mixiユーザー(id:63904941)

2020年02月22日16:40

39 view

マラどん…

以前 サッカーW杯アルゼンチン代表チームの監督に
アルゼンチンのサッカーのスーパースター
ディエゴ・マラドーナ氏が就任して
日本でも「マラどん」と言って 多くのサッカーファンに親しまれました

で 彼が実際にしていた仕事は
自分がチームマスコットに徹する事
メディアの目を敢えて自分に引き付けて アルゼンチン代表チームの選手でありスタッフが
メディアを一切気にしないで 自分たちの仕事に集中できるようにしたこと
でした…

選手でありスタッフが メディア対応に一切追われることなく
自分の仕事に集中できると言うことは
W杯のような ある意味国威がかかっているような状況下では
「これ以上を期待できないレベルの『良い仕事』を 監督が一手に引き受けてくれる」
と言う 計り知れないレベルの大きなメリットです…


で このトランプのおっさんは どうやら自分の役割を
マラどんと同じ役割にして
実務チームが仕事をしやすいようにしているように見えます…

去年の11月くらいからだけでも
*イラク国内にテロ組織として侵攻していたイラン軍の司令官の爆殺
*米中貿易交渉で ほぼ一方的な中国の無条件降伏を引き出したこと
*ICBMやSLBMの「通常の訓練」として 北朝鮮に圧力を加えること
全部成功させています


そこいらの事情があるので 今原油価格も安いし アメリカの好景気も実現させていますし 北朝鮮も沈黙を守っている状態です




こう言う言葉があります


“ピエロの目は 笑ってはいない”

…英語圏を中心とする多くの国で共有されている ビジネスマンの金言です…









■「アカデミー賞、韓国映画が受賞はひどい」 トランプ氏
(朝日新聞デジタル - 02月22日 09:53)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5982853
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する