ホーム > mixiユーザー(id:6337596) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:6337596)

日記一覧

トム・フーパー監督の新作ミュージカル映画『キャッツ』を見て来ました。昨年夏に予告編が公開されて以来、特殊メイクとCGで造られた人間+ネコのキャラクターが不気味であるとの声が噴出し、本編が公開されるとあっという間に悪評が広まった、稀有な作品です

続きを読む

たまたま続けて見た新作映画2本に、どちらにもサム・ロックウェルが出演していて、しかもどちらもいい役・いい演技だったので嬉しくなりました。去年『スリー・ビルボード』でオスカーに輝いたサム・ロックウェル、面白い俳優になりました。●『ジョジョ・ラ

続きを読む

長い映画史の中には、封印されて今に至る映画も少なくありません。『獣人雪男』しかり、『ノストラダムスの大予言』しかり。今は無き新東宝の怪奇映画『九十九本目の生娘』も、今まで封印されてきた幻の映画です。とはいえ今までまったくソフト化されてなかっ

続きを読む

ル・マン24時間レースを争ったフォードとフェラーリの対決を、フォード側の2人の男から描いた実録映画『フォードvsフェラーリ』を見て来ました。2時間30分、車の爆音が轟く迫力の映像も見どころです。【物語】1960年代。モータースポーツ部門の拡大の目

続きを読む

カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した『パラサイト 半地下の家族』を見て来ました。カンヌのみならず、米国アカデミー賞での受賞も期待されるポン・ジュノ監督の新作です。【物語】半地下の住宅に暮らす、貧しい家族があった。失業中の父(ソン・ガンホ)と

続きを読む

稲垣吾郎が金田一耕助を演じたフジテレビの長編5シリーズのDVD-BOXを入手しました。といってもこのBOX、国産の正規品ではなく、台湾か中国製のちょっと怪しげな代物(一応、Amazonで正規に購入)。DVD5枚組のBOXですが、不織布にぎゅうぎゅう詰めのDVD-Rが

続きを読む

新春新作映画2本立て
2020年01月03日23:01

新作映画を2本見て来ました。(正確には2本立てではなくハシゴ)2本とも、正月疲れしたアタマには丁度よい清涼感でした。●『ジュマンジ/ネクスト・レベル』シリーズ第3作(番外編『ザスーラ』を入れると4作目)。前作で破壊したはずのTVゲーム”ジュ

続きを読む

2018年の傑作映画『この世界の片隅に』に新エピソードを追加し、再編集した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を見て来ました。驚きました。オリジナル版とは別の映画になりました。主に追加されたのは、主人公・すずが遊郭で出会ったリンとの交流を描

続きを読む

2020年の新作映画1本目、『男はつらいよ お帰り寅さん』を見て来ました。大好きなシリーズなのですが残念ながら現役でスクリーンでは見られてはおらず、VHS→DVD…と全作品を追いかけ、その面白さに虜になったクチです。公開前、たぶん泣けるのだろうと予想

続きを読む

11位からは一気に。11.血煙 高田馬場(1928年)12.ザ・フォーリナー/復讐者13.マスカレード・ホテル14.来る15.引っ越し大名!16.真実17.決算!忠臣蔵18.新聞記者19.オーヴァーロード20.シャザム!…『ワンス・アポン・ア・

続きを読む

今年もあと少しで終わりとなりました。2019年、劇場で見た映画は121本。120本を超えたのは2003年以来です。毎度のことですが、山陰の田舎で頑張って見ている方だと思います(笑)。今年のベスト20は以下になります。まずはトップ10です。1.運び屋

続きを読む

例年、その年に見た映画のサントラ・ベスト盤を作ってます(もちろん個人で聴く用です)。かつてはCDに焼いて、ジャケットも作っていたのが、最近ではmp3でフォルダ化しておしまい。そもそもよっぽどのことがないとサントラCDを買わなくなりました。先日

続きを読む

珍しい金田一ドラマ
2019年12月24日02:30

先日、加藤シゲアキ版金田一「悪魔の手毬唄」が放送されました。年明けには池松壮亮版金田一(横溝正史短編集第2弾)も放送されます。タイミングよく、日本映画専門チャンネルでは珍しい金田一ドラマが相次いで放送されたので喜んで見ました。●小野寺昭版「

続きを読む

『キャッツ』大爆死?
2019年12月23日23:44

先週末の全米興行収入トップ10が公表されました。予想通り、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が大きく1位へ躍り出ましたが、予告編が物議を醸したミュージカル『キャッツ』がとんでもないことに…。1.「スター・ウォーズ/スカイウォーカ

続きを読む

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を広島のIMAX 3Dで見て来ました。(ネタバレはありませんが、映画をまだ見ていない方は、見た後でお読みになることをお薦めします)【物語】旧銀河帝国の皇帝パルパティーン(イアン・マクダーミド)の復活が明らかと

続きを読む

「頗る」と書いて「すこぶる」と読みます。自分も最近まで読めませんでしたが、これは何かと言うと、戦前の活動弁士・駒田好洋の名セリフ「頗る非常!」なのです。その駒田好洋の名前も飛び出す映画『カツベン!』を見て来ました。映画興行黎明期の活動写真弁

続きを読む

大映の殺し屋映画の傑作『ある殺し屋』の姉妹編ともいうべき、『女殺し屋 牝犬』を見ました。女が主人公のハードボイルドとしても、これは傑作でした。1969(昭和44)年、大映作品です。【物語】和風スナックのママである福沢香代(江波杏子)は、凄腕の殺し

続きを読む

単独長編劇場作品としては95年の『くたばれ!ノストラダムス』以来となる、『ルパン三世 THE FIRST』を見て来ました。シリーズ初の本格的な3DCG作画、監督・脚本が山崎貴ということで一抹の不安がありましたが、93分という短い上映時間の割にはコンパクトにま

続きを読む

錦織良成監督の新作映画『高津川』を見て来ました。監督の地元であり、ロケ地でもある中国地方での先行ロードショーです。【物語】島根県を流れる一級河川・高津川。上流にダムが1つもなく、清流日本一と言われるこの川の流域で牧場を営む学(甲本雅裕)。妻

続きを読む

先週末の全米興行収入トップ10が公表されました。1位こそ『アナ雪2』でしたが、007の新作も控えるダニエル・クレイグが名探偵を演じるミステリー『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』が、この手の映画には珍しく、4000万ドル超のヒットとなって

続きを読む

ダニー・ボイル監督の『イエスタデイ』が地元劇場で遅れて公開され、喜んで見に行ってきました。これは…ダニー・ボイル監督の映画で一番好きかもしれません。【物語】英国の小さな港町に暮らす売れないミュージシャンのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、全世界が12

続きを読む

あの『シャイニング』の39年ぶりの続編となる、『ドクター・スリープ』を見て来ました。原作は前作と同じスティーブン・キング。監督はホラー畑出身のマイク・フラナガンです。※ご注意。映画の内容に触れる記述があります※【物語】1980年。オーバールック(

続きを読む

吉本興業と松竹映画の製作による喜劇調の時代劇『決算!忠臣蔵』を見て来ました。世にいう”赤穂事件”の、討ち入りの際の収支決算報告書が残されており、それを基にしたノンフィクションをフィクションとして映画化したものです。【物語】元禄十四年。赤穂藩

続きを読む

ディズニーが満を持して送る『アナと雪の女王2』を見て来ました。地元シネコンでのディズニー映画には珍しい字幕版です。【物語】前作で王国の人びととも理解しあい、最愛の妹アナと邂逅を遂げたエルサだったが、森の奥から不思議な声を聴くようになる。同じ

続きを読む

『ドクター・スリープ』の公開も近いので、キューブリックの『シャイニング 北米公開完全版』を4K UHD BDで予習しました。もともと『シャイニング』は、世界公開時に大幅にカットされ、最近まで流通していたDVD/BD/放送版は119分のカット版でした。

続きを読む

続いてこちらもメジャー映画より。●『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(1995日)網にかかったハッカー”人形遣い”を追う車内で、草薙素子が装備しているCZ-M100。リボルバー(マテバ)を愛用するトグサに、「ツーマンセルで2丁下げててもジャムが怖い?ツ

続きを読む

映画の主人公が孤高に武器を調達するシーンが好きで、見入ってしまいます。まずはメジャー映画編。●『ジャッカルの日』(1972米)エドワード・フォックス扮する殺し屋”ジャッカル”が、ロンドンのガンスミスに依頼して組み立て式の狙撃中を調達します。22口

続きを読む

新作映画3本ハシゴ
2019年11月15日19:15

新作映画を3本まとめて見て来ました。●『空の青さを知る人よ』『あの花』『ここさけ』の長井龍雪監督の最新作です。(どうでも良いですがこの監督の映画のタイトルは文章が多い)『君の名は。』の川村元気がプロデュース、岡田磨里の脚本、あいみょんの主題

続きを読む

先週末の全米興行成績トップ10が公表されたのですが、期待の1・2位が何ともさびしい成績でした。1.「Midway」 17.5M(17.5M)2.「ドクター・スリープ」 14.1M(14.1M)3.「Playing with Fire」 12.8M(12.8M)4.「ラスト・クリスマス」11.6M(11.6M

続きを読む

今年の5月に劇場で見て、国内限定盤BDが出た『ザ・フォーリナー 復讐者』を購入したのでホームシアターで視聴しました。国内版プレスシート、劇場用チラシ、ポストカードが付いた初回限定盤。ディスクにはメイキング、インタビュー映像(マーティン・キャ

続きを読む