ホーム > mixiユーザー(id:63904941) > mixiユーザーの日記一覧 > 勇気…

mixiユーザー(id:63904941)

2020年02月26日22:56

105 view

勇気…

まずは皆さんにご質問します

「勇気」と言う言葉から どんなイメージが湧いてきますか?

例えば僕自身は
たとえ負けると分かっていても 立ち向かう時には命を捨てて立ち向かう
のが「勇気」のイメージなのですが…

お国が変わると「勇気」のイメージも 大違いみたいです…

例えば 


アメリカ人がイメージする「勇気」は
*仲間を信じる
*自分がどんなに辛い状況でも 必ず仲間が自分を見つけて助けてくれると信じる
*何度でも生き残って 何度でも戦場に戻る
な感じで

イギリス人がイメージする「勇気」は
*自分の命がかかっている時間が続いても その時間を楽しむ
*たとえどんな辱めを受けても それに屈しないで その中で自分ができることをする
*撤退する事も また勇気である
*勝って帰ることより 負けて帰ることの方が より多くの勇気を必要とする
な感じです…

実際にWW兇了のイギリス軍人は
「たとえ捕虜になったとしても それでイギリス軍人の任務が終わったわけではない」
と教育されていました

またアメリカは たとえ艦載機であっても
必ずパイロット用の救命ボートや非常食や飲み水まで積んでいました



今 突き進む事「だけ」が「勇気」なのかなと思います…

「自ら 退く事も 『勇気』の1つの形ではないだろうか」

そんな気がしてなりません…








■五輪「予定通り実施が前提」…それでも気をもむ都幹部
(朝日新聞デジタル - 02月26日 20:21)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5987706
2 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月26日 23:13
    上手く言えませんが…受け入れる事でしょうか…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月26日 23:49
    > mixiユーザー 

    僕は はちさんではありませんので 正解かどうかを話すことはできません…

    僕の言葉での「受け入れる」は

    誰が悪いわけでもない
    中国の皆さんも こんなウイルスを世界中にばら撒きたいなんて思っていませんし
    日本政府も その時その時でできるだけのことはしてきたと思いますし…

    今 必要なことは「戦犯探し」「マウント」ではなく
    「これからどうすればいいのか」
    を考えることだと思います…

    仮に オリンピックの選手村でパンデミックが起きようものなら
    内角が倒れる程度の日常茶飯事ではなく
    日本そのものが100年以上かけて築き上げてきた「信頼」が
    一気に崩壊しかねません…

    本当に大切なのは「信頼」なのだと
    気がついてくれることを願うばかりです…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 01:00
    始めまして^^

    オリンピックが当初想定されてた『秋開催』だったら
    もう少し考えるゆとりも持てたかもしれませんけれど、
    コロナのピークが4月とか5月とか言われる中、
    夏開催は厳しいものがありますね…。

    何も分かっていない素人の私如きがどうこう言うのもなんですが、
    私には大した時間は残されてはいませんけど、
    日本はまだまだいくらだって時間はある。
    今回断腸の思いで開催を手放したとしても
    16年先、20年先、24年先に再び手を挙げればいいじゃないですか…。

    会場や選手村、その他諸々…
    今回のオリンピック開催に向けて出た損失は
    日本国民皆で頑張っていろんな形で補填していきましょうよ。

    そしてもう一つ強く思うのは
    『日本開催に不安がある』
    と言う感情は良く分かりますが、
    不幸にも感染が世界中に広がってしまったとしたら…
    『日本開催が云々…』
    ではなく、オリンピックそのものを先延ばしにするか中止にするか、、、
    そんな各国の『勇気』も必要なんじゃないかと…。

    その時には
    アメリカの『オリンピックの放映権アレコレ』に振り回され
    引きずり回らされる事なく、
    各国の間違いのない決断を願うばかりです。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 01:28
    > mixiユーザー 

    貴重なコメント ありがとうございます

    以下は 僕の私見に過ぎないことを 大きく割り引いてお読みになってください

    去年のラグビーW杯
    台風などの影響で 実際にいくつもの試合が中止になって
    それで涙を飲んだチームもいくつもあります

    しかし それでも
    「これまでのW杯になかった 史上最高の大会だった」
    と称賛されています

    ラグビーW杯の場合には 予め規約で
    「どうしても試合ができない時には 試合を中止する」
    と言う規定が最初からあって
    出場国全てが それを承知の上で参加してくれました…

    五輪にも こう言う規定を予め明文化して
    招致都市全てがそれに同意の上で招致する
    規定上五輪の開催が無理であれば 五輪そのものを中止する

    などの方策を 考えておかなければいけないのではないだろうかと思います…

    そこに関する明文化された規定がなく
    理事達の裁量の範囲が大きすぎるから
    そこに利権が生まれ 抜き差しならない状況になってしまうのではないかと思うからです…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 12:39
    その昔、
    1979年12月に起きたソ連のアフガニスタン侵攻の影響を強く受け、
    集団ボイコットという事態に至ったモスクワオリンピックがありました。
    これには日本を含め50カ国近くがボイコットを決めた訳ですけれど、
    このボイコットで何の思想も責任もない
    『この日の為にただひたすら純粋に必死で頑張ってきた選手達』
    が身を捩って血の涙を流しました。

    この『無念の選手』の中に
    高校の同級生で友人だった男性もいたのですが、
    彼は年齢的にもこのオリンピックが最初で最後の大舞台でしたが
    余裕の金メダル候補選手でしたので
    ボイコットが正式に決まった時は傍で見ているのも辛いくらいの悲嘆にくれ、
    随分長い間悲しみ苦しんでいました。

    今回は政治絡みでも何でもなく
    稀有なる感染病での事ではありますが
    オリンピックを夢見て頑張ってきた選手達にしたら
    その原因・理由が何であれ
    『東京開催中止・開催は4年先送り』
    となる事だけは何が何でも受け入れ難い、避けて欲しい事案でしょう。

    4年毎のオリンピックも発祥地の古代ギリシャでは
    重要な意味を持つ
    『太陽暦の8年』
    を祝う祭典として8年毎に行われてきてたものを
    後年その半分の4年にして開催するようになった訳ですから、
    時としてその間隔が2年、1年になったとしても
    『オリンピック精神』
    に反するものではないのではないでしょうか。

    なので中止にせよ延期にせよ
    『4年』
    という括りは除外し、開催国がどこになるかも別とし
    選手生命のタイムリミットを考慮して貰い
    『終息後速やかに開催』して貰えたら…と願っております。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 12:56
    > mixiユーザー 

    仰る通りだと思います

    五輪は本来 そのために人生の多くを投げ売ってきたアスリートの皆さんの祭典です



    しかし
    「たかが感染症 されど感染症」
    であることを変えることはできません

    今の段階では 
    インフルエンザのように簡易検査キットがあるわけでもなければ
    特効薬もありません

    最近政府が使う方針を決めたアビガンも
    要はRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害薬に過ぎず
    五輪期間中のアスリートにとっては むしろ有害物質と言ってもいいくらいです

    そこいらを俯瞰すると
    今のコロナウイルスが 単なる風邪と同じレベルで扱ってもいいようになるまでの期間は
    五輪の延期が最もアスリートの皆さんにとって最適解だと思います

    しかし…
    「お金」が絡んでしまうと そうはいかなくなります

    実際 酷暑の時期に五輪を開催するようになった理由が
    アメリカでのウインタースポーツのプロリーグの開催時期と重ならないようにするためであって
    そこにアスリート優先の姿勢は見られません…

    そこらへんの事情を考えると
    せめてIOCが 開催中止の明確な基準を明文化しておいて
    たとえ杓子定規であっても それに準拠した対応をする以外に
    方法はないのではないかと考えています…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 13:30
    個人的に勇気とは:

    .螢好に対する恐怖に打ち勝ち、必要な行動を取ること。
    不安や絶望に負けず、決して諦めずに行動を続けること。

    どちらも目標ありきな行動だと思います。
    リスクや不安は目標次第で変わりますから。

    中止による経済的打撃を受けるリスクと不安。
    続行して感染拡大を招くリスクと不安。

    どちらもリスクと不安がありますが、何が優先され、どういった判断がされるのか...
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 13:50
    > mixiユーザー 

    最新の共同通信のニュースによると
    最古参のIOC委員が 五輪の1年延期に言及なさったそうです

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000082-kyodonews-spo

    今考え得る最高にベターな対策だと 個人的には思います
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 13:52
    > mixiユーザー 

    最新の共同通信のニュースによると
    最古参のIOC委員が 五輪の1年延期に言及なさったそうです

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000082-kyodonews-spo

    今考え得る最高にベターな対策だと 個人的には思います
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 14:23
    > mixiユーザー 
    はい、今ニュースで見ました。
    私もテツさんと同じく、これが一番ベターなんじゃないかとちょっとホッとしました。
    ここまで感染が広がりつつある中で
    『兎に角4年に一回、日本以外のどこかで開催させなくては…』
    と言う短絡的な答えを出されても、誰も安心できませんし
    さりとて『じゃあ今回は中止!4年後に…』
    となった日には各国で涙にくれる選手が出て来る訳ですし;

    アメリカの思惑も通るでしょうし
    日本の経済的損失・選手達の年齢的犠牲も最小限で済むのではないかと…。

    それにしても憎きはコロナ…;
    一日も早い終息を祈るばかりです。。。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する