ホーム > mixiユーザー(id:6337596) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:6337596)

日記一覧

第87回アカデミー賞の授賞式が終わりました。メキシコ人監督アレハンドロ・G・イニャリトゥの『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が作品賞・監督賞ほかを受賞しました。自分の予想(○)と結果(◎)は以下の通りです。【作品賞】  「

続きを読む

ガイ・リッチー版「ナポレオン・ソロ」"The Man from U.N.C.L.E"の予告編が公開されました。 https://www.youtube.com/watch?v=-x08iNZ8Mfc ナポレオン・ソロ=ヘンリー・カヴィル、イリヤ・クリヤキン=アーミー・ハマーというキャスティング。オリジナルに

続きを読む

クリント・イーストウッド監督の作品史上最大のヒット(3億ドル超)となり、日本時間の月曜日に授賞式が行われるアカデミー賞でも6部門でノミネートされるという快挙となった大作『アメリカン・スナイパー』を見て来ました。一昨年に亡くなったばかりの実在

続きを読む

岩井俊二監督の傑作青春コメディ『花とアリス』(2004)の前日談を描いた、『花とアリス殺人事件』を見て来ました。11年ぶりの続編にして、まさかのアニメーション。それも”殺人事件”というタイトルが付いた異色作です(11年前の前作は実写映画です)。うう

続きを読む

ニュージーランド製ヴァンパイア・コメディ『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』を見て来ました。早くも今年の映画の個人的ベストに入る面白さ。吸血鬼映画好きとしても、これは傑作です。映画はモキュメンタリー(疑似ドキュメンタリー)・タッチで描かれ

続きを読む

岡本喜八監督の『どぶ鼠作戦』を、我が家のホームシアターでDVDで見ました。明確なシリーズの定義が難しい『独立愚連隊』シリーズの第3作です。1962(昭和37)年公開の東宝映画です。【物語】激戦の日中戦争下の北支前線。陸軍には属さない特務隊の隊長・

続きを読む

『007/カジノ・ロワイヤル』の監督候補だったマシュー・ボーン監督が、007シリーズへのオマージュを込めたスパイ・アクション映画"Kingsman"が全米公開されました。初登場2位のヒットとなっています。文芸映画の演技派のイメージが強い英国の名優コリン・フ

続きを読む

今年も米国アカデミー賞の授賞式(第87回)が近づいて参りました。毎年予想をしていますが、その勝率は、●2014年(第86回)…52.6%的中●2013年(第85回)…35.0%的中●2012年(第84回)…29.4%的中…となり、徐々に毎年良くなってきております(笑)。

続きを読む

「キネマ旬報」や各賞で高く評価され、主演の安藤サクラも高評価を得た『百円の恋』を見てきました。2回目となる新潟市民劇場シネ・ウィンドでの鑑賞です。小さな劇場ですが、なかなかの盛況ぶりでした。【物語】32歳・無職の一子(いちこ:安藤サクラ)は

続きを読む

間もなく授賞式が行われるアカデミー賞の最有力候補の1作である『フォックスキャッチャー』を見てきました。実話であるオリンピック選手の殺害事件をテーマにした衝撃作です。登場人物名なども実名となっています。【物語】1984年のロス五輪で金メダルを獲っ

続きを読む

アメリカの主婦が書いたポルノ小説の映画化『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を、興味本位で見てきました(別にこの映画に限らず、見る映画はみんな興味本位ですが)…。※題材が題材なだけに、以下閲覧注意です。【物語】卒業制作の大学新聞の取材のた

続きを読む

長年、幻のカルト映画とされてきたオーストラリア=アメリカ合作映画『荒野の千鳥足』を、ブルーレイディスクで見ました。製作は1971年と古いのですが、日本では劇場公開されず、去年やっと公開されたカルト作です。ビール好きにはたまらない、ビールの飲めな

続きを読む

安倍夜郎原作の同名漫画を映画化した『深夜食堂』を見てきました。原作の単行本1巻を買って読んで以来の好きな作品。その後TVドラマ化され、「孤独のグルメ」とともに食漫画ブームに火をつけた作品です。今回の映画化は、TVドラマ版サード・シーズンに合

続きを読む

新作映画は必ず劇場で見ることにしている監督のひとり、ジャン・ピエール・ジュネの新作『天才スピヴェット』をやっと見てきました。ジャン・ピエール・ジュネといえば代表作は『アメリ』。傑作『ミックマック』から4年ぶりの新作で、監督初の3Dフランス映

続きを読む

脚本家のデビッド・コープが、ジョニー・デップ主演で撮った2度目の監督作『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』を見てきました。本国アメリカの興行で大コケ、酷評の嵐という珍しい作品。映画好きなら見ればすぐ分かりますが、この映画、ピーター

続きを読む

芦奈野ひとしの新作漫画「コトノバドライブ(1)」を読みました。芦奈野ひとしは寡作な作家ですが、非常に良い漫画を描く人です。代表作は「ヨコハマ買い出し紀行」。温暖化が進行し、水没しかかった日本(たぶん三浦半島)を舞台に、海辺でカフェをやっている

続きを読む