mixiユーザー(id:63877378)

2020年05月30日14:38

16 view

日本でコロナ患者が少ない理由はどうもマスクをつけているからのようだ

前の日記でBCG予防接種が日本人で感染者が少ない理由かもしれないと書いた。

その後さらにググってみたら、どうもこれだというのが見つかった。

世界がいよいよ首を傾げる…日本が「ヌルい対策」なのに被害が少ないワケ
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72744?page=7

日本では相当早くからマスク着用がテレビでも呼びかけられていたし、みんなマスクをしていた。アメリカやヨーロッパではマスク着用が義務になったのは5月とかになってかららしい。

その3ヶ月くらいのマスク着用の有無がコロナ患者の違いとなっているようだ。

日本人はまじめだからテレビとかでマスク着用しようといわれたらみんなちゃんとするので、それが日本でのコロナの爆発的感染を防いだようだ。

日本人のまじめ気質とだれのおかげかわからないが、早期にマスク着用を呼びかけた人の功績だとおもう。

そしてマスクがそれほどまでにコロナ予防に重要ならば、さらにコロナ感染を防ぐスーパーマスク(キメが細かいとか)の開発あるいは、医療用に使われているサージカルマスクの普及。

あるいは、トレーニングジムや3密になりやすい店舗ではサージカルマスクを義務化するというような施策もあるのではないだろうか?

もし、そのようなマスクの開発あるいはサージカルマスクの感染予防効果が十分はやければ、高性能マスクの着用を義務にすることによってスポーツジムなどの早期営業再開もできるかもしれないとおもう。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月31日 09:18
    おはようございます。

    日本でのコロナウイルス感染者が少ないことは、算出法やまとめ方が、バラバラ状態で、比較ベースも統一されておらず、
    各保健所や種々の病院の発表数が操作され、現政権にとって、有利に働くように、疑似数と想っています。

    実際の数は、発表数の10倍、100倍、或いは、1000倍かもしれません。

    従って、発表数は氷山の一角と想っています。

    既に、日本人の80%は、感染してしまっている状況です。

    山間部をはじめ、人が多く住んでいない地方を除いて、感染してしまっている状況と推察していますよ!!

    私は、日本人の大半の国民は和食をとり、比較的強酸性質の人が、海外の人と比べ、少ないと診ているので、コロナウイルス菌が増殖されないため、少ないと診ているのです。

    アメリカ合衆国の国民は、強酸性食品を多く摂取しているので、酸性体質者が多く、コロナウイルス菌が増殖し、多くの犠牲者が出た模様と診ています。

    エチケット・マスクとしては、他人に迷惑を掛けないため、いいと想っていますが、通常のマスクでは、花粉や砂塵は防御できても、ウイルス菌が微細なため、防御できないのです。

    マスクを一日中つけての仕事や家事は、きついですよね!!

    コロナウイルス菌を防御出来る医療者用マスクは、呼吸困難に陥る危険性も発表されています。

    これから真夏を迎えるにあたり、マスクをして、マラソンや競歩は危険を伴います。

    その場の環境を鑑みて、マスクをつける否かの判断が必要不可欠です。

    スポーツジムでのマスクは、危険極まるので、避けた方が賢明ですよね!!

    政府や都道府県、区市町村の発表を鵜呑みにせずに、適切に状況判断出来るように、裁量・力量を磨きあげていくことも必要不可欠です。

    どうぞ、コロナショック事件に巻き込まれないように、ご尽力、ご精進していってくださいね!!

    感謝。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月12日 09:11
    コメントありがとうございます。

    食事は大事ですよね、免疫力も食事によって変わってくるとおもいますし。睡眠や運動などの健康管理も大事かもしれません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する