mixiユーザー(id:63394710)

2021年06月29日04:38

95 view

要するにコウモリということですか

■宇多田ヒカル「私はノンバイナリー」、男女どちらでもない性を公表 考えるキッカケに「きっと自分もこれだ」「理解が深まるといい」
(BIGLOBEニュース - 06月28日 16:31)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=258&from=diary&id=6571537

「コウモリみたいにあっちいったり、こっちいったり」
という表現をしていたのは
アニメ「タイガーマスクW」に登場した高岡拳太郎でした。

興味を抱いて調べてみたら
アニメ特有の表現ではなく、古く一般に使われていた表現(イソップ寓話)みたいですね。
都合がいいように「私は獣です」「私は鳥の仲間です」を使い分け、結局どちらからも疎んじられて、行き場を失う。

宇多田ヒカルさんは 個人的には 以前からイラッとする発言をしてきた方なので、この人に向ける視線の「質」はかわりませんし、発言に(感情度外視で)共感することも少ないです。

日本の男性が女性タレントのスリーサイズに注視する風潮に疑問符をたてて、いきなり「ペヤング(ソース焼きそば)が何杯食べられるか、をプロフィールに載せたほうがいい」とか言い出したり。

音楽作品も全く私には響かない。

都合よく男でもなく女でもなく、なんて云わないで欲しいですね。

この記事を読んで
この方がエヴァンゲリオンファン/庵野氏とウマが合う、という意味が、なんとなくわかったような気がします。

この写真、たまたまなのでしょうけれども 真希波・マリ・イラストリアスに見えます。
6 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月29日 05:32
     昔祖母が歌ってくれたのを思い出しました。

    ♪コウモリくん コウモリくん 鳥と獣の戦争だ戦争だ 鳥の味方になっとくれ
     私は鳥ではありません また獣でもありません

     「どっちでもない」んかーい!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月29日 05:45
    > mixiユーザー 

    外見的には(年齢的にも)女性としての魅力は無い。
    勿論男性が同志として迎え入れる人でも無い。

    なんだかよく分からないアニメに「知ったかぶり」な視線を向けて歌曲を提供しても やがてそれすら「よく分からないんで」と敬遠される ような展開が垣間見えます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する