ホーム > mixiユーザー(id:63394710) > mixiユーザーの日記一覧 > 強く言うほどではありませんが

mixiユーザー(id:63394710)

2019年01月13日01:01

194 view

強く言うほどではありませんが

■成人式は18歳か20歳か 呉服業界がこだわる理由とは
(朝日新聞デジタル - 01月12日 10:37)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5453977

別に和装業界のために成人式を挙行するわけではありませんよね?
それに成人式(の、主として女性)に頼らねば「食べていけない」ような状況に至っているのであれば それは業界の怠惰の証左だとも言えますけれども どうなんでしょうね。
8 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 02:03
    記事からお邪魔します。
    強く同感です
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 06:32
    成人式、和装でも洋装でも良いと思うし、まったくですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 08:23
    > mixiユーザー 

    よくテレビの資料映像で取り上げられていますが
    成人式の席上「和装で“うぇーい”とVサイン」している新成人の女性を見ると嫌悪感すら抱きます。
    そういうチグハグさ(着ているものと それにふさわしい所作を啓蒙しなかった結果)を見るだに「和装文化」ではなく「和装文化を伝えることの出来ない業界」は衰退して当たり前だと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 08:24
    > mixiユーザー 

    和装を着て、しずしずと過ごすというのも一つの生活のスタイルですよね。
    何でもかんでも迅速化が進んでしまって 和装で生活すると世間のスピードについて行けない(ような気がする)。

    着なくなった日本人が悪いかどうかは名言出来ませんが 着なくなった流れを拱手傍観してきた業界には問題があると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 09:32
    > mixiユーザー 

    ご賛同、ありがとうございます。
    和服、振り袖、着物…正確な表現はよく分かりませんが 今の世代にとってはさほどありがたい「衣類」ではありませんよね。
    むしろ機能性に劣る類いのものだと思っています。
    その魅力を強く発信し、外観や機能を強くアピールし、一般消費者に浸透させる努力をしてきていれば、わざわざこんな「要請」などしなくて済んだはずです。
    いやはや、みっともない。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 12:54
    > mixiユーザー 
    再度お邪魔します
    私、呉服業界の売場で用品を売っています。
    娘が20歳に近づくにつれ、日々の疑問と違和感が強くなっています。
    ありがたくない衣類に、驚く代金とメンテにも驚く費用。
    大きな売上があがれば、お客様の喜びなど「どうでもいい」的な態度をお客様が帰ったあとに口にする業者に、違和感ばかり感じていました。 平成の終わりをきっかけに、見直しても良いかと強く思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 16:23
    > mixiユーザー 

    私の友人(男性)が再就職先として 和装というか呉服を振興させる企業に応募しようとしたことがあったそうです。
    けれども将来性というのでしょうか、日常での和装の頻度の低さを考えて 市場として先細りなのではと懸念し、応募を見送ったそうです。

    着こなしの難しさ
    メンテナンス(保管・クリーニングなど)の煩雑さを考えると 和装の価値というのは今後 ますます見直されていくのではないかと懸念しています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年01月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の日記