ホーム > mixiユーザー(id:63877378) > mixiユーザーの日記一覧 > 性フェロモン研究の可能性について

mixiユーザー(id:63877378)

2019年07月16日23:48

6 view

性フェロモン研究の可能性について

名曲のコンサート会場などで場が盛り上がるとき、会場全体の熱気と自分の音楽による熱情が呼応しているように感じられる。

この作用はひょっとしてなんらかの体外へ排出されるホルモンなどの効果なのではないか?とおもってちょっと調べてみた。

そうすると体外に排出されるのはフェロモンらしい。

で、このフェロモンの研究だが生物学辞典とぐぐってみた結果、昆虫についてはある程度進んでいるものの人間についてはこれという情報が見当たらなかった。(哺乳類にもフェロモンはあるらしい)

調べていて興味ぶかかったのは、異性の匂いの好みと異性の好みはほぼ一致するらしい。

したがって、モテ期という場合に性フェロモンがよくでているという可能性があるらしい。

あまり容姿がよくなくてもモテる場合性フェロモンがよくでている可能性が考えられるとのことだ。(ただし、性フェロモンはでたりでなかったりしてそれがモテ期と非モテ期が
ある理由?なのかなとおもった)

これだけ人体について研究されているし、いま少子化も叫ばれているからもっとこの「性フェロモン」については積極的に研究されて香水などに応用されてもいいとおもった。
(「フェロモン香水」はすでに売られているらしいがあまり評判を聞かないし科学的根拠も薄いようだから、まじめな研究の進展を望みたいとおもう。)
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する