mixiユーザー(id:63904941)

2020年03月30日10:52

26 view

(再掲載)普通の人でもできるお手伝い

普通の人でも ネットに繋がるパソコンがあれば 
FOLDING@HOMEとか
BOINCの中のRosetta@home に参加することで 
治療薬やワクチンの開発のお手伝いができます 



https://foldingathome.org/

https://boinc.berkeley.edu/


(以下 少し歴史のおはなし)

1990年台後半(ネットの商業利用が解禁されてからの時期)
多くの白血病の研究者は
「子供の白血病なら薬で治せる また多くの癌も薬で治せる」
ことを見抜いていました

しかし この候補物質の同定には 当時世界最強のスパコンでも
軽く28000年かかる計算でした

そこで アメリカ癌研究財団とIBMとIntelとAMDが手を結んで
今は普通に行われている
分散コンピューティング グリッドコンピューティング
の草分けとして「UD」と言うプロジェクトを立ち上げました

パソコンのCPUは かなりきつい作業をしていても
大体CPUの処理能力の1%程度しか使わないので
残りの(余っている)CPUの演算能力をUDに回すことで
「とにかく パソコンを立ち上げていれば パソコンが勝手に宿題をこなしてくれる」
状態にしたわけです

このUDは 28000年かかる計算を 僅か2年で片付けました

このUDの成功によって 悪性リンパ腫などの多くの癌が
薬で治るようになっている訳です

今 世界中で 多くのボランティアの皆さんが
上述のプロジェクトに参戦して 候補物質の同定のお手伝いをしています

今の時点でも 毎日の演算能力処理能力は
地球上で最強のスパコン100台分以上に相当します

僕も パソコン6台使って参戦しています

ご興味をお持ちになられたらコメントをくださいm(__)m










新型コロナ闘病の志村けんさんが死去
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=84&from=diary&id=6027301
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する