなら…】


紫呉さん【CV:中村悠一さん】:「やっ、おはよう。」

夾くん:「師匠…師匠は!?」

紫呉さん:「お帰りになられたよ。透くんが送っていった。」

夾くん:「なんだよ、それ…【俺は礼の一言も言って無いのに!】」

籍真さんが透ちゃんへ「夾を引き取ったのは、私の祖父が先代の猫憑きでそんな祖父から「饅頭をあげよう」と手を差し伸べられた際に「要らない。呪われるから」と言ってしまった罪滅ぼしだと思っているんです」と打ち明けた。

籍真さん【CV:森川智之さん】:「残酷な言葉を投げかけた私を祖父は笑って許してくれました。そして、年を重ねて夾を取り巻く環境を第三者の目から見て痛感しました。その愚かさ、残酷さ。私は、夾を引き取ることで己の罪悪感を消したかったのかもしれません。けれど、いつしか愛しさが産まれて。

実の父親のように。あの子の数珠を一方的に奪い、わたしの気持ちを押し付けた。ですから、分からないのですよ。なんと言葉をかければ良いのか。それに、私はきっかけを作っただけ。夾を救ってくださったのは、あなただ。あなたが居てくださったから、夾は…」

透ちゃん【CV:石見舞菜香さん】:「師匠さん、それは本当にエゴなんですか!?私はなんだかとても温かい気分です!師匠さんがどう思うかは分からないですが、私には師匠さんがお父さんに見えるです!」


夾くん:「師匠!」

透ちゃん:「夾くん!」

夾くん:「なんで!黙って帰るんだよ!なんで!そんな…!逃げてくみたいに!」

籍真さん:【夾くんをひっぱたく】

夾くん:「世話ばっか焼かせてごめん…ガキみたいに道場に帰るって約束を逃げ場所にしてごめん…俺は、まだこんなだけど!いつかはちゃんと1人で歩んでいけるようになるよ!傷つけて重荷になったりしないで…師匠が…師匠が、俺の自慢のオヤジだって言えるような!そんな奴に俺は、なる!」

籍真さん:【長くすれ違ってようやく触れ合うことができたのかもしれないね。それは、きっと…】「まだまだ、お前は世話の焼ける息子だ、夾!」

夾くん:「だからって吹っ飛ばす事は無いだろ!」

夾くん:「透!見たか!?これが俺の師匠だ!」

透ちゃん:「はい!はい!はい!」

夾くん:「なんかそう連呼されるとムカつくな。どうせ俺は敵わねえよ」

籍真さん:【それはきっと、この人が…あなたが居てくださったから!】

【闘ってるんだ】

籍真さんの道場に週に三回通う事にした夾くん。

由希くんの事は相変わらず苦手な夾くん。

あの夜の後居なくなってた楽羅ちゃん。

ハツハルくんから見て何か様子が変な由希くん。

ハツハルくん【CV:古川慎さん】:「なんか有った。元気無いみたいだから。」

由希くん【CV:島崎信長さん】:「闘ってるんだ。楽羅の様子は」

ハツハルくん:「楽羅姉ぇがどうかした」

由希くん:「いや、なんでも…」

あの姿の事に関してまだ明かさない事にした由希くん。

ハツハルくん:「気持ちを吐露するのもしないのも由希の勝手だけど、本田さんにはきちんと言った方が良いんじゃない」

由希くん:「俺はお前が心配だよ。人にかまけて」

ハツハルくん:「性分かな。辛くなるよか楽しくなって居てほしいし!」

由希くん:「ふっ、そうだね!」


【嫌なら】

透ちゃんに心配かけた事を詫びた由希くん。

由希くん:「まだ本田さんには言えないこといろいろ有るけど、でも、それも少しずつ…少しずつ…!」

透ちゃん:「はい!」

今年の夏は透ちゃんといろいろ思い出を作りたい由希くん。

由希くん:「嫌かな!?」

透ちゃん:「嫌なんて滅相も」

由希くん:「嫌なら、さらって行くから覚悟して。」

透ちゃん:「ファァァァ!【赤面】」

由希くんの台詞に聞いてるこっちまで透ちゃんみたいに赤面した。

自分男なのに。

夾くんと由希くんが魅力的になりすぎて心臓が持たなくなるかもしれないと感じた透ちゃん。

階段にてすれ違った二人【CV:加隈亜衣さん】【CV:江口拓也さん】は2ndシーズンより本格的に登場。

ハツハルくんと楽羅ちゃん【CV:釘宮理恵さん】がお夕飯に呼ばれた。

楽羅ちゃんが夾くんを吹っ飛ばした際に「グキッ!」って音がしたw

由希くん:「闘ってるんだよ。楽羅も楽羅なりに。」

はとりさん【CV:興津和幸さん】、綾女さん【CV:櫻井孝宏さん】、紅葉さん【CV:潘めぐみさん】、紀紗ちゃん【CV:上田麗奈さん】もお夕飯に呼ばれた。

紫呉さんは草摩の宗家に呼び出された。

透ちゃん:「もうすぐ夏がやって来ます。何かが始まるような不思議です!」

紅葉さん:「ボクもウキウキワクワクなの!海行って、スイカ割りして、クワガタ捕ろうね!」

透ちゃん:「はい!」

紅葉さん:「由希達も一緒にね!」

紫呉さんのことを諦めたくない馬憑きの依鈴さんのもとにお見舞いに行ってた燈路さん【CV:大地 葉さん】。

依鈴さん【CV:豊崎愛生さん】:「諦めるもんか!絶対に、呪いを!」

由希くん:【予感がする胸に】

夾くん:【喉まで広がるくらいの予感がするんだ】

透ちゃん:【言葉さえも見失う…ほどの。】

【フルーツバスケット 1st season 終幕】


フルーツバスケット2nd season、2020年に放送決定!

1st seasonの総括:【本田透ちゃんとしての石見舞菜香さんの声に終始魅了されました。中でも24話での内田雄馬さん演じる夾くんとの初めての試練を乗り越える演出における演技が迫真すぎて涙を我慢できませんでした。】

個人的にお気に入りなシーン

【草摩家にてお世話になっていて由希くんと一緒に住んでる点をつい口を滑らせてうおちゃんとはなちゃんに言った際に「あっ」と透ちゃんが言ったシーン【見ているこっちまで素で「あっ」って声が出た】】【うおちゃんが今日子さんにおぶられながら「透の友達になりたい!透が誇りに思えるくらいの!」と吐露する演出】

10月のには初めて石見舞菜香さんの出演イベントに参加します。

朗読劇も有るとのことで本田透ちゃんとしての石見さんの声を現場で堪能してきます!

フルーツバスケットは今回の新シリーズから初めての視聴ですが、個人的に今まで見てきたアニメの中でも特に好きなアニメになりました!

2ndシーズンからは以前アニメ化した際には描かれなかったその先の物語がアニメ化するそうでプロジェクト初期の時点で「原作完結部分までアニメ化」と銘打たれてる作品なので2ndシーズンも視聴します!

ひとまずは、キャスト・スタッフの方々お疲れさまでした!

また来年お会いしましょう!

ありがとうございました!







1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
忍者モード登場!