mixiユーザー(id:6337596)

2020年01月11日23:42

42 view

呪われた映画の歴史的放送 『九十九本目の生娘』

長い映画史の中には、封印されて今に至る映画も少なくありません。

『獣人雪男』しかり、『ノストラダムスの大予言』しかり。

今は無き新東宝の怪奇映画『九十九本目の生娘』も、今まで封印されてきた幻の映画です。

とはいえ今までまったくソフト化されてなかった訳ではなく、大昔にVHSでは出ておりました(最近までは高値で取引されておりました)。

それが年明け早々、日本映画専門チャンネルにてついに放送されたのです。
地上波どころか衛星放送でも、テレビで放送されるのは初となります。

大喜びして(BD録画しつつ)見た次第です。

1959(昭和34)年、新東宝映画。モノクロ・シネマスコープの作品です。


【物語】
10年に一度、岩手県の奥地で開かれる秘祭があった。
祭りのときに鍛えられる日本刀の仕上げとして、生贄の処女の生き血を必要とするその秘祭のため、若い女がさらわれる怪事件が続出。
若き警察官(菅原文太)の恋人もさらわれたことから、警察を挙げての大捜査が繰り広げられるが…。


…主演は、当時”ハンサム・タワーズ”として売り出していた、若き日の菅原文太!
かのスティーブ・マックイーンもクリント・イーストウッドも、怪奇(SF)映画が本格デビューとなっているので、硬派なスターのデビュー作というものには、どうやらそういうジンクスがありそうです。

いやあ、それにしても凄い映画でした。

怖いもの…オバケや怪物の類はまったく出て来ません。
あるのは雰囲気だけ。それだけで、映画の呪われた空気感を十分に醸し出しています。そう簡単にできることではありません。

舞台となる岩手県なんて、劇中で堂々と「日本のチベット」などと言われるし、登場する村人たちもボロボロの凄い恰好。放送もソフト化もできない理由は明らかでした。

よくぞ放送してくれました。これは永久保存版です。★★★。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する