ホーム > mixiユーザー(id:63877378) > mixiユーザーの日記一覧 > 科学で迫る「善」と「悪」 鍵となる「共感」の能力

mixiユーザー(id:63877378)

2019年08月14日19:18

14 view

科学で迫る「善」と「悪」 鍵となる「共感」の能力

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/020600055/

サイコパスや犯罪者の脳について調べて、脳のどの部位が冷酷さなどになっているかについて研究したジンガー博士の研究についてまとめたサイトです。

博士によると、仏教の方法が一番、人への共感やおもいやり(犯罪傾向を少なくする)を育てることができるそうです。

これを学校教育に導入すれば犯罪が減ったりおもいやりのある社会を作れるというのが博士の意見です。
4 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 09:23
    おはようございます。


    挙げられたジンガー博士の見解に同感の思いです。


    博士の他に、様々な診方、見解がありますよ!!



    最近の殺傷事件は、誰でもいいから殺してしまえとの無意味な事件が多発していますよね!!


    スマホからの大量の電磁波、高圧線の鉄塔付近やスカイツリーからの強烈な電磁波を浴びた人程、頭脳の思考性にダメージを与え、善悪の判断力が鈍ってしまう傾向にあると推察しているのです。



    仏教で、解脱(悟り)した人は、利己中(自己中心的な生き方)から利他中(相手を思いやり、共に分かち合える生かされ方)に変心できるのです。



    元々、日本は、昔々から、思いやり、おもてなしの国でしたよね!!


    社会環境は、お互いに助け合い、共生共助の精神で、生活してきましたが、戦後、74年が経ち、アメリカ文化が導入され、アメリカナイズされた影響で、個人主義化され過ぎ、日本人の90%は、利己中と推察しているのです。


    他人への思いやりもなくなり、自分さえ良ければ、他人はどうでもいい、自分の会社が儲かれば、他社はどうでもいい、東京さえよければ、他の道府県はどうでもいい、日本さえよければ他国はどうでもいいといった風潮が世界的に蔓延してきています。


    米国のトランプ大統領も、アメリカ・ファーストをアピールしていますよね!!


    今までに、世界的に、グローバル化してきた成果も、水の泡となりつつあります。



    仏教での解脱、悟り、涅槃の表現、

    キリスト教でのハルマゲドンの表現、

    イスラム教でのジ・ハード(聖戦)の表現、

    等々、これは、皆同じ、修行・実践・研鑽活動に相当するのです。

    大半の聖職者をはじめ、関係者は、真の解釈が出来ず、世界の悲劇・不幸事件が延々と続いてきているのです。


    欧米文化を代表するキリスト教や中近東文化を代表するイスラム教では、真の教えが伝授されていないため、共生共助の精神が芽生えません。


    ミクシィを12年余りにわたって、様々なコミュにコメントを書き込んで参りましたが、プロテスタン系の信者よりも、カトリック系の信者に、利己中の人が多いことも判明出来た次第です。


    クリスチャン同士(同志)が、昔々から戦争していますよね!!


    高校1年生(1963年)時の世界史の授業で、「隣人を愛せよ!!」と言っているのも関わらず、クリスチャン同士(同志)で、なぜ、戦争(葛藤)が起きてしまうのか、の疑問を抱き、世界史の担当をはじめ、種々の宗教の聖職者のプロ100人余りに、この疑問(質問)を訪ねてきましたが、誰も適切な回答を戴けたプロはいませんでした。


    私は、国会図書館をはじめ、様々な図書館で、参考文献調査をしましたが、適切な回答情報はありませんでした。


    独学で、哲学・宗教・倫理の実践・研鑽を20年余り続け、回答を得ることが出来たのです。


    宗教に携わる様々な関係者が、判明出来ない世界観ですから、西洋文明の思考法では、難題なことが判明出来るでしょう!!



    仏教でも、解脱できた人は、多く見積もっても、1人/100人の割合です。


    世界の平和(平安)の実現化は、クリスチャン同士(同志)の争いが解明できない限り、無理難題です。


    この問題をクリヤーできないうちは、世界平和は訪れません。


    如何でしょうか。



    確かに、学校教育で、道徳観、倫理観、モラル等々、自己の精神(魂・心・気持ち)のあるべき姿を教育することが肝心要です。


    教える先生が、理解できていないので、真の教育ができない状況です。


    高校1年生から、様々な授業を通して、また、哲学や宗教、倫理の諸所の施設を訪れて、実践研鑽活動を50年にわたり、実施してきました。


    永遠のテーマに終わってしまいことは悲惨ですよね!!


    ジンガー博士の見解を基に、諸々の実践・研鑽活動が、人類の一人ひとりに、いきわたるよう、お互いに、精進していきたいものですね!!


    毎日毎日が新たな発見(気づき)であり、発見できたことへの感謝の日々になれば幸いです。


    気づきの積み重ねが、悟りにつながりますから。


    感謝。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する