ホーム > mixiユーザー(id:63969955) > mixiユーザーの日記一覧 > 「鬼滅の刃」1話から8話

mixiユーザー(id:63969955)

2019年08月27日21:17

88 view

「鬼滅の刃」1話から8話


【なんでこんなことになったんだ!?兄ちゃんが絶対に助けてやるから、死ぬなよ!?】

炭治郎くんが炭を売るために山を降りて町へ。

夜になり泊まっていき翌朝、帰宅し目の当たりにしたのは鬼により襲撃を受けた惨状だった。

ねずこちゃんがうめき声をあげて豹変。

炭治郎くん:【鬼だ!?体が大きくなった!?助けてやれなくてごめんな…】

鬼狩りがねずこちゃんを鬼として討とうとする。

傷口に鬼の血を浴びたら鬼になる。

鬼狩りへ「やめてください!」と土下座して懇願した炭治郎くん。

鬼狩りが「敵を見つける!?妹を治す!?笑止千万!弱者は強者にねじ伏せられるのみ!!【泣くな、絶望するな、時を巻いて戻すことはできない。怒れ!】」

投石すると同時に斧を投げてた炭治郎くん。

飢えた状態の鬼になりながらも炭治郎くんを守ろうとするねずこちゃん。

鬼狩りが炭治郎くんとねずこちゃんを生かす選択をした。

穴の開いた篭を買った炭治郎くん。

炭治郎くん【CV:花江夏樹さん】:『ねずこ!?居ない!?居た!!』

穴を掘ってたねずこちゃん。

炭治郎くん:『篭、入れるか!?』

ねずこちゃん【CV:鬼頭明里さん】:『ん…』

炭治郎くん:『はみ出るな…』

篭になんとか入れたねずこちゃん。

山にて人喰い鬼と遭遇。

お堂の鬼【CV:緑川光さん】:『お前ら、人間か!?』『やるな、斧か。でも、こんな傷すぐ治るからな。ほら、もう血は止まった!二度はやられねぇよ、さぁ。首折るぞ!!』

ねずこちゃん:【鬼の力を発動して炭治郎くんの危機を救う】

お堂の鬼:『てめえら!片方鬼なのかよ!なんでつるんでるだ!』

炭治郎くん:【喋ってる!!】

炭治郎くん:『ねずこを助けるんだ!退けぇ!』

お堂の鬼:『コイツ…硬…頭が…斧を奪うつもりで絡めた髪がもつれた!くそ!!』

お堂の鬼の胴体と共に落下しかけるも助かる。

胴体が高場から落下して悲鳴をあげ気絶したお堂の鬼。

鬼を前にしても優しさの感情が残ってる炭治郎くん。

お堂の鬼:『気を失っていた。身体が死んだのか。てめえ、来いや!おらぁ、聞いてんのかてめえ!!グァァァァ!!【日光を浴びて焼け死ぬ】』

炭治郎くんへ判断が遅い、覚悟が足りんと忠告した左近次さん【CV:大塚芳忠さん】。

炭治郎くんが鬼殺【鬼の討伐者の総称】の器として相応しいか小手調べする左近次さん。

ねずこちゃんを人間に戻して人喰い鬼によって惨い最期を迎えた家族にできなかったことを全てしてやりたいと感じる炭治郎くん。

一人で山から登り降りるように炭治郎くんへ告げた左近次さん。

山には仕掛けが大量。

期限は明朝まで。

炭治郎くん:【呼吸を整えて、罠の匂いをかぎわけろ!!】

炭治郎くん:【だからって全部回避できるほどに身体能力は高くないけど、必ず戻る!ねずこ!!】

左近次さんが炭治郎くんの師になる。

お堂の鬼役として出演した緑川光さん。

過去回想の方が健気でよく喋るねずこちゃん役の鬼頭明里さん。

予告にて晩飯の判断が遅いと左近次さんから叱られた炭治郎くん。

隊員は数百名。

統括者は不明。

鬼を人から守るために奮戦する。

それが鬼殺隊。

選抜試験は最終選別と呼ばれている。

特訓回なのに日記を記すことで面白みが有る。

刀を折ったらお前の身体の骨を折ると左近次さんに脅される炭治郎くん【CV:花江夏樹さん】。

半年昏睡状態のねずこちゃん【CV:鬼頭明里さん】。

ねずこちゃんのために特訓に励む炭治郎くん。

一年後、「もう教えることはない。この岩を斬れたら最終選別に行く事を許可しよう」と炭治郎くんへ告げた左近次さん【CV:大塚芳忠さん】。

炭治郎くん:【岩って斬れるものだっけ、斬れる気がしない!】

諦めない炭治郎くん。

炭治郎くん:「挫けそう、負けそう。頑張れ!頑張れ、俺!!」

狐のお面を被った青年が現れた。

青年【CV:梶裕貴さん】:「かかってこい!俺はお前より強い!岩を斬ってるからな!!」

青年は左近次さんの弟子。

つまり、炭治郎くんの兄弟子。

青年:『進め!男なら!かかってこい!!』

兄弟子のようになりたいと感じた炭治郎くん。

兄弟子の名前は錆兎、錆兎さんと共に左近次さんのもとで養子として育った真菰という名の少女【CV:加隈亜衣さん】。

半年後、炭治郎くんと錆兎さんの文字通りの真剣勝負。

初めて炭治郎くんが勝つ。

泣きそうで嬉しそうな表情を浮かべた錆兎さん。

真菰ちゃんが炭治郎くんに幻術をかけていて炭治郎くんが岩を斬ることに成功!

次回は最終選別回になりそうです!

特訓回を面白くみせる点が凄いと感じた回でした。

最終選別へ行かせるつもりはなかった左近次さん。

左近次さん【CV:大塚芳忠さん】:『炭治郎、お前は凄い子だ!炭治郎、最終選別に必ず生きて戻れ!儂も妹も待っている!覚えておけ、鬼の強さは喰った人の数だ!』

厄徐のお面を餞別として渡した左近次さん。

炭治郎くん【CV:花江夏樹さん】:『鱗滝さん、錆兎と真菰によろしく!』

左近次さん:【炭治郎、なぜ死んだあの子達の名前を知っている!?】

鬼殺隊最終選別の場所に到着した炭治郎くん。

鬼共は藤の花を嫌っている。

7日間生き残る事が鬼殺隊に入隊する条件。

鬼が2体現れる。

炭治郎くん:【全集中、肆の型、写し世!!】

鍛練の成果を早々に発揮。

錆兎さんと真菰ちゃんは大型鬼の手鬼に殺られた。

炭治郎くん:【水の呼吸、弐の型!水車!】


手鬼【CV:子安武人さん】:「今は明治何年だ!?」

炭治郎くん:「今は大正時代だ!」

手鬼:「年号が!年号が変わっているー!!まただ!」

この辺りの演出時事ネタとして使われてそうw

鱗滝さんが大昔に手鬼を封印した。

今まで鱗滝さんの弟子を13人食ってきた手鬼。

錆兎さん【CV:梶裕貴さん】:「落ち着け、炭治郎。呼吸が乱れている。もう良いんだ、俺達のことは!」

勝機を探す炭治郎くん。

炭治郎くん:【新たな犠牲者が出る前に、ここで倒す!!】【全集中、水の呼吸…】

炭治郎くん:【壱の型!水面斬り!!】「テヤァァァ!!」

手鬼:『グァ!!』

炭治郎くん【CV:花江夏樹さん】:『全集中、壱の型!水車!!』

手鬼【CV:子安武人さん】:『ぐぁ!?』『鱗滝!?身体が崩れて消えていく…【どうしてこんなことに…】』

手鬼は昔実兄を喰い殺していた。

手鬼が来世では人間として産まれることを願った炭治郎くんが手鬼に殺られた今までの兄弟子、姉弟子へ敵を討った旨を伝える。

最終選別で生き残ったのはたった四人。

刀の素材であるタマハガネ選び。

謎の男:「五人も生き残ったのかい。優秀だね。」

五人!?一人多い気が。

鬼が人間に戻る術の手がかりを掴めずねずこちゃんへ詫びる炭治郎くん。

ねずこちゃんが長き眠りから目覚め炭治郎くんを抱擁する。

人の血肉を喰らう代わりに睡眠で補ってるねずこちゃん。

炭治郎くんが日輪刀を武器として受け取る。

日輪刀は持ち主によって色が変わる。

炭治郎くんの日輪刀の色は漆黒。

少女が消えてる現象の元凶であるロリコン鬼を討つために北西の町へ。


初めての任務の準備を終えた炭次郎くん。

久しぶりに本編で喋ったねずこちゃん。

左近次さん【CV:大塚芳忠さん】:「その隊服は雑魚鬼では裂けないだろう。」「日輪刀が黒い者は分からなすぎて出世できるか定かではない。」

ねずこちゃんを背負う篭も特製で作った左近次さん。

炭次郎くん【CV:花江夏樹さん】:「ねずこ、ゆっくり休んでろ。」「北西の町ってここなのかな。」

居なくなった少女と直前まで行動していたカズミさんと行動する炭次郎くん。

少女がまたしても連れ去られかける。

炭次郎くんが鬼の匂いを察知。

炭次郎くん:【匂いが一番濃い場所、ここだ!!】【少女を救う】「伍の型!」【三体に増えた!?】「捌の型、滝壺!【浅い!】」「参の型、水車!【また浅い!】」

ねずこちゃんが炭次郎くんの危機を救う。

鬼からすれば人間に味方する鬼が剣士と共に行動するのはイレギュラー。

左近次さんがねずこちゃんへ「人間は皆家族。人間に害を及ぼす鬼を許すな!」と暗示をかけていた。

ねずこちゃん【CV:鬼頭明里さん】:「てぃ!!【鬼へ攻撃】」

炭次郎くんとねずこちゃんの敵である無惨【CV:関俊彦さん】が次回初登場

ねずこちゃんが鬼を滅する鬼として戦闘を開始#鬼滅の刃

炭次郎くん【CV:花江夏樹さん】:「ねずこ!深追いするな!こっちに来い!」「ねずこ!俺は下に行く!二人を守ってくれ!できるな!?」

ねずこちゃん【CV:鬼頭明里さん】:「ン…!【頷く】」

沼の中には今まで食われた人の衣服が。

炭次郎くん:「全集中!水の呼吸、陸の型!」

沼の中の二体の鬼を討った炭次郎くん。

異能を覚醒していなくて長期戦で不利になるねずこちゃんのもとに駆けつけた炭次郎くん。

炭次郎くん:「妹に触るな!」「おまえ達はいったいどれだけ殺してきた!?」

鬼:「女はなぁ!ある程度の年を過ぎると醜くなるんだ!俺たちに感謝しな!」

炭次郎くん:「もう良い!」

炭次郎くん:「鬼舞辻無惨のことに関して教えてもらう!」

鬼:【震える】

炭次郎くん:「話してもらおう!話せ!」

鬼:「言えない…言えない!」

無惨【CV:関俊彦さん】:「喋ったらいけない。私はいつでもキミを見ている。」

鬼:「言えない!言えないんだよ!」

炭次郎くん:【鬼を斬る】【また何も聞き出せなかった…】【ねずこ。必ず兄ちゃんが戻してやるからな。】「カズミさん。失っても失っても生きていくしかないんです。」

婚約者が鬼に喰われたカズミさん。

カズミさん:「大事な人を失った事がない子供に何が分かるんだ!」

炭次郎くん:「もう行きます。この中にサトコさんの遺品が有れば良いんですが。」

カズミさん:【キミも同じだったのか!】「酷い事を…許してください!」【少年の手ではなかった。】

炭次郎くん:【俺だけじゃない。どれだけの人を傷つけたのか。鬼舞辻無惨!俺は絶対にお前を許さない!】

休む暇なく炭次郎くんとねずこちゃんが向かった先は東京都の浅草。

山かけうどんを食べようとした最中に血の気配がした炭次郎くん。

炭次郎くん:【鬼舞辻無惨、お前が!】【コイツ、人間のふりをしている!?】

奥さんと娘さんは人間。

無惨は触れただけで人を鬼にできる。

無惨:「人違いじゃないでしょうか。」

炭治郎くんへの挨拶代わりに目の前で通りすがりの男性を鬼に変えた無惨。

ほんの少し傷口を作っただけでこれは恐ろしい。

無惨:「大丈夫かい。見ちゃいけないよ。レイさん、向こうへ行こう」

炭治郎くん:「鬼舞辻無惨!俺はお前を絶対に逃がさない!絶対にお前を許さない!」

鬼であり医者でもあり鬼舞辻無惨を抹殺したいと思ってる女性が炭治郎くんへ助力。

無惨が酔っ払いを殺る。

無惨の逆鱗に触れる言葉:【病弱】【死にそうな顔】

無惨:「私の血を大量に与え続けるとどう思う。細胞が壊れる。」「耳に花札を付けた男の首を持ってこい」

無惨の配下:「御意!」

うどん二杯食べた炭治郎くん。

うどん屋のおっちゃん:「分かりゃ良いんだよ!」

ねずこちゃんが「醜女【しこめ】」と表現され異論を申す炭治郎くん。

壁の向こうに屋敷が。

人の健康に支障が出ない程度で輸血と称して血を買ってるタマヨさんとユシロウさん。

目の前で大好きなお兄ちゃんが殴られてるから殴ったユシロウさんを何とも言えない表情で睨むねずこちゃん。

鬼になってしまった人を人に戻す方法をタマヨさんに聞く炭治郎くん。

タマヨさん:「私達は必ずその治療法を確立させます。」「ねずこさんの血を調べさせてほしい。鬼舞辻の血が濃い鬼の血を採取してほしい。あなたはこの願いを聞いてくれますか!?」

炭治郎くん:「そうすればねずこだけじゃなくもっとたくさんの人が助かりますよね!」

タマヨさん:「そうね!」

ユシロウさん:【!】「伏せろ!」

無惨の配下【矢印鬼・手鞠鬼】:「キヒヒ!」「殺し方は決まったか!?」「残酷に!だろ!」

タマヨさんの熱狂的信者なユシロウさんが記した日記。

炭治郎くん:「これは見なかったことにしよう!」

ねずこちゃん:「ンー…」


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する