mixiユーザー(id:63877378)

2020年05月22日07:22

14 view

コロナ中に考えられる景気対策または商売

ネット通販とかで買った賞品を家にいない間に届いたとき、「置き配」といってマンションとかのドアの前においておくサービスがある。しかし、泥棒がそのおいた荷物をもっていってしまう事例があるらしい。

なので、配達会社に暗証番号を連絡して、暗証番号ロックの鍵付き置き配ボックスを開発して、配達員は荷物をそのボックスにいれてから、鍵をかけ、受取人は暗証番号を入力してボックスを開けるというサービスはどうだろうか?

また景気対策としては、タブレットを小中学生全員にくばって、動画授業やネット授業を行ったらどうだろうか?タブレット5万円として小中学生全員に配っても数千億円くらいだとおもう。(すでにPCなどもっている人には配らなくていいとおもう。)景気対策としても、児童生徒の学力向上のためにもなるとおもう。(タブレット配布はオーストラリアだったか、どこかの外国ですでに行われていたと聞いている。)

あと、投資に疎いのでよくわからないが、投資の収入が大きくマイナス担った場合に損失を補填してくれる投資保険のようなものはできないだろうか?自粛や休業要請などで売上の減った事業主が投資によって利益を確保するという道が一応あるとおもうが、大きく損をするとまずいので、保険に入って大きくマイナスしたときはお金がおりる商品を出す。


2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月22日 09:27
    おはようございます。

    ネット通販の暗証番号による置き配は、既に実施されている様相です。

    また、タブレットを全小中学生に配給していくことも実施始めた様相です。

    コロナウイルス感染拡大防止と経済性との関係、そのバランスを鑑みることは至難の技ですよね!!

    コロナショック事件は、リーマンショック事件よりもはるかに大きく、今後、10年余り、世界の大不況、大恐慌時代になることが確実です。

    コロナショック事件に巻き込まれないように、お互いに、ウッォチングしていきましょうよ!!

    感謝。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月22日 12:14
    素晴らしいアイデア!!
    と思ったらモリオバッハさんが
    おっしゃるようにすでに実施されてたんですねー
    置き配はけっこう使ってます笑
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月23日 07:38
    > mixiユーザー 

    おはようございます。

    貴殿のプロフィールを拝見すると、隣の区にお住まいのこと、多くのボランティア活動をされていることが判明出来ました。

    私は東京スカイツリーのほぼ真下に、72年余り住んでおり、1980年から、様々なボランティア(奉仕)活動をしています。

    様々なボランティア活動をされて、多くの人脈形成・構築に、ご尽力くださいね!!

    応援していますから。

    人生最後の財産は、お金も必要ではありますが、人脈が財産と想えたので。

    どうぞ、「歓喜のボランティア(奉仕)人生」を、謳歌し続けていってくださいね!!

    感謝。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月12日 09:14
    モリオバッハさん、ルイさんコメント

    ありがとうございます。

    おふたりともボランティア精神あふれる方ですごい尊敬しています。

    自分もお二人のようになれるように尽力していきたいです。

    置き配についての情報ありがとうございます。すでにあったんですね。感謝です。

    人脈が財産というモリオバッハさんの金言大事にしたいとおもいます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する